Linux Mint 18.3 - Cinnamon 導入メモ

Linux Mint 18.3 - Cinnamon 導入メモ。所謂、覚書である。

Download - Linux Mint

ワークスペース 1_001.jpg

dropbox (オンラインストレージ)

sudo apt-get install dropbox

メニューからDropboxを起動して、ウィザードに従う。

常用ブラウザ Chrome

パソコン版 Chrome」からインストールする。

プロファイルをDropboxから復元する。”試験運用機能” に関しては、スムーズスクロールを拒否に設定、パスワード関連をすべて許可に設定する。

fcitx-mozc (日本語変換環境)

sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 fcitx-ui-classic fcitx-config-gtk mozc-utils-gui

ユーザー辞書をDropboxから復元する。

redshift (ブルーライトカット・輝度調整)

sudo apt-get install redshift redshift-gtk

↓ 設定ファイルを用意する。保存場所 → ”~/.config/redshift.conf”

; Global settings
[redshift]
temp-day=4000
temp-night=4000
transition=0
brightness=1.0
gamma=1.0:1.0:1.0
location-provider=manual
adjustment-method=randr
 
; The location provider and adjustment method settings are in their own sections.
[manual]
lat=35.82
lon=139.38

項目の意味は、Linux - redshift 導入方法: Jkun Blog を参照されたし。

メニューからRedshiftを起動して、インジケーターに現れたアイコンをクリックして「Autostart」にチェックを入れる。

glipper (クリップボード管理)

sudo apt-get install glipper
glipper

端末からのglipper起動で、以降は自動起動される。設定画面でショートカットキーなどをカスタマイズする。

shutter (画面キャプチャ&編集)

sudo apt-get install shutter

これだけでは「編集」は使用できないので、Synapticパッケージマネージャで「shutter」を検索して、右クリック → 「推奨パッケージもインストール指定」で出現したパッケージをすべてインストールする。「shutter」を再起動すれば「編集」が利用できるようになる。自動起動・初回起動時の挙動、スクリーンショット撮影時の保存ファイル名、などは設定画面で設定する。

キーボードショートカットを設定する。
範囲選択 → shutter -s
ウィンドウの選択 → shutter -w
デスクトップ全体 → shutter -f
アクティブウィンドウ → shutter -a

ファイアウォール設定

sudo ufw enable
sudo ufw default DENY
sudo ufw status

[システム設定] からも 所謂 GUI で設定可能。

medit (テキストエディタ)

sudo apt-get install medit

gFTP (FTPクライアント)

sudo apt-get install gftp

設定情報をDropboxから復元する。

Sylpheed (メーラー)

sudo apt-get install sylpheed sylpheed-i18n sylpheed-plugins bogofilter

設定情報とメールボックスをDropboxから復元する。

TeamViewer (リモートアシスタント)

Linux版TeamViewerのダウンロード からインストールする。

システム設定 諸々

  • パネルのカスタマイズ
  • インジケーターの時刻カスタマイズ → 「%H:%M %m月%d日 (%a)」
  • ディスプレイの電源OFFまでの時間調整など
  • タッチパッドをOFF
  • プロプライエタリドライバのチェック
  • デフォルトウィンドウの配置を真ん中に
  • デスクトップをクリーンに
  • システム起動サウンドをオフに
  • 音量ショートカットの設定 → 「pactl set-sink-volume 1 +5%」「pactl set-sink-volume 1 -5%」「pactl set-sink-volume 1 0%」
  • Chrome 自動バックアップスクリプトの自動起動

筆者固有の設定も多々あるが、筆者の備忘録として書いているのでご容赦頂きたい。

admin
タグ:Linux
2018/01/29 09:06 | コメント (0)

Ubuntuでメイリオを使ってみる

WindowsでおなじみのメイリオフォントをUbuntu (Ubuntu MATE) で使ってみた。以下は、Firefoxで表示した筆者のサイトである。メイリオを指定しているので、インストールされていればメイリオで表示される。

範囲を選択_001.png

以下、導入方法である。

まずは、メイリオフォントを探す。Windowsマシンから引き抜いても構わないが、ここではダウンロードすることにする。ダウンロードは、ここから。 (検索で見つけたので自己責任で・・・)

ダウンロードしたファイルはlzh形式なので、対応するために「lhasa」をインストールする。

sudo apt-get install lhasa

あとは、ダウンロードしたlzh形式のファイルを解凍すれば、「meiryo.ttc」と「meiryob.ttc」が生成される。レギュラーとボールドの2つである。それぞれ、ノーマルとイタリックの字体をサポートしている。

インストールは簡単である。 [~/.fonts/] にフォントファイルをコピーして、端末から以下のコマンドを叩くだけ。

fc-cache -f -v

これで、Ubuntuでもメイリオが使えるようになるはずだ。

admin
2018/01/22 14:26 | コメント (0)

Ubuntu + Firefox Quantum スクロールで画面がちらつく

Ubuntu (Ubuntu MATE 17.10) 環境下の Firefox Quantum (57.0.4) において、スクロール時に画面がちらつく現象が発生している。水平方向にチラチラと画面が乱れるのである。

色々設定を試行錯誤した結果、唯一効果があったのが、設定の・・・

□ スムーズスクロール機能を使用する

のチェックを外すことである。

範囲を選択_001.jpg

Windows環境下では問題はなかったので、Ubuntu Firefox Quantum の問題であると推察している。

スクロールがスムーズではなくなるが、チラチラするよりはマシである。

2018-1-30: Ver. 58 にて解決済を確認する。全く問題なし。

admin
カテゴリ:ブラウザ
タグ:Linux Firefox
2018/01/21 18:19 | コメント (0)

YouTube の収益が絶たれた

YouTubeで騒ぎになっている「自殺の名所として知られる青木ヶ原の樹海で撮影した遺体の動画を撮影・投稿した人気YouTuberのローガン・ポール氏(22)との提携を解除すると発表」の件に関して、YouTube (Google) は、YouTube、広告プログラムの参加基準を厳格化 - CNET Japan を発表した。

筆者もYouTubeに広告を掲載しているが、本日以下のメールを頂戴した。

範囲を選択_003.jpg

範囲を選択_004.jpg

つまり、あたなは基準を満たしていないので、今後YouTubeで広告収入を得ることはできないよ! と云うことである。ただ、もともと収益は殆ど0に近いワケであり影響は全くない。それでも、影響を受けるユーザーはかなりいるのでは?と推察できる。神Googleには絶対服従ではあるが・・・。

admin
カテゴリ:トピックス
タグ:youtube
2018/01/20 16:53 | コメント (0)

Ubuntu MATE 17.10 導入メモ

しばらく、Windows 10 を使用していたが、再び「Ubuntu MATE」を常用することにした。前回 (Ubuntu MATE 17.04 導入メモ: Jkun Blog) は ”17,04” であったが、今回は ”17.10” である。”17.04” では不具合が散見されたが、今回はまったく問題なしで非常に安定している。

Ubuntu MATE | For a retrospective future

ワークスペース 1_002.jpg

以下、導入に関してカスタマイズした項目を、備忘録としてメモしておく。

まずはアップデート

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

リリース後更新されているのは常なので、必ず最新になるようにアップデートする。

Dropbox (クラウドストレージ)

sudo apt-get install nautilus-dropbox

設定を復元するための様々な情報は、Dropboxに保管しているので、先立ってインストールする。

Fcitx-mozc (日本語変換環境)

デフォルトでインストールされている。Dropboxにバックアップしたユーザー辞書のインポート。

パネルのレイアウト

下のパネルを削除して、上のパネルに情報を集約する。

Firefox (常用ブラウザ)

デフォルトでインストールされている。Dropboxにバックアップしたプロファイル (zip圧縮) を解凍して復元する。

※Flashの有効化 → [sudo apt-get install browser-plugin-freshplayer-pepperflash]

Redshift (ブルーライトカット・輝度調整)

デフォルトでインストールされている。

↓ 設定ファイルを用意する。保存場所 → ”~/.config/redshift.conf”

; Global settings
[redshift]
temp-day=4000
temp-night=4000
transition=0
brightness=0.8
gamma=1.0:1.0:1.0
location-provider=manual
adjustment-method=randr
 
; The location provider and adjustment method settings are in their own sections.
[manual]
lat=35.82
lon=139.38

項目の意味は、Linux - redshift 導入方法: Jkun Blog を参照されたし。

メニューからRedshiftを起動して、インジケーターに現れたアイコンをクリックして「Autostart」にチェックを入れる。

Glipper (クリップボード管理)

sudo apt-get install glipper
glipper

インジケーターにアイコンが現れる。次回システム起動時に自動起動される。必要に応じてアイコンをクリックして設定を行う。

Shutter (画面キャプチャ&編集)

sudo apt-get install shutter

自動起動・初回起動時の挙動、スクリーンショット撮影時の保存ファイル名、などは設定画面で設定する。

ショートカットを設定するなら、[システム] → [コントロールセンター] → [キーボードショートカット]
範囲の選択 → shutter -s
ウィンドウの選択 → shutter -w
デスクトップ全体 → shutter -f
アクティブウィンドウ → shutter -a

ファイアウォール設定

sudo ufw enable
sudo ufw default DENY
sudo ufw status

[システム] → [コントロールセンター] からでも設定は可能。

システム → コントロールセンター で諸々設定 と その他

  • 電源管理、スクリーンセーバー。
  • デスクトップのアイコン削除、デスクトップの背景変更。
  • プロプライエタリドライバのチェック。
  • 新しいウインドウを真ん中に表示。
  • システム起動時に自動でFirefoxのプロファイルをバックアップしてFirefoxを起動する。
  • ※Synapticパッケージマネージャのインストール。 → [sudo apt-get install synaptic]
  • ※FTPクライアントが必要ならgFTPをインストール。 → [sudo apt-get install gftp]
  • ※lzh形式解凍。 → [sudo apt-get install lhasa]
  • ※17.04 では問題のあった ”TeamViewer” も正常に動作する。

筆者固有の設定も多々あるが、備忘録として書いているのでご容赦頂きたい。

”17.04” は、安定感は抜群である。使い勝手も非常によい。サクサク動作で満足である。

admin
タグ:Linux
2018/01/20 16:33 | コメント (0)