広告ブロック機能をChromeに標準搭載!?

Chromeに広告ブロック機能が標準搭載されると云う記事が流れている。

Google Plans Ad-Blocking Feature in Popular Chrome Browser - WSJ

範囲を選択_003.jpg

筆者もChromeを利用しているが、uBlock Origin - Chrome ウェブストア と云う広告ブロック拡張機能を導入している。一番の理由は、動画共有サイトなどで見られる「カウントダウン付きの広告」を除去したいからである。この手の広告は、広告自体を再生しなければ、動画を閲覧することができない。このことは、誰しも経験していることであろう。

さて、Chromeに搭載されるであろう広告ブロック機能は、一般的な拡張機能とは異なり、強力に広告をブロックするものではなさそうである。ユーザーの許容範囲を逸脱する広告の代表格である「ポップアップ広告」「音声付きの自動再生ビデオ広告」「カウントダウン付きのプレスティシャル広告(画面前面に出てくる広告)」がブロックの対象となるようである。やはり何でもかんでもブロックでは、広告収入に依存しているGoogleとしては諸刃の剣そのものになる可能性大であるのだろう。

いずれにしても、このような発想を抱くGoogleには、一般的な広告ブロック拡張機能を入れるユーザーを少しでも減らしたいと云う思惑があるのではないだろうか?或いは、ユーザーにとって有害な広告をブロックすることで、Googleとユーザー双方がウィン・ウィンの関係になることを願っているのかもしれない。

admin
カテゴリ:ブラウザ
2017/04/20 15:07 | Comment(2)

Chromeのキャッシュを無効にする方法

ブラウザにおけるキャッシュの役割は、一旦読み込んだページの表示データを、次回に再利用して読み込み速度を高速化することにある。しかしながら、昨今ではネットスピードが飛躍的に向上して、最早キャッシュの役割も薄れつつある。逆にキャッシュを再利用することで、最新の表示データを読み込まないと云った不都合が生じることさえある。

このような問題を回避するためには、キャッシュを無効化すればよいワケであり、拡張機能も存在する。前に、当ブログでも紹介したことがある。

Chromeのキャッシュの有効・無効の切り替えができる拡張機能「Cache Killer」: Jkun Blog

勿論、拡張機能を利用すればよいのであるが、拡張機能を利用せずともキャッシュを無効化することは可能である。「デベロッパーツール」を利用する方法である。

範囲を選択_001.jpg

[F12] or [Ctrl+Shift+I] → [Network] → [□ Disable cache] にチェックを入れるだけである。これでキャッシュは無効化され、毎回サーバーから表示データーが読み込まれる。

ただ、キャッシュのディレクトリを観察してみると、再利用されている可能性も否定できないような感じである。「デベロッパーツール」の起動の有無には関係なく?・・・である。こうなると、やはり拡張機能を導入するか、必要に応じてページのリロードを行うかである。 [ 検証環境 : Chrome Ver. 57.0.2987.133 (64-bit) + Kubuntu 17.04 ]

admin
カテゴリ:ブラウザ
タグ:chrome
2017/04/19 13:07 | Comment(0)

Kubuntu 17.04 isoイメージUSB書き込みソフト「usb-creator-gtk」

Kubuntu 17.04 には、isoイメージをUSBに書き込むソフトが標準機能として搭載されていないので、追加でインストールする必要がある。

sudo apt install usb-creator-gtk

ブータブルUSBの作成_002.jpg

これとは別に「usb-creator-kde」と云うのがあるが、挙動が少し変なので「usb-creator-gtk」に差し替えた経緯がある。

ubuntu系のディストリビューションであれば、問題なく動作するものと思われる。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:Linux
2017/04/18 09:45 | Comment(0)

Kubuntu 17.04 導入メモ

Kubuntu 17.04 を常用プラットフォームにしたので、そのカスタマイズに関する備忘録。

デスクトップ 1_001.jpg

fcitx-mozc (日本語変換環境)

デフォルトで、インプットメソッドフレームワーク”fcitx”、日本語変換”Mozc”が入っている。

dropbox (オンラインストレージ)

インストール - Dropbox からダウンロードしてパッケージインストーラーでインストールする。

redshift (ブルーライトカット・輝度調整)

sudo apt-get install redshift redshift-gtk

↓ 設定ファイルを用意する。保存場所 → ”~/.config/redshift.conf”

; Global settings
[redshift]
temp-day=4000
temp-night=4000
transition=0
brightness=0.8
gamma=1.0:1.0:1.0
location-provider=manual
adjustment-method=randr
 
; The location provider and adjustment method settings are in their own sections.
[manual]
lat=35.82
lon=139.38

項目の意味は、Linux - redshift 導入方法: Jkun Blog を参照されたし。

メニューからRedshiftを起動して、インジケーターに現れたアイコンをクリックして「Autostart」にチェックを入れる。次回システム起動時に自動起動される。

shutter (画面キャプチャ&編集)

sudo apt-get install shutter

これだけで「編集」機能もインストールされる。

<カスタムショートカット登録資料>
ウィンドウの選択 → shutter -w
デスクトップ全体 → shutter -f
アクティブウィンドウ → shutter -a

ファイアウォール設定

sudo ufw enable
sudo ufw default DENY
sudo ufw status

その他

  • Synapticパッケージマネージャ → [sudo apt install synaptic]
  • ブータブルUSB作成 → [sudo apt install usb-creator-gtk]
  • FTPクライアント → [sudo apt install gftp]

以上、簡単ではあるがまとめてみた。なお、筆者固有の設定も多々あるが、筆者の備忘録として書いているのでご容赦頂きたい。

admin
タグ:Linux
2017/04/14 22:17 | Comment(0)

スマホの画面が勝手に切り替わる

いつの頃からかスマホの画面が勝手に切り替わるようになった。何かタップする音がすると思い、画面ONにすると”ロック画面”と”ロック解除後の画面”を反復しているような動作をしている。

まぁ、それでも、ちょっとした画面上の静電気の関係か、ちょっとしたアプリの誤動作だろうと・・・あまり気にしないようにしていた。しかしながら、やはり毎日のように勝手に画面が切り替わるようになり、「これはちょっとまずいかも?」と思うようになったワケである

当然ながら心当たりはある。ロック画面のON/OFF切り替えAndroidアプリ「No Lock」: Jkun Blog このアプリである。ロック画面に関係するアプリは、唯一これだけ。

範囲を選択_002.jpg

とりあえず削除! これで暫く様子見である。以降、言及がなければ解決と云うことで・・・。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:android
2017/04/12 10:52 | Comment(0)