Linux Mint 18.3 - Cinnamon 導入メモ

Linux Mint 18.3 - Cinnamon 導入メモ。所謂、覚書である。

Download - Linux Mint

ワークスペース 1_001.jpg

dropbox (オンラインストレージ)

sudo apt-get install dropbox

メニューからDropboxを起動して、ウィザードに従う。

常用ブラウザ Chrome

パソコン版 Chrome」からインストールする。

プロファイルをDropboxから復元する。”試験運用機能” に関しては、スムーズスクロールを拒否に設定、パスワード関連をすべて許可に設定する。

fcitx-mozc (日本語変換環境)

sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 fcitx-ui-classic fcitx-config-gtk mozc-utils-gui

ユーザー辞書をDropboxから復元する。

redshift (ブルーライトカット・輝度調整)

sudo apt-get install redshift redshift-gtk

↓ 設定ファイルを用意する。保存場所 → ”~/.config/redshift.conf”

; Global settings
[redshift]
temp-day=4000
temp-night=4000
transition=0
brightness=1.0
gamma=1.0:1.0:1.0
location-provider=manual
adjustment-method=randr
 
; The location provider and adjustment method settings are in their own sections.
[manual]
lat=35.82
lon=139.38

項目の意味は、Linux - redshift 導入方法: Jkun Blog を参照されたし。

メニューからRedshiftを起動して、インジケーターに現れたアイコンをクリックして「Autostart」にチェックを入れる。

glipper (クリップボード管理)

sudo apt-get install glipper
glipper

端末からのglipper起動で、以降は自動起動される。設定画面でショートカットキーなどをカスタマイズする。

shutter (画面キャプチャ&編集)

sudo apt-get install shutter

これだけでは「編集」は使用できないので、Synapticパッケージマネージャで「shutter」を検索して、右クリック → 「推奨パッケージもインストール指定」で出現したパッケージをすべてインストールする。「shutter」を再起動すれば「編集」が利用できるようになる。自動起動・初回起動時の挙動、スクリーンショット撮影時の保存ファイル名、などは設定画面で設定する。

キーボードショートカットを設定する。
範囲選択 → shutter -s
ウィンドウの選択 → shutter -w
デスクトップ全体 → shutter -f
アクティブウィンドウ → shutter -a

ファイアウォール設定

sudo ufw enable
sudo ufw default DENY
sudo ufw status

[システム設定] からも 所謂 GUI で設定可能。

medit (テキストエディタ)

sudo apt-get install medit

gFTP (FTPクライアント)

sudo apt-get install gftp

設定情報をDropboxから復元する。

Sylpheed (メーラー)

sudo apt-get install sylpheed sylpheed-i18n sylpheed-plugins bogofilter

設定情報とメールボックスをDropboxから復元する。

TeamViewer (リモートアシスタント)

Linux版TeamViewerのダウンロード からインストールする。

システム設定 諸々

  • パネルのカスタマイズ
  • インジケーターの時刻カスタマイズ → 「%H:%M %m月%d日 (%a)」
  • ディスプレイの電源OFFまでの時間調整など
  • タッチパッドをOFF
  • プロプライエタリドライバのチェック
  • デフォルトウィンドウの配置を真ん中に
  • デスクトップをクリーンに
  • システム起動サウンドをオフに
  • 音量ショートカットの設定 → 「pactl set-sink-volume 1 +5%」「pactl set-sink-volume 1 -5%」「pactl set-sink-volume 1 0%」
  • Chrome 自動バックアップスクリプトの自動起動

筆者固有の設定も多々あるが、筆者の備忘録として書いているのでご容赦頂きたい。

admin
タグ:Linux
2018/01/29 09:06 | コメント (0)

Ubuntu MATE 17.10 導入メモ

しばらく、Windows 10 を使用していたが、再び「Ubuntu MATE」を常用することにした。前回 (Ubuntu MATE 17.04 導入メモ: Jkun Blog) は ”17,04” であったが、今回は ”17.10” である。”17.04” では不具合が散見されたが、今回はまったく問題なしで非常に安定している。

Ubuntu MATE | For a retrospective future

ワークスペース 1_002.jpg

以下、導入に関してカスタマイズした項目を、備忘録としてメモしておく。

まずはアップデート

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

リリース後更新されているのは常なので、必ず最新になるようにアップデートする。

Dropbox (クラウドストレージ)

sudo apt-get install nautilus-dropbox

設定を復元するための様々な情報は、Dropboxに保管しているので、先立ってインストールする。

Fcitx-mozc (日本語変換環境)

デフォルトでインストールされている。Dropboxにバックアップしたユーザー辞書のインポート。

パネルのレイアウト

下のパネルを削除して、上のパネルに情報を集約する。

Firefox (常用ブラウザ)

デフォルトでインストールされている。Dropboxにバックアップしたプロファイル (zip圧縮) を解凍して復元する。

※Flashの有効化 → [sudo apt-get install browser-plugin-freshplayer-pepperflash]

Redshift (ブルーライトカット・輝度調整)

デフォルトでインストールされている。

↓ 設定ファイルを用意する。保存場所 → ”~/.config/redshift.conf”

; Global settings
[redshift]
temp-day=4000
temp-night=4000
transition=0
brightness=0.8
gamma=1.0:1.0:1.0
location-provider=manual
adjustment-method=randr
 
; The location provider and adjustment method settings are in their own sections.
[manual]
lat=35.82
lon=139.38

項目の意味は、Linux - redshift 導入方法: Jkun Blog を参照されたし。

メニューからRedshiftを起動して、インジケーターに現れたアイコンをクリックして「Autostart」にチェックを入れる。

Glipper (クリップボード管理)

sudo apt-get install glipper
glipper

インジケーターにアイコンが現れる。次回システム起動時に自動起動される。必要に応じてアイコンをクリックして設定を行う。

Shutter (画面キャプチャ&編集)

sudo apt-get install shutter

自動起動・初回起動時の挙動、スクリーンショット撮影時の保存ファイル名、などは設定画面で設定する。

ショートカットを設定するなら、[システム] → [コントロールセンター] → [キーボードショートカット]
範囲の選択 → shutter -s
ウィンドウの選択 → shutter -w
デスクトップ全体 → shutter -f
アクティブウィンドウ → shutter -a

ファイアウォール設定

sudo ufw enable
sudo ufw default DENY
sudo ufw status

[システム] → [コントロールセンター] からでも設定は可能。

システム → コントロールセンター で諸々設定 と その他

  • 電源管理、スクリーンセーバー。
  • デスクトップのアイコン削除、デスクトップの背景変更。
  • プロプライエタリドライバのチェック。
  • 新しいウインドウを真ん中に表示。
  • システム起動時に自動でFirefoxのプロファイルをバックアップしてFirefoxを起動する。
  • ※Synapticパッケージマネージャのインストール。 → [sudo apt-get install synaptic]
  • ※FTPクライアントが必要ならgFTPをインストール。 → [sudo apt-get install gftp]
  • ※lzh形式解凍。 → [sudo apt-get install lhasa]
  • ※17.04 では問題のあった ”TeamViewer” も正常に動作する。

筆者固有の設定も多々あるが、備忘録として書いているのでご容赦頂きたい。

”17.04” は、安定感は抜群である。使い勝手も非常によい。サクサク動作で満足である。

admin
タグ:Linux
2018/01/20 16:33 | コメント (0)

Windows 10 [Storage Sense: ストレージ管理の効率化] で不要ファイルを自動削除

「ストレージ管理の効率化: Windows 10 Creators Update」では、[Storage Sense] を使用することで、不要なファイルを自動的に削除できるようになった。また、ダウンロードフォルダーにあるファイルを自動的に削除するように設定変更することもできる。

2017-10-20_10h11_53.jpg

2017-10-20_10h12_05.jpg

2017-10-20_10h12_20.jpg

2017-10-20_10h12_36.jpg

「空き容量を増やす方法を変更する」から 削除に関するカスタマイズが行える。なお、デフォルトでは、ダウンロードフォルダーにあるファイルを自動的に削除するようには設定されていないので、ユーザー側で適宜設定変更する。

admin
タグ:Windows
2017/10/20 10:28 | コメント (0)

「ランサムウェア」に対抗する「Windows 10 Fall Creators Update」

今年2度目となる「Windows 10」の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」が、10月17日から全世界で順次配信される。今回筆者が注目しているのは、セキュリティの強化である。昨今、巷を騒がせている「ランサムウェア」に対抗すべく、「Windows Defender」が強化される。

19918257128_6c65431369_o.png

ランサムウェアは、ユーザーのPC内のデータを暗号化し、「復号キーが欲しければお金を支払え」と脅迫するマルウェアだ。数年前から流行しはじめ、今でも忘れ頃に世界中で大騒ぎしている。ただ、指示に従って要求を飲んでも、必ずしも復号できるとは限らず、かなり厄介なマルウェアである。

これに対抗すべく「Windows 10 Fall Creators Update」では、セキュリティセンターに「コントロールされたフォルダーアクセス」という機能が追加される。この機能をオンにすると、指定したフォルダーは常時監視され、不審なアプリ (ユーザーが許可していないアプリ) からは変更できないようになる。つまり完全保護の対象となるワケである。

これで万全と云うワケではないが、セキュリティ強化と云う面では評価できるのでは!?

※2017-10-18 【続編】「ランサムウェア」に対抗する「Windows 10 Fall Creators Update」: Jkun Blog

admin
2017/10/16 12:28 | コメント (0)

Xubuntu 16.04.3 LTS 導入メモ

今回「Linux Mint - Xfce」から「Xubuntu」へ乗り換えた。いずれにしても、Xfce はやはり抜群の快適さである。導入手順は、Linux Mint 18.2 - Xfce 導入メモ: Jkun Blog と似たりよったりではあるが、「Xubuntu」固有の設定もあるので、備忘録としてメモしておくことにした。

Xubuntu

「xubuntu-16.04.3-desktop-amd64.iso.torrent」をダウンロードして、ファイルマネージャーで右クリック「Transmission で開く」を選択すれば「xubuntu-16.04.3-desktop-amd64.iso.」が生成される。これをUSBメモリなどに焼けばインストールメディアの完成である。

1_001.jpg

dropbox (オンラインストレージ)

メニューの「ソフトウェア」からインストールする。

常用ブラウザ Vivaldi

Vivaldi Browser | Fast & Flexible Web Browser」からインストールする。

注)Vivaldiの起動前に、Dropboxにバックアップしてあるプロファイルを復元しておく。

Vivaldi のプロファイルを自動でバックアップする ~ Linux編 ~: Jkun Blog
Vivaldi で Flash を有効にする方法 ~ Xubuntu 16.04 ~: Jkun Blog

fcitx-mozc (日本語変換環境)

デフォルトでインストールされているので、ユーザー辞書をインポートだけ。

redshift (ブルーライトカット・輝度調整)

sudo apt-get install redshift redshift-gtk

↓ 設定ファイルを用意する。保存場所 → ”~/.config/redshift.conf”

; Global settings
[redshift]
temp-day=4000
temp-night=4000
transition=0
brightness=0.8
gamma=1.0:1.0:1.0
location-provider=manual
adjustment-method=randr
 
; The location provider and adjustment method settings are in their own sections.
[manual]
lat=35.82
lon=139.38

項目の意味は、Linux - redshift 導入方法: Jkun Blog を参照されたし。

メニューからRedshiftを起動して、インジケーターに現れたアイコンをクリックして「Autostart」にチェックを入れる。

glipper (クリップボード管理)

sudo apt-get install glipper
glipper

ユーザー側で自動起動するように設定する。

shutter (画面キャプチャ&編集)

sudo apt-get install shutter

自動起動・初回起動時の挙動、スクリーンショット撮影時の保存ファイル名、などは設定画面で設定する。

キーボードショートカットを設定する。
範囲選択 → shutter -s
ウィンドウの選択 → shutter -w
デスクトップ全体 → shutter -f
アクティブウィンドウ → shutter -a

ファイアウォール設定

sudo ufw enable
sudo ufw default DENY
sudo ufw status

GUIでの設定は用意されていない?

TeamViewer (リモートアシスタント)

Linux版TeamViewerのダウンロード からダウンロードして・・・

sudo dpkg -i  teamviewer_12.0.85001_i386.deb

でインストールする。

システム設定 諸々

  • インジケーターの時刻カスタマイズ → 「%H:%M %m月%d日 (%a)」
  • ディスプレイの電源OFFまでの時間調整など
  • タッチパッドをOFF
  • ディスプレイに問題があれば・・・プロプライエタリドライバのチェック
  • デフォルトウィンドウの配置を真ん中に
  • 音量ショートカットの設定 → 「pactl set-sink-volume 1 +5%」「pactl set-sink-volume 1 -5%」「pactl set-sink-volume 1 0%」
  • 時刻サーバー「ntp」のインストール
  • CP932 (Shift_JIS) が使用できる「gedit」をインストール
  • Dropboxのインジケーター非表示不具合対応
    Xubuntu で Dropbox がインジケーターに現れない → 簡単な対策: Jkun Blog
  • Vivaldi 自動バックアップスクリプトの自動起動

筆者固有の設定も多々あるが、筆者の備忘録として書いているのでご容赦頂きたい。

admin
タグ:Linux
2017/09/28 21:02 | コメント (0)

Linux Mint 18.2 - Xfce 導入メモ

最近は、「Windows 10」or「Linux Mint - Cinnamon」を常用していたが、今回「Linux Mint - Xfce」を常用することにした。やはり、抜群の快適さである。

インストール後のカスタマイズに関しては、Linux Mint 18.1 - Cinnamon 導入メモ: Jkun Blog と似たりよったりではあるが、それでもXfce特有の設定もあるので、メモを残しておくことにした。因みに、常用ブラウザは「Vivaldi」である。

Workspace 1_001.jpg

dropbox (オンラインストレージ)

sudo apt-get install dropbox

メニューからDropboxを起動して、ウィザードに従う。

常用ブラウザ Vivaldi

Vivaldi Browser | Fast & Flexible Web Browser」からインストールする。

注)Vivaldiの起動前に、Dropboxにバックアップしてあるプロファイルを復元しておく。

Vivaldi のプロファイルを自動でバックアップする ~ Linux編 ~: Jkun Blog

fcitx-mozc (日本語変換環境)

sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 fcitx-ui-classic fcitx-config-gtk mozc-utils-gui

ユーザー辞書をインポートする。

redshift (ブルーライトカット・輝度調整)

sudo apt-get install redshift redshift-gtk

↓ 設定ファイルを用意する。保存場所 → ”~/.config/redshift.conf”

; Global settings
[redshift]
temp-day=4000
temp-night=4000
transition=0
brightness=0.8
gamma=1.0:1.0:1.0
location-provider=manual
adjustment-method=randr
 
; The location provider and adjustment method settings are in their own sections.
[manual]
lat=35.82
lon=139.38

項目の意味は、Linux - redshift 導入方法: Jkun Blog を参照されたし。

メニューからRedshiftを起動して、インジケーターに現れたアイコンをクリックして「Autostart」にチェックを入れる。

glipper (クリップボード管理)

sudo apt-get install glipper
glipper

ユーザー側で自動起動するように設定する。

shutter (画面キャプチャ&編集)

sudo apt-get install shutter

これだけでは「編集」は使用できないので、Synapticパッケージマネージャで「shutter」を検索して、右クリック → 「推奨パッケージもインストール指定」で出現したパッケージをすべてインストールする。「shutter」を再起動すれば「編集」が利用できるようになる。自動起動・初回起動時の挙動、スクリーンショット撮影時の保存ファイル名、などは設定画面で設定する。

キーボードショートカットを設定する。
範囲選択 → shutter -s
ウィンドウの選択 → shutter -w
デスクトップ全体 → shutter -f
アクティブウィンドウ → shutter -a

ファイアウォール設定

sudo ufw enable
sudo ufw default DENY
sudo ufw status

[システム設定] からも 所謂 GUI で設定可能。

TeamViewer (リモートアシスタント)

Linux版TeamViewerのダウンロード からインストールする。

システム設定 諸々

  • インジケーターの時刻カスタマイズ → 「%H:%M %m月%d日 (%a)」
  • ディスプレイの電源OFFまでの時間調整など
  • タッチパッドをOFF
  • プロプライエタリドライバのチェック
  • デフォルトウィンドウの配置を真ん中に
  • 音量ショートカットの設定 → 「pactl set-sink-volume 1 +5%」「pactl set-sink-volume 1 -5%」「pactl set-sink-volume 1 0%」
  • Vivaldi 自動バックアップスクリプトの自動起動

筆者固有の設定も多々あるが、筆者の備忘録として書いているのでご容赦頂きたい。

admin
タグ:Linux
2017/09/24 17:55 | コメント (0)

「bluetooth」の脆弱性は気にしなくてイイ?

bluetooth.jpg

21日、「近距離無線通信 bluetooth に、セキュリティ上の深刻な問題があることが分かった。」と云う報道がネット上を駆け巡っている。不具合をハッカーに悪用されると、利用者が気付かないうちにスマホやパソコンを乗っ取られたり、情報を盗まれたりする危険性があると云う。

基本ソフトを提供するGoogle (Android) やマイクロソフト (Windows) は修正ソフトの配布を始めた。しかしながら、既にアップデートの提供を停止している端末も多くあるのが現実である。

但し、悪用するにはハッカー自身がコントロールできる機器が、情報を盗み出したい端末の近く (10m ~ 100m) に存在しなければならない。そう考えると、現実的な危険性は低いのではないかと思われる。また、bluetoothでの接続の試みがあれば、端末に何らかのメッセージが出ると推測できるので、ユーザーが気がつかないと云うことは考えにくい。

以上のことから、あまり神経質になる必要はない?・・・と思うのである。

admin
2017/09/22 06:56 | コメント (0)
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ