お名前.com取得ドメインをSAKURAサーバーとさくらのブログに割り当てる

さくらブログを始めるにあたり「お名前.com」から取得したドメイン「jkunblog.com」をSAKURAサーバーに、サブドメイン「s.jkunblog.com」をさくらのブログに割り当てることにした。以下、手順を簡単に説明する。

SAKURA側の設定

  • コントロールパネルを開く。
  • 左メニューの「ドメイン設定」の「ドメイン設定」をクリックする。
  • 「新しいドメインの追加」ボタンをクリックする。
  • 「5. 他社で取得したドメインを移管せずに使う・属性型JPドメインを使う(さくら管理も含む)」の「 >> ドメインの追加へ進む」をクリックする。

 ドメインをサーバーに割り当てる場合
「他社で取得した独自ドメインの追加・属性型JPドメインの追加(さくら管理も含む)」の欄でドメイン名に”jkunblog.com”を入れて「送信する」をクリックする。

 サブドメインをさくらのブログに割り当てる場合
「他社で取得された独自ドメインのサブドメインを追加」の欄でドメイン名に”s".”jkunblog.com”を入れて「送信する」をクリックする。

お名前.com側の設定

ドメインを割り当てる
 ネームサーバーの変更

  • 対象ドメインにチェックを入れて「登録情報は正しいので、手続きを進める」をクリックする。
  • 「他のネームサーバーを利用」にチェックを入れて
    1プライマリネームサーバー(必須):ns1.dns.ne.jp
    2セカンダリネームサーバー(必須):ns2.dns.ne.jp
    とし、「確認画面へ進む」をクリックして手続きを完了させる。

サブドメインを割り当てる
DNS関連機能設定−ドメイン一覧

  • 対象ドメインにチェックを入れて「次へ進む」をクリックする。
  • 「NSレコード設定を利用する」の「設定する」ボタンをクリックする。
  • 入力欄で
    TYPE:NS
    ホスト名:s (.jkunblog.com)
    VALUE:ns1.dns.ne.jp
    同様に
    VALUE:ns2.dns.ne.jp
    として、2つのレコードを追加する。「確認画面へ進む」をクリックして手続きを完了させる。

確認

DNS情報 (nslookup) - ドメイン検索 でDNS情報を確認する。

 ドメイン - jkunblog.com
19339890362_527fbf6ca2_o.png

 サブドメイン - s.jkunblog.com
219345972345_395041750e_o.png

最後に反映される時間であるが、サブドメインは数十分程度で反映された。ドメインに関しては少し時間がかかり、1?2日程度かかった。

admin
カテゴリ:SEO
2015/07/02 16:35 | コメント (0)

ウェブマスターツールの名称を変更した理由 ~ search_console ~

最近になって、ウェブマスターツールは「search_console」と名称が変更されている。この件に関し、Googleでは以下のように述べている。

18684168678_d79b536304_o.png

従来のいわゆる「ウェブマスター」は、ウェブマスター ツールのユーザーの一部でしかないということがわかってきました。ウェブマスター ツールは、小規模事業主から、SEO の専門家、マーケティング担当者、プログラマー、デザイナー、アプリ デベロッパー、個人のサイト運営者、そしてもちろんウェブマスターまで、さまざまな方々にご利用いただいていたのです。すべての方々に共通していたのは、「作ったものをオンラインで公開したい、Google 検索ですぐに見つかるようにしたい」という気持ちでした。そこで、Google ウェブマスター ツールの名称を Google search_console に一新し、Google 検索に関心を寄せるすべての方々を対象にサービスを提供することになりました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: “Google search_console” - ウェブマスター ツールが新しくなりました

要するに・・・「Google 検索ですぐに見つかるようにしたい」これがすべてだ!と云うことなのである。いろいろ難しい言葉を並べても仕方がない。やりたいことは、検索で多くの人に自分のサイトを見てほしい。Googleが名称を変更した理由はこれに尽きるだろう。

今や、インターネットの世界では、Googleは神であり、逆らうことはできない!これがウェブ管理者の共通の認識である。つまり、この「search_console」は神のツールと云うことだ。このツールなくして、SEOはありえない。

admin
カテゴリ:SEO
タグ:Search_Console
2015/06/16 22:06 | コメント (0)

ウェブマスターツール「一般的な HTTP エラー: ドメイン名が見つかりません」

ウェブマスターツールにおいて、新しく登録したドメインにサイトマップを送信したところ・・・

「一般的な HTTP エラー: ドメイン名が見つかりません」と云うエラーを吐いてしまう。何度再送信しても現象は変わらず。

118802983351_af6c567f65_o.png

218612632838_25c8971300_o.png

実際にサイトマップにアクセスしたところ、問題なくアクセスできることを確認する。因みに、「Fetch as Google」でもエラーを吐く。

318774727376_2b2313928f_o.png

このような場合は、しばらく放置しておけば問題は解決されるのが常である。 (2015-6-14 21:20)

※2015-6-15 4:30 追記
今回エラーを吐いたドメインは、アドレス変更先なので、もしかしたら何らかの影響を受けている可能性がある?

418187460804_1999200871_o.png

そこで、一旦アドレス変更の取り消しを行うも、やはり結果は変わらず。取消後、即再送信したのは気になるが、エラーの意味 (ドメイン名が見つかりません) からすれば、やはり関連はないように思える。

※同日 6:50 追記
↑ 関係はなかった。アドレス変更中であっても、すべて正常に処理されたことを確認する。やはり、少し待てばよいと云うことである。

admin
カテゴリ:SEO
2015/06/14 12:06 | コメント (0)

Tumblr独自ドメインへのリダイレクトの問題点

今回、Tumblrを独自ドメインで運用するに至った。そこで・・・

ウェブマスターツール

の、「アドレス変更」を利用して、Google検索エンジンに登録されているインデックスを旧URLから新しい独自ドメインに一括変更することにした。

ところが・・・

18596192578_995f8ed21b_o.png

301 リダイレクトが正常に動作していることを確認する  

301 リダイレクト ディレクティブを使って、元のサイトの URL から新しいサイトに完全にリダイレクトします。
以前のサイトは jkunblog.com/#_=_ にリダイレクトされます。これは、選択した新しいサイトには該当しません。

となり先へすすむことができない。原因は、Tumblrのリダイレクトが一旦

jkunblog.com/#_=_

を経由することにあるようだ。実際、旧URLにアクセスすると、一瞬末尾に ↑ が現れる。当初から気にはなっていたが、リダイレクト自体に問題はなかったのでヨシとしていた。しかしながら、ここに来てこのことが問題になってしまった。

とりあえず、どうにもならないので放置。そして、この件は”Googlebot”に任せることにした。

admin
カテゴリ:SEO
2015/06/14 02:06 | コメント (0)

Tumblrを独自ドメインで運用する ~ お名前.com ~

Tumblrを独自ドメインで運用する。今回は、お名前.com で取得したドメインを、Tumblrで運用する方法について説明する。

Tumblr公式サイトに独自ドメインの設定方法が掲載されているので、合わせて参考にしてほしい。

独自ドメインを設定する | Tumblr

お名前.com 側の設定

118550728970_eea519d87f_o.png

ドメイン設定画面の「DNS関連機能の設定」を開く。次に、対象となるドメイン名にチェックを入れて、「次へ進む」をクリックする。

218548298880_fbf204a022_o.png

DNSレコード設定を利用する「設定する」をクリックする。

318708509666_5f19e97c0e_o.png

以下の2つのレコードを追加する。

ホスト名:空欄
TYPE:A
VALUE:66.6.44.4

ホスト名:www
TYPE:CNAME
VALUE:domains.tumblr.com

→「確認画面へ進む」

Tumblr 側の設定

418112826414_fdb7801ae8_o.png

アカウント設定 | Tumblr 画面を開いて、ファビコン表示のある「ユーザーID/ブログ名」をクリックする。

518112826164_667d98a6de_o.png

次に「ユーザー名」右横にある”ペンの形をした編集アイコン”をクリックする。

618552264569_9e81fa7dd0_o.png

「独自ドメインを使用する」を有効にして、ドメイン(wwwなし)を設定すればよい。

wwwありはwwwなしにリダイレクトされる。また、元のURLにアクセスされた場合は、wwwなしにリダイレクトされる。

当ブログの場合:

http://www.jkunblog.com → http://jkunblog.com
http://jkuntum.tumblr.com → http://jkunblog.com

以上、設定直後に独自ドメインが有効になることを確認した。

admin
カテゴリ:SEO
2015/06/12 13:00 | コメント (0)

Tumblrでウェブマスターツールのサイトマップが処理されない

Tumblrでウェブマスターツールを利用しているユーザーは多いだろう。しかし、Tumblrをはじめて2ヶ月が経過するも、サイトマップが自動で処理されないような感じがする。手動でサイトマップを送信しないと、処理日が更新されないのである。

サイトマップ: 3/1 手動で送信済
116492701680_0b1413d572_o.png

但し、処理日が更新されずとも、実際の検索ではヒットする。なぜだろう?と色々調査してみると、”robots.txt”にサイトマップが記述されていた。

robots.txt テスター
216492523718_f3615dd919_o.png

Tumblr(自サイト)には、頻繁に検索エンジンが訪れるのは分かっている。よって、その度に”robots.txt”の中のサイトマップが処理されるのである。一方で、ウェブマスターツールにサイトマップを設定しているワケであるが、Tumblrの場合は二次的なものに過ぎないのかもしれない。

いずれにしても、検索エンジンには登録されるようなので、ウェブマスターツールの処理日はあまり気にする必要はないようだ。

admin
カテゴリ:SEO
2015/03/01 08:03 | コメント (0)

Tumblrにおけるサイトマップに関する考察

TumblrにおけるGoogleウェブマスターツールに送信するサイトマップについて考える。Tumblrのサイトマップは通常以下のようになる。

/sitemap1.xml
/sitemap-pages.xml

上が一般の投稿で下がページになる。ここまでは、誰もが登録しているサイトマップである。ただ、ウェブマスターツールではRSS・Atomフィードも登録できる。更に云えば、Official Google Webmaster Central Blog: Best practices for XML sitemaps & RSS/Atom feedsでは、サイトマップ+フィードの送信を推奨している。

※日本語で詳しく知るには、ASCII.jp:Google、サイトマップページ形式はXMLとRSS/Atomフィードの両方を推奨が参考になる。

こうなると、追加でRSSも登録したほうがよいことになる。

/rss

TumblrのRSSは、直近20件の記事内容が登録されている。

以上のことから、ウェブマスターツールには以下のように登録すればベストだと云うことになる。

15645504194_367bee8720_o.png

簡単ではあるが、覚書としてメモしておくことに。

admin
カテゴリ:SEO
2015/01/13 01:01 | コメント (0)

JavaScript ドメイン部分を変更してリダイレクト

パーマリンク構造が変わらず、ドメイン部分だけが変更になった場合、検索エンジンからの流入に対してリダイレクトを行う必要がある。筆者の場合は、無料ブログシステムを利用している関係で、”JavaScript”を使用することにした。

<script type="text/javascript"><!--
  location.href = "http://xxxxxx.com" + location.pathname + location.search + location.hash;
// --></script>

xxxxxx.com:転送先ドメイン

これで、ドメイン部分だけが変更され転送される。転送先のサイトがGoogle検索エンジンに登録されるまでは、このスクリプトに頼るしかないようだ。

admin
カテゴリ:SEO
2015/01/02 12:01 | コメント (0)

モバイルフレンドリーサイトかテストする方法

Googleアドセンスのブログに以下のような記事が投稿された。

スマートフォンなどのモバイル端末で Google の検索結果をタップした時、表示されたページのテキストが小さすぎたり、リンクの表示が小さかったり、またはすべてのコンテンツを見るには横にスクロールしなければならなかったりといった経験はありませんか?これは主に、サイトがモバイル端末での表示に最適化されていないことが原因です。
Google では、ユーザーが目的の情報をより簡単に見つけることができるようにするために、モバイル版の検索結果に [スマホ対応] というラベルを追加します。

Inside AdSense : 検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために

早速、筆者のブログが「スマホ対応」であるか?下記のテストサイトで確認してみた。

モバイル フレンドリー テスト

15992566501_f78a77a392_o.png

結果は良好であった。

当ブログは、所謂レスポンシブデザインを採用しているワケではない。アクセスするデバイスを判断して、スマホ等のモバイル端末であればスマホ専用のレイアウトで表示するようにしている。アドセンスをやっている以上、どうしてもスマホ専用のレイアウトを用意したほうがアドセンス対応が簡単になるのである。

関連記事:
検索結果順位に影響「モバイルフレンドリー」かどうか?: Jkun Blog

admin
カテゴリ:SEO
タグ:アドセンス
2014/12/11 11:46 | コメント (0)

サイト名変更をウェブマスターツールで検索エンジンに通知する

サイト名を変更した場合は、SEOの観点から検索エンジンにその旨通知して、再インデックス化を要請するのが一般である。手っ取り早いのは、ウェブマスターツールを利用する方法だ。

9691860186_e7737806b8_o.png

ウェブマスターツールでサイトマップを再送信すれば、再インデックス化が行われる。当サイトに於いても、「とのばしブログ」→「tonobashi.xxx」に変更したワケであるが、即日順次再インデックス化が行われているのを確認している。

但し、変更されるのは個々のページ(ページタイトル名+サイト名)だけで、サイトのホームについては、何故かサイト名が変更されない。

いずれにしても、まだ1日しか経過していないので、しばらく様子を見ることにする。変化があれば、この記事に加筆したい。

※もっと素早く反映させる場合は、ウェブマスターツールの「Fetch as Google」で個別に再インデックス化を要請することもできる。但し、個々のURLを通知する必要があり面倒な作業になる。

※サイトのホームについては、ウェブマスターツールの「Fetch as Google」で個別に再インデックス化を要請している。

9691998566_b49bb87efa_o.png

サイト名が「tonobashi.xxx」だと、検索結果が・・・

”ページタイトル名+tonobashi.xxx+旧サイト名”

になる場合がある。ただ、これは一時的なものだろう。

2013-9-22:
サイトのホームの検索結果については、旧サイト名での被リンクが多いことが原因であろう。よって、”はてぶ”と”zenbackキーワーズ”の影響があると推測し対処した。

admin
カテゴリ:SEO
タグ:Search_Console
2013/09/08 17:51 | コメント (0)
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ