シンプルながら強力な広告除去Chrome拡張機能「SuperBlock Adblocker」

今まで広告を除去するChrome拡張機能は数多く紹介してきたが、今回紹介する拡張機能は非常に強力なのが特長である。

SuperBlock Adblocker - Chrome ウェブストア

google検索結果で、TOPに表示される広告も容赦なく除去される。SNS関連のボタンも除去、analytics等のトラッキング関連のスクリプトも除去される。当然ながら、YouTubeなどの動画共有サイトの広告も除去される。

操作は至ってシンプルであり、ページやドメインで広告を許可する場合に、ツールバーのアイコンで指定するだけである。

Screenshot 2017-07-06 at 13.33.11.png

オプション画面では、様々なカスタマイズ項目が用意されているので、ひととおり目を通しておくとよいだろう。

Screenshot 2017-07-06 at 13.37.32.png

Screenshot 2017-07-06 at 13.37.42.png

Screenshot 2017-07-06 at 13.37.55.png

非常に強力な拡張機能なので、サイトによっては稼働させると問題が起きる可能性もある。そのような場合には、ページやドメイン単位で稼働を停止すればよい。

admin
タグ:広告除去
2017/07/06 13:55 | Comment(0)

ブルーライトをカットChrome拡張機能「Blue Light Filter Guard」

筆者は、ブルーライトをカットするために、所謂「Redshift」アプリを導入している。しかしながら、少し前から利用している”Chromium OS” (CloudReady) では、一般的なアプリの導入ができない。そこでChrome拡張機能で代用することにした。

Blue Light Filter Guard - Chrome ウェブストア

Screenshot 2017 06 24 at 22.04.36.png

ツールバーアイコンを [右クリック] → [オプション] で、赤色方向へ色合いを変化させる設定画面が出る。ここで、赤色方向へシフトする”レベル”を設定する。筆者の場合は、「5%」にしている。これだけのことで、目に優しい画面になる。

Screenshot 2017 06 26 at 10.03.13.jpg

今回は、所謂「Redshift」に関わる”ブラウン” (デフォルト) を前提に紹介したが、他にも”グリーン”と”グレイ”がある。いろいろ試してみるのもよいだろう。

「目が疲れるなぁ〜」と思っている方は、どうぞ・・・。

admin
2017/06/25 14:27 | Comment(4)

PDF - ビューア・エディタ・アノテーションツールを提供するChrome拡張機能「Xodo PDF Viewer & Editor」

PDFファイルへのリンクをクリックで、ビューア、エディタ、アノテーションツールを提供するChrome拡張機能「Xodo PDF Viewer & Editor」の紹介。

Xodo PDF Viewer & Editor - Chrome ウェブストア

デスクトップ 1_002.jpg

ChromeデフォルトのPDFビューワーはイマイチと云うユーザーは是非お試しください。

admin
タグ:chrome
2017/05/13 07:25 | Comment(0)

強力な広告除去Chrome拡張機能「AdBlocker Ultimate」

Chromeの広告除去に関する拡張機能は様々あるが、今回紹介するそれはシンプルながら非常に強力なのが特長と云える。

AdBlocker Ultimate - Chrome ウェブストア

2017-05-12_05h53_30.jpg

2017-05-12_05h54_30.jpg

ユーザーインタフェースは非常にシンプルであり、オプション画面もスッキリそのものである。また、他のAdblock系拡張機能同様、フィルタリングで除去できないコンテンツを、手動で指定する機能 [Block element] も有する。

また、Facebookをはじめとする自ら広告を表示しているサイトや、広告ブロックを検出して動画を見せない一部の動画共有サイトにも威力を発揮する。

シンプル・イズ・ベスト・・・そして強力なブロック機能をお望みのユーザーにおすすめだ。

admin
2017/05/12 06:07 | Comment(0)

広告・SNS・アクセス解析の不要通信を遮断して高速ブラウジングを可能にするChrome拡張機能「Ghostery」

広告・SNS・アクセス解析の不要通信を遮断して高速ブラウジングを可能にするChrome拡張機能の紹介。

Ghostery - Chrome ウェブストア

2017-05-11_18h41_56.jpg

2017-05-11_18h42_33.jpg

2017-05-11_18h43_21.jpg

広告・SNS・アクセス解析に関して、実際にどのような通信を行っているか?確認できる。その中で遮断したい通信を個別に設定できる。 (すべてをワンクリックで遮断することもできる。) 逆に、遮断したい通信を予め設定しておいて、許可したい通信を個別に設定することも可能。或いは、信頼サイト・制限サイトに指定して、すべての通信を許可或いは遮断することもできる。
※個別に遮断/許可した設定は、すべてのサイトに適用される。

なお、アカウントを作成してログインすれば、設定情報の同期が可能になる。他のデバイスのChromeと同期することが可能になると云うことだ。当然ながら、新たにChromeをインストールした際に、設定情報が復元できることになる。

この拡張機能は、他のブロック系拡張機能と比較して、ページ表示が非常に高速になると云う特長がある。サクサクブラウジングを体感したいなら、ぜひ導入してみよう。

追記:Facebookなど”サイト自身”が広告を出している場合は・・・

2017-05-11_19h08_41.jpg

[□サイト オーナーにより作成されたトラッカーを許可する] のチェックを外す必要がある。

admin
2017/05/11 19:01 | Comment(0)

安全な検索を提供するChrome拡張機能「Norton Safe Search」

Chromeでのデフォルト検索エンジンを「Norton Safe Search」に変更するChrome拡張機能の紹介。

Norton Safe Search - Chrome ウェブストア

2017-05-11_15h06_57.jpg

検索結果にサイトの安全性に関するアイコンが付与される。ただ、未評価のサイトも多々あるので、導入の実効性に関しては意見が別かれるところであろう。

admin
2017/05/11 15:16 | Comment(0)

不要通信を遮断(広告・SNS・アクセス解析)するChrome拡張機能「Panda Safe Web」

不要通信を遮断することにより、”広告”や”SNS”、更には”アクセス解析”も排除するChrome拡張機能 「Disconnect」拡張機能でウェブページの表示を高速化する: Jkun Blog を前に紹介したが、今回は更に上をゆく拡張機能を紹介する。

Panda Safe Web - Chrome ウェブストア

2017-05-10_12h22_09.jpg

この拡張機能は「Disconnect」の基本機能に加えて、アクセスしたサイトのフィッシング警告や、検索エンジンの検索結果でのフィッシング警告の機能も有している。セキュリティ対策を主とする拡張機能なので当然と云えば当然ではあるが・・・。

↓ オプション画面 ↓

2017-05-10_12h23_19.jpg

  • アンチフィッシング
    フィッシングサイトをブロックし、潜在的な悪意のあるサイトを警告します。
  • 検索エンジンの検索結果
    Yahoo検索結果ページでフィッシング検出を有効にする。
    Googleの検索結果ページでフィッシング検出を有効にする。
    Bing検索結果ページでフィッシング検出を有効にする。
  • TrackingDetectsと不要な広告をブロックし、分析サイトがあなたを秘密裏に追跡することを防ぎます
    すべてのウェブサイトでデフォルトでソーシャルネットワークをブロックする。
    すべてのウェブサイトで広告トラッキングをデフォルトでブロックする。
    すべてのウェブサイトでウェブ解析をデフォルトでブロックする。

この拡張機能は、ウイルス対策ソフト (Panda Free Antivirus 2016 導入事例: Jkun Blog) を導入すると、インストールを促されるが、個別に拡張機能を入れることも勿論可能である。

因みに、YouTubeなどの動画共有サイトの広告も遮断できるので、所謂広告ブロック系の拡張機能を導入する必要はなくなる。また、”Google Analytics”に代表されるアクセス解析も当然ながら遮断できる。

導入する価値は大きい。

admin
2017/05/10 13:11 | Comment(0)

YouTubeの広告だけ除去するChrome拡張機能「Youtube(TM) の広告ブロッカー」

YouTubeの広告だけをブロックするChrome拡張機能として、YouTubeの広告だけ除去するChrome拡張機能「YouTube(TM)のための自分好み」: Jkun Blog を紹介したが、この拡張機能はブロックのタイミングが若干遅れるような感じを受ける。そこでブロックのタイムラグが発生しない拡張機能を探してみた。

Youtubeトレードマーク(TM) の広告ブロッカー - Chrome ウェブストア

範囲を選択_001.jpg

YouTubeの広告に限りブロックしたいユーザーは是非どうぞ・・・。なお、この拡張機能では、YouTubeチャンネル毎に広告の”許可”、所謂ホワイトリストの設定ができるようである。

admin
2017/05/02 07:15 | Comment(0)

Linux+Chrome で GYAO! を視聴する [Custom User-Agents]

Linux環境のChromeで、GYAO! を視聴するとNG。そこで、”User-Agent”を偽装する拡張機能 ドメイン単位でUser-Agentを偽装 Chrome拡張機能「User-Agent Switcher」: Jkun Blog を導入するワケであるが、デフォルトのリストにある”User-Agent”ではどうもうまくない。

そこで、Windows+Chromeでの”User-Agent”を新たに登録して対応する。オプションの [Custom User-Agents] で、以下の”User-Agent”を追加登録しておく。

Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/47.0.2526.73 Safari/537.36

そして、[Permanent Spoof list] でドメインが [gyao.yahoo.co.jp] のときに、先に登録した”User-Agent”に切り替わるように設定すればよい。

範囲を選択_001.jpg

GYAO! ではユーザー環境が最新か?判断するためか、チェック方法が定期的に変わるようである。よって、もし上記 ”User-Agent”でNGであれば、再度 [Custom User-Agents] を設定しなおす必要がある。

admin
タグ:Linux chrome
2017/04/21 12:30 | Comment(0)

サーバー情報を表示するChrome拡張機能「Yet another flags」

ウェブサイトのサーバー所在地を国旗のアイコンで表示、更に「whois.domaintools.com」でドメイン情報を検索してくれるChrome拡張機能の紹介。

Yet another flags - Chrome ウェブストア

2017-04-04_11h22_37.jpg

2017-04-04_11h26_32.jpg

2017-04-04_11h27_13.jpg

日本語サイトでありながら、サーバー所在地が怪しい”国”であれば、フィッシングサイトではないか?と疑うこともできる。利用場面は限られるが、導入して損はないと云ったところだ。

admin
タグ:chrome
2017/04/04 11:40 | Comment(0)