さくらのブログ (Seesaaブログ) でアドセンスの注意事項

アドセンスでは過去に3回ほど停止を通告されたことがある。ここ数年は慎重に対応しているので、何事もなく経過している。ただ、さくらのブログ (Seesaaブログ) で記事を公開するようになって、タグをクリックすると関連する記事のタイトル一覧のみが表示されることに気づいた。通常はコンテンツか抜粋記事が表示されるが、さくらのブログではそうではない。このことは、放置しておけば遠からず、配信停止を通告される可能性があると云うことだ。

では対処方法。極めて簡単である。

デザイン> PC> コンテンツ → 左下の「エキスパートモードへ切替」
19513487838_78a5612efc_o.png

アドセンスを表示しているボックスの「□TOP」のチェックを外せばよい。当然のことながら、トップページもアドセンスは非表示となるが、基本的に個別ページ以外にアドセンスを貼る意味はないので問題はないだろう。

なお、さくらのブログはSeesaaブログと同じなので、Seesaaブログでも同じことが云える。

2015-12-10 (もっとスマートな方法)
さくらのブログ タグページのアドセンスを非表示にする: Jkun Blog
さくらのブログ スマホでのコメント欄のアドセンスを非表示にする: Jkun Blog

admin
カテゴリ:ブログサービス
2015/07/15 12:26 | コメント (0)

Tumblrの記事をさくらのブログ (Seesaaブログ) にインポート

Tumblrの記事をさくらのブログ (Seesaaブログ) にインポートした。直接エクスポート&インポートと云うワケにはいかないので、以下の手順で実現。さくらのブログとSeesaaブログは同じ仕様なので、Seesaaブログでも同様の手順でOKだと思われる。

云うのは簡単であるが、実際はカテゴリー付け・タグ付け・改行の挙動変更・パーマリンク変更に伴うブログ内参照リンク書き換え・Flickrサムネイルサイズ変更など、約250件の記事を取り込むのに丸1日かかってしまった。

それでも、突然アカウントを剥奪されたりする恐怖からは開放される。 (Tumblrで経験)

あと、Bloggerで書いた記事が1,000件以上あるが、これをさくらのブログに取り込むか?悩ましいところである。

admin
カテゴリ:ブログサービス
2015/07/11 17:19 | コメント (0)

さくらのブログ (Seesaaブログ) にアドセンスを設置する方法

さくらのブログ (Seesaaブログ) にアドセンスを設置する方法に関するメモ。

基本的には、”デザイン> PC> コンテンツ”でアドセンスを設置したい場所に、”自由形式コンテンツ”を追加してアドセンスのコードを貼り付けるだけでよい。

ただ、記事下のように、”自由形式コンテンツ”では指定できないレイアウトの場合は、HTML編集をしなければならない。

PC 記事下 (記事直下) に設置する

”デザイン> PC> コンテンツ”の”記事コンテンツ”を編集する。

118775237494_031f48c4ba_o.png

”記事コンテンツ”をクリックすると、ポップアップ画面が表示される。更に、右上の”コンテンツHTML編集”をクリックすると記事部分のHTMLコードが表示されるので、以下のように編集する。

<div class="blog">

<!--
<rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
         xmlns:Trackback="http://madskills.com/public/xml/rss/module/Trackback/"
         xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
<rdf:Description
    rdf:about="<% article.page_url | xml %>"
    trackback:ping="<% article.tb_url | xml %>"
    dc:title="<% article.subject | remove_emoji | nl2br | tag_strip | xml | inside_comment %>"
    dc:identifier="<% article.page_url | xml %>"
    dc:description="<% article.get_excerpt | nl2br | tag_strip | xml | inside_comment | text_summary(240) %>"
    dc:creator="<% article.nickname | nl2br | tag_strip | xml | inside_comment %>"
    dc:subject="<% article_category.name | nl2br | tag_strip | xml | inside_comment %>"
    dc:date="<% article.createstamp | date_format("%Y-%m-%dT%H:%M:%S+09:00") %>"
/>
</rdf:RDF>
-->
<% if:with_date %><h2 class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></h2><% /if %>
<div class="blogbody">
<h3 class="title"><a href="<% article.page_url %>" class="title"><% article.subject %></a></h3>
<% if:page_name eq 'article' -%>
<div class="text"><% if:diet_log %><% include:article_diet_file %><% /if %><% article.entire_body | bodyfilter(article_info,blog) %>


<!-- アドセンス記事下 -->
<div style="clear: both;padding-bottom:20px;"></div>

<div style='margin:0;padding:20px 0 20px 0;border-top:dotted 1px #333;border-bottom:dotted 1px #333;'>

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- レクタングル中05 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
     data-ad-client="ca-pub-4276491656474968"
     data-ad-slot="1279016184"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

</div>


<% if:list_tag %><div class="tag-word">タグ:<% loop:list_tag %><a href="<% blog.tag_url(tag) %>"><% tag.word %></a> <% /loop %></div><% /if %>
<% else -%>
<div class="text"><% if:diet_log %><% include:article_diet_file %><% /if %><% article.first_body | bodyfilter(article_info,blog) %><% if:list_tag %><div class="tag-word">タグ:<% loop:list_tag %><a href="<% blog.tag_url(tag) %>"><% tag.word %></a> <% /loop %></div><% /if %>
<% /if -%>

↑の先頭の「<div class="blog">」は、ブラウザの検索機能を利用すればすぐに見つかるだろう。細かい体裁はお好みでどうぞ。

今回は、個別記事の記事内容の直下 (タグ表示の上) に表示する。

「<% if:page_name eq 'article' -%>」この部分が個別記事か?と云うコードなので、この if文 の下のタグ表示部分の直前にアドセンスコードを挿入する。

スマホ 記事下に設置する

スマホの場合は、”記事コンテンツ”のHTML編集はできない。

219372062966_551d905530_o.png

そこで、”記事コンテンツ”をクリックして・・・

318777618623_11bfa9fd90_o.png

”挿入テキスト(下部)”にアドセンスコードを貼り付ける。

当然ではあるが、記事部分のコンテンツの下に表示される。個別記事以外でも表示されるが、記事のタイトル一覧が表示された下に表示される。

個別記事以外 (トップ etc)

419402563491_d845986edd_o.png

個別記事

519210973120_f8b84f040e_o.png

スマホの場合のカスタマイズは限られているが、設置場所としては無難なところだ。

2015-7-15
コンテンツのないページにアドセンスを設置することは許可されていない。よって、スマホの場合のアドセンスも同様の処置をする必要がある。具体的には、アドセンスコードを「自由形式コンテンツ」に書いて、 ↓ の記事 (さくらのブログでアドセンスの注意事項=>PCレイアウト用の記事ではあるがスマホでも同様) を参考に個別記事のみ (”記事”以外のチェックをすべて外す) アドセンスを表示するよう設定変更すればよい。

さくらのブログでアドセンスの注意事項: Jkun Blog

admin
カテゴリ:ブログサービス
2015/07/04 14:29 | コメント (0)

さくらのブログ (Seesaaブログ) に「記事編集ボタン」をつける

さくらのブログ (Seesaaブログ) には、記事表示のところに所謂「記事編集ボタン」がついていない。今まで、様々なブログサービスを利用してきたが、記事を見た際にすぐに編集画面へ飛びたくなることがある。そこで、「記事編集ボタン」をつけることにした。但し、ボタンは常時表示されてしまうので、目立たないように「.」と表示することにした。

18726866043_21d111bd9e_o.png

当然ではあるが、第三者がクリックしてもログインしなければ編集はできない。

設置方法

デザイン> PC> コンテンツ
219341281772_06a316fdfa_o.png

「記事」をクリックして、ポップアップ画面の右上「コンテンツHTML編集」をクリックする。

319159726680_c2fddec566_o.png

ブラウザの検索を利用して「posted」を検索して、「posted by」の直前に以下のコードを貼り付ける。

<a href="http://blog.sakura.ne.jp/cms/home/switch?blog_id=<% blog.id %>&goto=/cms/article/edit/input?id=<% article.id %>" target="_blank">.</a>
&nbsp;

※&nbsp; : 半角空白

最後に保存すれば完了。

※2015-7-21 編集ボタンは「edit」としてタグ欄左へ移動。

admin
カテゴリ:ブログサービス
2015/07/02 17:59 | コメント (0)

さくらのブログ「SyntaxHighlighter」でコードをハイライト表示する

さくらのブログは、所謂Seesaaブログの広告なしバージョンなので、設置方法は基本的に同じである。よって、Seesaaブログユーザーにも参考になるかもしれない。

SyntaxHighlighterのダウンロード

119130994829_8cf92ae560_o.png 

SyntaxHighlighter からzipファイルをダウンロードして、適当な場所に解凍しておく。 syntaxhighlighter_3.0.83
     |- scripts
     |- styles
ディレクトリ構造を保ったまま解凍すれば、上記のような構造になっている。なお、上記2つの”scripts”と”styles”以外は不要なので除外しておく。

SyntaxHighlighterのアップロード

さくらのブログを運用しているユーザーなら、サーバーも契約しているはずなので、”syntaxhighlighter_3.0.83”のディレクトリを丸ごとアップロードする。FTPクライアントソフトを利用すれば簡単だ。

さくらのブログのHTML編集

219317397895_b3ec4c4186_o.png 

HTML一覧リスト から利用中のHTMLをクリックして以下のように編集する。

<!--SyntaxHighlighter-->
<link href="http://jkun.sakura.ne.jp/syntaxhighlighter_3.0.83/styles/shCore.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
<link href="http://jkun.sakura.ne.jp/syntaxhighlighter_3.0.83/styles/shThemeMidnight.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
<script src="http://jkun.sakura.ne.jp/syntaxhighlighter_3.0.83/scripts/shCore.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://jkun.sakura.ne.jp/syntaxhighlighter_3.0.83/scripts/shBrushXml.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://jkun.sakura.ne.jp/syntaxhighlighter_3.0.83/scripts/shBrushCss.js" type="text/javascript"></script>

<script type="text/javascript">
SyntaxHighlighter.config.tagName = "pre";
SyntaxHighlighter.config.bloggerMode = true;
SyntaxHighlighter.all()
</script>
<!--/SyntaxHighlighter-->

</head>

※</head>の直前に設置すればよい。

記載方法

<pre class="brush: html"> 
・・・コード・・・ 
・・・コード・・・
</pre> 

テーマの種類:SyntaxHighlighter - Themes
コードの種類:SyntaxHighlighter - Bundled Brushes

ここでは、以下のテーマファイルとコードファイルをロードしている。

Midnight - shThemeMidnight.css
xml, xhtml, xslt, html, xhtml - shBrushXml.js
css - shBrushCss.js

※さくらのブログでは、コードによってはエスケープする必要がある。 Escape HTML Entities ← このウェブサービスを利用すれば簡単にエスケープできる。

admin
カテゴリ:ブログサービス
2015/07/01 17:24 | コメント (0)

Tumblr「あなたのアカウントは解約されました。」

新しいブログシステム「さくらのブログ」を利用することにした。今までは、SAKURAサーバーによるWordPress、GoogleのBlogger、そして、Yahoo!のTumblrと様々なブログシステムを利用してきた。 そして今回、Tumblrから突然「アカウントの解約」と云う一方的な恐ろしい通告を受けたのである。心当たりが全くなかったので、困惑するばかりであった。ショックが大きかったのは、2015年1月から180本くらいの記事を書いたのだが、正式なエクスポート機能がなかったので、バックアップを取っていなかったことだ。 以下に、経緯をメモしておくことに。

あなたのアカウントは解約されました。
原因を知りたい方は、サポートまでご連絡ください。

19058826899_cdec790514_o.png

2015-6-29 午前6時頃
Tumblrブログにアクセスできない。(「ここには何もありません。」と表示される)ログインすると、上記メッセージが表示される。とりあえずサポートへ連絡する。すると、以下のメールが自動返信された。

いつもご利用いただき、ありがとうございます。
Tumblrにお問い合わせいただきありがとうございます! お問い合わせ内容は正常に受理され、サポートスタッフが現在対処にあたっております。できるだけ早く返信させていただきます。
同一の件でご連絡される場合は、何度も新しいメールを送らずに、元のメールに返信して、同じメールを使用してください。これにより、やり取りの内容が明確になり、システム内での案件処理が迅速になります。
今後もTumblrをお楽しみください!

2015-7-1 午後1時頃
サポートからの連絡がないので、Tumblrは諦めることにした。今後、復旧したと云う連絡があっても、また同じような事態に陥る可能性は否定できないので。 また、Bloggerで書いた記事約1,000本も削除することにした。やはり、無料ブログサービスでは、どのような事態が起こるか予想がつかないのは厳しい。記事内容も陳腐化するばかりであるので、今後はこの「さくらのブログ」で活動することにした。一番安価なプラン「さくらのレンタルサーバ ライト」のおまけでついてくるブログサービスではあるが、有料サービスには違いないので安心できる。 今後は、少し「さくらのブログ」のカスタマイズに関する記事でも投稿しようかと考えている。

2015-7-2 午前6時頃
復旧の連絡があった。

Tumblr 日本語サポート (tumblr) Jul 1, 4:41 PM

コンテンツは修復されました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。再度このようなことのないようにスタッフ一同努力してまいります。
ご報告いただきありがとうございました。

Tumblr 日本語サポート

せっかく復旧したのに削除するのは勿体ない。そこで、Bloggerブログ・Tumblrブログは、過去記事の保管庫として残すことにした。

admin
カテゴリ:ブログサービス
2015/06/30 18:54 | コメント (1)

Tumblrにサイト内検索欄を設置をする

Tumblrにサイト内検索欄を設置をする方法のメモ。

16723962008_f3c6554873_o.png

今回は、広告が控えめなGoogleの”サイト内検索”を利用した。Googleの”カスタム検索”は広告がドーンと出る。

設置コード

<form action="http://www.google.com/search">
<input type="hidden" name="hl" value="ja">
<input type="hidden" name="hq" value="inurl:jkuntum.tumblr.com">
<input type="hidden" name="ie" value="UTF-8">
<input type="hidden" name="oe" value="UTF-8">
<input type="hidden" name="filter" value="0">
<input type="text" name="q" size="26" maxlength="100" value="">&nbsp;
<input type="submit" name="btnG" value="&#26908;&#32034;">
</form>

”jkuntum.tumblr.com” ← この部分を設置するブログのURLに合わせて変更する。なお、このコードは、当然のことながらTumblr以外でも動作する。

admin
カテゴリ:ブログサービス
タグ:tumblr
2015/03/24 01:03 | コメント (0)

TumblrでYouTube動画のサムネイルを表示する方法

TumblrでYouTube動画のサムネイルを表示する方法のメモ。

16560570480_f2d9415750_o.png

HTMLコード 基本形

{block:VideoThumbnail}
    <a href="{Permalink}">   
    <img style='width:150px;' src ='{VideoThumbnailURL}'>
    </a>
{/block:VideoThumbnail}

※”width” 或いは ”height” を設定しない場合は ・・・ ”480 x 360” ピクセルで表示される。

サムネイルを表示すると一際目を引くこと間違いなしである。

admin
カテゴリ:ブログサービス
タグ:youtube tumblr
2015/03/08 02:03 | コメント (0)
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ