黒インクだけでも動作する「PIXUS iP2700」安くても魅力を感じる!

滅多に使用しないプリンタであるが、やはり必要なときに動作しないのは困る。筆者が現在使用している「EPSON PX-V630」も、そろそろ10年経過で買い替え時だ。インク交換も未だ2回目ながら、現状ではまともに印刷できない状況である。インクもバカ高いので、本体を買い換えることにした。

機種選定は前々から行っていたので、あとは価格だけである。ショップによって価格は大きく異なるが、3,000円 を切れば概ね最安値と見てよいだろう。今回は、税込み 2,893円 (送料無料) で手を打った。

IMG_20170428_102816.jpg

キヤノン インクジェットプリンター PIXUS iP2700」2010年 2月下旬 発売

ちょっと古い機種かもしれないが、筆者はあえてこのプリンタを選択。理由はこうだ。一般のプリンタは、搭載するインクのどれか一つでもなくなればプリントすることができない。しかしながら、このプリンタは違う。カラー3色、ブラックの2ユニットのインク体系であるが、カラーインクがなくなってもブラックだけで印刷が可能だ。また、カラーインクを停止させてブラックだけで印刷することもできる。テキスト印刷やモノクロ印刷ならブラックだけで事足りるので、インクのコスト削減に効果を発揮する。

このような機能を持つプリンタは、調べた限りでは他にはなかった。おそらく、この機能の必要性を理解しているユーザーが、多数いるのであろう。このプリンタの需要は未だに高く、多くのショップが取り扱っている。価格はピンキリではあるが、最安値を調べれば 3,000円 を切ることもある。

筆者の場合は、印刷は滅多にしない。なので、多くの便利機能は要求しない。あって然るべき機能があれば、それで十分と云うスタンスだ。そして、安ければ申し分ないと云うワケである。

※Amazonでは”マーケットプレイス”で詐欺行為が多発しているようなので、異常に安い価格を提示するなど不審な業者からは購入しないよう注意が必要です。 (2017年4月現在)

admin
カテゴリ:日記
タグ:amazon
2017/04/28 11:07 | コメント (0)

今年も「金のなる木」ピーマンを栽培する

今年も、金のなる木: Jkun Blog ピーマンを栽培する。

4月8日に苗 (ピーマン8、トマト1、キュウリ1) を購入した。 ↓

IMG_20170408_103830.jpg

ひと鉢税込み84円である。〆て840円也。 ↓

IMG_20170422_110431.jpg

そして、2日後の10日に植えた。当初は風よけのため ↓ こんな感じ。

IMG_20170410_082353.jpg

やはり日当たりがイマイチと云うことで、本日 箱は取っ払う。 ↓

IMG_20170422_103026.jpg

これで、今年も数十倍の価値を生み出してくれるだろう。ザクザク収穫できるので、毎日ピーマンだらけ。食べて食べて食べまくるのである。

admin
カテゴリ:日記
2017/04/22 11:22 | コメント (0)

ノートパソコンが起動しなくなったので・・・

ノートパソコンンの電源 ON ! ・・・一瞬HDDのアクセスがあるだけで反応がない。BOOT画面も出ず。3回トライも撃沈である。このような場合は、以下の方法が有効である。

IMG_20170402_051401.jpg

ノートパソコンでBOOTが起動しない場合の対処方法: Jkun Blog

早速試してみると、「おぉ〜」正常に起動するようになった。

admin
カテゴリ:日記
2017/04/02 05:37 | コメント (0)

大雪に見舞われる

予報どおり大雪である。ただ、今朝2時30分に起床した際には、地肌は見えていた。雪も降ってはいなかった。 ・・・ 6時過ぎに外を見ると、知らない間に銀世界に変わっていた。

31933454590_203db96edd_k.jpg

今年初めての積雪だ。

admin
カテゴリ:日記
タグ:youtube
2017/01/15 07:31 | コメント (0)

無線LANが切れるのでルーターの設置場所を変更してみた

隣の部屋でゲームをしている家族から、「最近無線LANがよく切れる。」と云うクレームがあったので対応してみた。今のところ、功を奏したようで、安定している。

自宅の隅々まで、Wi-Fiの電波を行き届かせるには?一番簡単にできることは、ルーターを高い位置に設置することである。”テレビ塔” 所謂 電波塔の存在を考えれば理解できるだろう。より遠くまでテレビの電波を届けるためには、より高い位置から電波を飛ばすことが重要になるワケだ。更には、高層ビルによる電波障害を減らすことにもひと役買うことになる。

筆者は、高出力のルーターを使用していたので、ダンボールに入れて、床に置いていたワケであるが、これがどうもNGだったようだ。机上にいろいろ並べるのはゴチャゴチャするので嫌だったのが理由であるが・・・。もう少し考慮すべきであった。

今回は、 ↓ のように、少し高い位置に設置した。

32159905152_a0d221a849_k.jpg

壁に貼り付いていれば、邪魔になることもない。

admin
カテゴリ:日記
タグ:通信障害
2017/01/15 06:18 | コメント (0)

「いつか見た青い空」シドニー・ポワチエ / エリザベス・ハートマン

「いつか見た青い空」この映画は、絶対に忘れられない。かなり昔に見た鮮烈な映画だった。最近、YouTubeとか様々な動画共有サイトで検索してみた。勿論、一切の日本語字幕映像はない。

この映画は、筆者おすすめ映画ベスト10に入る作品。オードリーヘップバーンの大ファンの筆者が、唯一支持する男性俳優 ”シドニー・ポワチエ” である。

セリナ(エリザベス・ハートマン)は5歳のとき盲になった。母親の浮気が父に知れたときの大喧嘩のとばっちりで。そのときから1歩も外に出なかったが、18歳になって初めて彼女の手内職の織元に頼んで近くの公園に連れて行ってもらった。木陰の芝生で内職のビーズ刺しを始めたとき、落ちてきた毛虫に驚いてビーズを散乱させた。途方にくれて泣き伏す彼女に若々しい男の声が近づき、拾い集めてくれ、仕事まで手伝ってくれた・・・
いつか見た青い空 : 作品情報 - 映画.com

A Patch of Blue - Google 検索

admin
カテゴリ:日記
タグ:youtube
2017/01/04 22:16 | コメント (0)

古い内定通知書

昭和54年発行の内定通知書が出てきた。

32044114095_24c43f6da3_k.jpg

一緒に、昇進した際の通知書も・・・。すべて昔のことであり、保管しておいても意味がないので、メモ用紙にとハサミで適当な大きさに裁断した。最近、とにかく廃棄処分しまくりである。写真、ハガキや封書、会社関係の書類、レコード、CD、音声・動画カセットテープ、などなど。過去数年間見ていないものは、死ぬまで見ることはないだろう。墓へ持っていけるワケでもなく、バンバン捨てるに限る。

とにかく身軽になりたいと思うようになり、廃棄処分を徹底しているのである。使わないものは、ドンドン処分する。スッキリすること間違いなしである。

admin
カテゴリ:日記
2017/01/03 10:49 | コメント (0)

小さい頃の麻雀のすすめ

私が小学生時代から麻雀を制覇していたら・・・なんて、考えることはない。ただ、小さい頃に麻雀をやった人間は、成功する確率がかなりアップするのは理解できる。

もっとも、親御さんの正しい導きがあっての前提は必要だ。

31669228580_e01a880f91_k.jpg

人間性のような会話をもって必要とする情報をゲット。このような能力は、日本人の一番苦手なことである。筆者自身、身をもって分かっていたのは、云うまでもない。

麻雀は人の心を読む遊戯である。なかなか面白い。ただ、筆者は、かなり弱いのである。それが今の筆者を表現しているとすれば、かなりgoodだと思う。

麻雀は賭け事ではない。スマホやるなら麻雀だ!!絶対にトップに立つ人間になれるであろう!!

もう、30年くらい麻雀はやっていない。3人麻雀とか、昔は面白かった。弱かったけどね!!

最近の若者は、SNSでこと有意義を見つける。その中で、麻雀で鍛えた人間がトップに躍り出るのは、今は昔に比べ簡単である。

admin
カテゴリ:日記
2017/01/02 17:34 | コメント (2)

電通過労自殺と私を比較する

”お悔やみを申し上げます。”

筆者は、当時東京の田町に本社を構える某会社へ入社した。そして、新人の頃は府中事業場へ配属された。当時筆者は新入社員でありながら、残業が100時間や200時間を超過するのが当たり前だった。

スキルもなく仕事をするのは、あまりにも大変な作業であった。ただ、そこには頑張らないといけない!と云う思いもあったワケである。サラリーマン時代は、とにかく深夜勤務や徹夜が多かった。コンピュータシステムを相手にすれば当然だと云うのが、今も昔も同じのように思えるが。

その後、本社へ戻っても、我孫子事業場へ通勤する毎日になり、そのうち休みなしで自宅へも帰れず、月の時間外勤務が250時間超! しかし、少なく申告・・・なんてこともあった。 (組合の関係でそうせざるを・・・) しかしながら、自由に勤務体制を決定できるなど、裁量の自由度は一般よりかなり高かった。つまり、仕事を完結するには任せる!と云うある意味、上司のお墨付きがあったワケである。それにしても、今考えると殺人的な業務量であった。ただ、残業を美化する当時の風潮も追い風になっていたのは否めない。

私が何が云いたいか。直接的な自殺の原因は、残業だけではないと云うことだ。筆者はそう考えている。もし、彼女に・・・筆者が昔の上司に感じていた"連帯感”みたいなもの (感じさせる行動がある上司と云う意味) があれば、おそらく彼女は大変だけれども頑張るぞ!と云う前向きな気持ちになったのでは?と思うのである。

企業には企業文化とか体質と云うものがある。ダラダラした文化はいけないが、ピリピリした文化はもっとダメだ。筆者が一番仕事に没頭できた環境は、スースーであった。つまり、風通しが非常によいと云うことだ。この風が今でも忘れられない。 (今はこの風潮は否定されているのかも?)

放送事業システムに携わった新入社員時代からの5年間が、筆者にとっての一番goodな仕事環境であった。1カ月出張とか、今ではあり得ないが、仕事が楽しくてね・・・”好きこそ物の上手なれ”とは違うが、とにかく”うつ病”なんて知らない時代だった。

おそらく、大企業でも自殺は多いだろう。表に出ないだけである。筆者の学生時代の同級生も何人かは命を絶っているので、それは間違いないだろう。

命に代えるだけの企業価値はありえない。おそらく、その前に”うつ病”になっていたと思われる。追い込んだ企業の文化や風土、そして周囲の人間の”罪”は大きい

筆者もサラリーマン時代があったワケであり、人事とは思えない。そして、心が痛むのである。色々あった筆者であるが、ある意味ケセラセラがあったので、この記事を書いていられるのかもだな。

サラリーマンであれば定年も近い年代だ。新入社員・・・そう 1980年であった。

admin
カテゴリ:日記
2016/12/25 14:52 | コメント (2)

格安 安眠マットレスでスヤスヤ 腰痛からの脱却

ずいぶん前になるが、マットレスがダメになって、それ以降フローリングにダンボールを敷いて、その上に敷布団2枚を組み合わせていた。夏場は暑いので、フローリングに直接敷布団1枚で、所謂せんべい布団で寝ていたワケである。

その影響か?分からないが、かなり前から寝返りを打つと、厳しい腰痛に悩まされるようになった。要するに熟睡ができないワケであり、どうしたものか?と考えるには考えたが、結果的に放置していた。

しかしながら、そろそろ手を打たないとダメであろうと云うことで、とりあえず前のマットレスがある状態に戻そうと考え、アマゾンでマットレスを購入することにした。

30848998774_8c8b488d20_k.jpg

調度よい硬さで、これは熟睡間違いなしである。ただ、マットレスを敷布団2枚の間にサンドして使用したら、フカフカ過ぎてどうもいけない。今までのせんべい布団だったことを考慮して、下の敷布団を1枚取り去ることにした。これで気分よく眠れそうだ。

格安ではあるが、品質は悪くない。これで腰痛から開放されれば、御の字である。

admin
カテゴリ:日記
タグ:amazon
2016/12/18 07:37 | コメント (0)
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ