梅雨明けトマト全滅のお話

毎年、ピーマン・キュウリ・トマト・・・など、裏庭で栽培をしている。そして、毎年のように厄介な問題に直面する。

IMG_20170726_052305.jpg

トマトである。トマトは、雨に弱い。梅雨前に実をつけたトマトは実がしっかりしていて甘くて美味しい。しかしながら、梅雨明けになると、雨の影響が顕著に現れて、キズができたり害虫にやられたりである。特に害虫には困惑する。見えない部分に鉛筆大の穴を開けて、実を腐らせてしまうのだ。

今回も、同じように知らない間に蝕まれている。毎日確認を欠かさずとも・・・「あっ!やられた!」みたいな感じである。そこで、ある程度の実を青いながらも確保して、本体は処分した。

そのうち、赤くはなるが・・・美味しくないのは目に見えている。雨が当たらないようにすれば・・・と思うのであるが、これが面倒なのである。来年はどうしたものか。

admin
カテゴリ:日記
2017/07/26 05:42 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]