海外版ワン切り?

最近、所謂・・・海外版ワン切りが問題になっているようである。ワン切りとは、電話機に呼び出しを1 - 2回鳴らしてすぐに切り、相手の着信履歴に自分の電話番号を残すための手法である。そして、折り返し電話をさせることで、高額のサービスにつないだように見せかけて、様々な手法で金銭を騙し取ったりする。

詐欺ワン切り.png

今回問題になっているのは不審な国際電話であり、携帯3社が「+675」の発信を確認している。NTTドコモなど大手携帯3社はパプアニューギニアからの不審な国際電話があるとして、契約者に折り返しの電話をしないよう注意喚起を促している。先月末から「+675」で始まる不審な着信が確認されており、折り返すと通話料金が高額になる。ドコモでなら30秒あたり63〜68円、KDDI (au)なら同65円、ソフトバンクなら同249円かかる。

通話料の一部が悪徳業者にマージンとして入る詐欺の一種と考えられる。いずれにしても、心当たりのない着信は無視に限る。このことはメールでも同様である。心当たりのないメールは、開かず無視がベストである。

現代社会は、様々な詐欺が横行しているので、常時注意深く・・・決して自分は大丈夫だ!なんて思わないようにしたいものである。

admin
カテゴリ:トピックス
タグ:詐欺
2017/07/05 07:59 | コメント (0)
◎この記事へのコメントは 0 件です。コメント欄を表示しますか?
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ