ブルーライトをカットChrome拡張機能「Blue Light Filter Guard」

筆者は、ブルーライトをカットするために、所謂「Redshift」アプリを導入している。しかしながら、少し前から利用している”Chromium OS” (CloudReady) では、一般的なアプリの導入ができない。そこでChrome拡張機能で代用することにした。

Blue Light Filter Guard - Chrome ウェブストア

Screenshot 2017 06 24 at 22.04.36.png

ツールバーアイコンを [右クリック] → [オプション] で、赤色方向へ色合いを変化させる設定画面が出る。ここで、赤色方向へシフトする”レベル”を設定する。筆者の場合は、「5%」にしている。これだけのことで、目に優しい画面になる。

Screenshot 2017 06 26 at 10.03.13.jpg

今回は、所謂「Redshift」に関わる”ブラウン” (デフォルト) を前提に紹介したが、他にも”グリーン”と”グレイ”がある。いろいろ試してみるのもよいだろう。

「目が疲れるなぁ〜」と思っている方は、どうぞ・・・。

admin
2017/06/25 14:27 | コメント (4)

◎この記事へのコメントは 4 件です。コメント欄を表示しますか?
私も加齢とともに白内障手術を昨年末に両目しました。すると自宅のテレビの色が鮮やかに見え。蛍光灯が少し眩しく感じ筆者と同じく相前後しますがf,luxを前から導入していました。今度マイクロがf,luxを導入するそうですね。筆者の案内のソフトと比較したいと思います。お互い齢はとりたくないですがね。仕方ないですね。せめて加齢に伴う認知症にはなりたくないですね。健康だけには気をつけましょうね。 本文からずれましたがお許しください。今日今までの課題であった通信エラーが出る問題で
ZeroConfigService.exeをコマンド打ち換えでやっつけたつもりなのでで明日から様子見です。相も変わらず筆者に対する失礼をお詫びします。又いろいろな情報を書いてください。
Posted by 石川通隆 at 2017/06/25 19:34
コメントありがとうございます。
Windows / Linux では、一般のアプリが利用できますが、Chromium OS では、そうはいかないので困っていました。
アプリでは、ご指摘通り・・・ https://justgetflux.com/ が有名ですね。
筆者も入れていました。
さて、健康・・・ですが、ここ数年腰痛と云うか背中の痛みに悩まされています。
せんべい布団が災いしているのか? ^^;
Posted by 管理人 at 2017/06/26 02:40
背中の嫌な痛み鈍痛でしょうか。わたくしも昔出光興産にいてるとき実習で油操船からタンカーに飛びついたとき足元の油操船が波をくらいデッキで尾てい骨を打ち7−8番の背骨が割れました。今その症状が出ています。あれやこれやと薬(飲み薬)を探し不思議なことに全薬工業の新ジキニンルイジョウ(風邪薬)とアルプラゾラム0.4とミリオラーク50g(yahooで検索)で収まっています。とてもたまらないときは座薬鎮痛剤をいれます。まずはふとんを変えられたらと、思いますが、別に原因があるのでは?昔は散髪に行くのにもパテックスを張っていきました。加齢とともに昔の傷がでてきます。たぶん座薬が即効性があります。 さて、 昨日の通信エラーはコマンドが聞いたのか今日はでてきません。マイクロソフトサポート皮肉交じりの報告しておきます。あとはステージ2:ファイル名リンケージ$130のまちがえだけですけどね。
御身を大切にいたわってください。加齢とともに酷くなりますよ。又素敵な情報をかきこみしてください。よろしくお願いいたします


Posted by 石川通隆 at 2017/06/26 09:38
薬剤関連の情報提供ありがとうございます。
湿布だけでもずいぶんよくなるので、単なる布団の影響だと思われます。
そのうち、対応を考えたいと思います。
マイクロソフトサポートの件、がんばって下さい。 (^^)
Posted by 管理人 at 2017/06/26 09:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


PR

カテゴリ
タグクラウド
最近のコメント
過去ログ
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
筆者プロフィール