Chrome”全画面表示”→”戻し”でタスクバーが表示されない場合の対処方法

Windowsのタスクバーを”自動的に隠す”にした環境下において、最大化したChromeで”全画面 [F11]”で表示して元に戻した場合、タスクバーが表示されなくなる場合がある。勿論、一旦Chromeを最小化にするなどウインドウサイズを最大化から変更すればよいのであるが、それでは面倒である。

2017-05-11_10h35_22.jpg

この場合の対処方法として、Chromeの右上”アカウント表示”をダブルクリックすれば、タスクバーが表示されるようになる。

この一連の挙動は、試行錯誤してようやく発見したワケである。スクリーンショットは「Windows 7」の場合であるが、「Windows 10」でも挙動は同じである。

admin
カテゴリ:ブラウザ
タグ:Windows chrome
2017/05/11 10:52 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]