黒インクだけでも動作する「PIXUS iP2700」安くても魅力を感じる!

滅多に使用しないプリンタであるが、やはり必要なときに動作しないのは困る。筆者が現在使用している「EPSON PX-V630」も、そろそろ10年経過で買い替え時だ。インク交換も未だ2回目ながら、現状ではまともに印刷できない状況である。インクもバカ高いので、本体を買い換えることにした。

機種選定は前々から行っていたので、あとは価格だけである。ショップによって価格は大きく異なるが、3,000円 を切れば概ね最安値と見てよいだろう。今回は、税込み 2,893円 (送料無料) で手を打った。

IMG_20170428_102816.jpg

キヤノン インクジェットプリンター PIXUS iP2700」2010年 2月下旬 発売

ちょっと古い機種かもしれないが、筆者はあえてこのプリンタを選択。理由はこうだ。一般のプリンタは、搭載するインクのどれか一つでもなくなればプリントすることができない。しかしながら、このプリンタは違う。カラー3色、ブラックの2ユニットのインク体系であるが、カラーインクがなくなってもブラックだけで印刷が可能だ。また、カラーインクを停止させてブラックだけで印刷することもできる。テキスト印刷やモノクロ印刷ならブラックだけで事足りるので、インクのコスト削減に効果を発揮する。

このような機能を持つプリンタは、調べた限りでは他にはなかった。おそらく、この機能の必要性を理解しているユーザーが、多数いるのであろう。このプリンタの需要は未だに高く、多くのショップが取り扱っている。価格はピンキリではあるが、最安値を調べれば 3,000円 を切ることもある。

筆者の場合は、印刷は滅多にしない。なので、多くの便利機能は要求しない。あって然るべき機能があれば、それで十分と云うスタンスだ。そして、安ければ申し分ないと云うワケである。

※Amazonでは”マーケットプレイス”で詐欺行為が多発しているようなので、異常に安い価格を提示するなど不審な業者からは購入しないよう注意が必要です。 (2017年4月現在)

admin
カテゴリ:日記
タグ:amazon
2017/04/28 11:07 | コメント (0)
この記事へのコメント (0)
すべてのコメントを 
コメントを書く
コメント投稿欄を 
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ご質問等、回答が必要な場合に限り返信させて頂きます。ご容赦くださいませ。
2017-06-05 端末単体でTWRPの導入 公式Androidアプリ「Official TWRP App」
6 コメント
管理人 (2017-10-16) 匿名希望 (2017-10-16) 管理人 (2017-06-08) 石川通隆 (2017-06-08) 管理人 (2017-06-08) 石川通隆 (2017-06-07)
2016-06-30 快適に回線速度が測定できるサービス「Speedtest.net by Ookla」
4 コメント
管理人 (2017-10-15) 石川通隆 (2017-10-15) 管理人 (2017-05-22) 石川通隆 (2017-05-22)
2017-10-14 人参の ”おじや”
2 コメント
管理人 (2017-10-15) 石川通隆 (2017-10-15)
2015-12-17 Windows 10 タスクバーが自動で隠れなくなった場合の対処方法
55 コメント
通りすがり (2017-10-09) (2017-10-03) ぼん (2017-10-01) イライラ (2017-09-15) ガントランダー (2017-09-07) よ (2017-09-06) ゆンク (2017-07-23) まお (2017-06-09) たけ (2017-05-29) とおりすがり (2017-05-20) ななし (2017-02-22) あいうえお (2017-02-21) ゲス (2017-02-18) kaitons (2017-02-13) ゆっかり (2017-02-12) たろう (2017-01-07) 油ハム (2016-12-29) Leus (2016-12-21) 初日に10にした人 (2016-12-17) 管理人 (2016-11-27)
タグクラウド
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
筆者プロフィール
カテゴリ