Windows 10 Chrome すべてのサイトを綺麗なフォントで閲覧する

Windowsのフォントは汚い!と云うのが一般的な見方であった。期待をしていた Windows 10 も同じでありガッカリした経緯がある。しかしながら、Windows 10 もアップグレードを重ね、概ね満足できる描画品質になってきた。 (Chromeのみ検証)

筆者は、Chromeを利用しているが、「onsolas」と「メイリオ」を利用することで、すべてのサイトで綺麗なフォントで閲覧できるようになった。

2016-12-31_15h38_22.png

2016-12-31_15h40_09.png

すべてのサイトにユーザーcssを適応させて、「onsolas」と「メイリオ」を指定する。これを実現する方法は様々あるが、筆者の場合は Stylish - Chrome ウェブストア を利用している。そして、設定するcssが ↓ である。

:not(button) {font-family: Consolas, Meiryo, メイリオ !important;}

2016-12-31_15h52_13.png

「:not(button)」は、ボタンを特殊フォントで表現しているサイトが多々あり、ボタンが文字化けしないようにするためである。これは、”button”セレクタ以外のすべてに・・・と云う意味である。

英数字は、コーディングで使用される「onsolas」を使用する。視認性が高くクッキリとしたフォントである。それ以外は、お馴染みの「メイリオ」を指定する。

今回は、新たなフォントをインストールせずに対応しているが、気に入ったフォントがあればインストールして利用するのもありだ。いずれにしても、自分が見やすいフォントを指定すればよいが、筆者の場合は散々試行錯誤した結果が、上記のフォントであったワケである。

css 特定のセレクタ以外に適用させる方法: Jkun Blog

admin
カテゴリ:ブラウザ
タグ:CSS フォント
2016/12/31 16:05 | コメント (0)
◎この記事へのコメントは 0 件です。コメント欄を表示しますか?
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ