Facebookに登録する個人情報を最小限にするワケ

筆者は、様々なSNSを利用している。Facebook、Twitter、Google+、Instagram などなど。しかしながら、どのサービスにも最小限の情報しか登録していない。

何故なら、SNSのプロフィールから個人情報の漏洩が急増しているからである。漏洩するルートは様々であり、一般ユーザーの知れない間に日々漏洩していると云ってもよい。

漏洩した情報は、詐欺師の手に渡り、あなたやあなたの周囲の人々に、魔の手が忍び寄ることもあり得る。

では、どうしたらよいか?一番簡単な対策は、そのSNSを利用するために必要な最小限の情報だけ登録し、あとは何も登録しないことである。例えば、Facebookであれば、筆者の場合・・・名前・メールアドレス・電話番号 (携帯)・住所 (都道府県と市レベルまで)・誕生日だけである。その他の情報に関しては、なりすましに利用される可能性があり登録していない。 (昔は完璧に情報を登録していたが、すべて削除した経緯がある。)

ただ、電話番号・誕生日の登録も本来しないほうがよい。これもなりすましに利用できるからである。このとき、「私は非公開扱いにしているから大丈夫」と考えるのは、よろしくない。アプリの利用で、知らずに許可してしまっているかも知れないからである。筆者の場合は、アプリは一切利用していない。

いずれにしても、通常は登録しないような情報、出身校や仕事に関連する情報、家族の情報・・・これらは、漏洩するとかなり厄介なことになる危険性がある。できることなら、非公開扱いでも登録は避けるべきだろう。

2016071707:49:27_001.png

しかしながら、それではFacebookをやる意味がないと考えるユーザーもいるだろう。それは筆者も十分理解できる。その場合は、リスクが高くなると云うことを、頭に叩き込んでおいたほうがよい。

あまり神経質になる必要はないが、誰しも後悔はしたくない。筆者のように個人情報がバレても ”それがどーした! かかってきなさい!” なんて思っている人間であれば、あまり気にすることはないかも知れない。

因みに筆者は、名前・メールアドレス・電話番号はダダ漏れである。あちこちで公開しているからである。

admin
カテゴリ:トピックス
2016/07/17 08:41 | コメント (2)
◎この記事へのコメントは 2 件です。コメント欄を表示しますか?
貴殿の言われることで私ごとですが3年ほど前にバブル時に買ったカルチェの時計後日違う店舗でルイビトンのバックを売り払った。その時住所電話番号を先方の用紙に書いた。それが名簿屋に売られたみたい。月に1−2回買い取り屋からTELがかかってくる。その度に着信拒否している。大変迷惑な話である。現実情報社会はおそろしい。
Posted by 石川通隆 at 2016/07/20 18:29
コメントありがとうございます。

すべての一般人の個人情報は、おそらく何らかの形で漏洩しているのでは? その情報が利用されるか 無視されるか その情報の価値によるだけかと。
私の個人情報もダダ漏れだと・・・。
クレジットカード情報だけは、信頼できるサイトか見極めているが、氏名・住所・電話番号 程度なら、あまり気にしていないのが現状。
ダダ漏れと云うことを意識しているので、逆に何かあるのでは?といつも気をつけるようにしている。
しかしながら、忘れた頃に・・・気をつけないと。
Posted by 管理人 at 2016/07/20 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ