Operaの広告ブロッキング新技術を試してみた

2016年5月4日、Operaはブラウザ自体の機能として、広告ブロッカーを組み込んだ新しいOperaをリリースした。デスクトップ向け正式版アンドロイド向け”Opera Miniブラウザ” の2つである。

広告ブロッカー技術を直接ブラウザコードに統合したことで、デスクトップ向け正式版Operaのページダウンロード速度は、広告ブロッカーがない場合に比べて89%速くなり、そして、”Opera Miniブラウザ”は、40%速くなる。いずれも・・・らしいと云うことだ。

今回は、Linuxディストリビューションの代表格のDebianにて、デスクトップ向け正式版を試してみた。

↓ アドレスバーの右端に広告ブロック数が表示される。クリックで情報が表示される。

2016050615:14:17_001.png

↓ 更にクリックすれば、広告ブロック前後で読み込み速度がどのくらい速くなったか?検証することができる。

2016050615:13:34_001.png

実際、サクサク感は体感できるが、多くの拡張機能をインストールすれば、それなりに動作が鈍くなることはOperaも同様であろう。とりあえず、常用ブラウザはChromeで、拡張機能なしでOKの場合はOperaで、と云ったような使い方をしようと考えている。

admin
カテゴリ:ブラウザ
2016/05/06 15:56 | コメント (0)
◎この記事へのコメントは 0 件です。コメント欄を表示しますか?
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ