Ubuntu vimのカラースキームのカスタマイズ

Ubuntuでvimを利用しているが、コードを見やすくするために、所謂「カラースキーム」のカスタマイズを実施。

カラースキームは、膨大な数が公開されており、検索すればザクザク取り放題である。今回は、molokai - A port of the monokai scheme for TextMate : vim online からダウンロードしてみた。

インストールは簡単で、ダウンロードした「molokai.vim」を、「~/.vim/colors/molokai.vim」にコピーして、「~/.vimrc」↓ で設定すればよい。

" vim の独自拡張機能を使う(viとの互換性をとらない)
set nocompatible
" 文字コードを指定する
set encoding=utf-8
" ファイルエンコードを指定する
set fileencodings=iso-2022-jp,sjis
" 自動認識させる改行コードを指定する
set fileformats=unix,dos
" バックアップをとる
" 逆は [ set nobackup ]
set backup
" バックアップを作るディレクトリを指定する
set backupdir=~/backup
" 検索履歴を50個残す
set history=50
" 検索時に大文字小文字を区別しない
set ignorecase
" 検索語に大文字を混ぜると検索時に大文字を区別する
set smartcase
" 検索語にマッチした単語をハイライトする
" 逆は [ set nohlsearch ]
set hlsearch
" インクリメンタルサーチを使う ( 検索語を入れている途中から随時マッチする文字列の検索を開始)
" 逆は [ set noincsearch ]
set incsearch
" 行番号を表示する
" 逆は [ set nonumber ]
set number
" 背景色
set background=dark
" 改行 ( $ ) やタブ ( ^I ) を可視化する
set list
" タブと改行文字表示
set listchars=tab:>-
" 括弧入力時に対応する括弧を強調する
set showmatch
" 構文ごとに色分け表示する
" 逆は [ syntax off ]
syntax on
" カラースキーム
colorscheme molokai
" [ syntax on ] の場合のコメント文の色を変更する
" highlight Comment ctermfg=lightgrey
" ウィンドウ幅で行を折り返す
" 逆は [ set nowrap ]
set wrap
" カレント行ハイライトON
set cursorline
" カレント行にアンダーラインを引く(color terminal)
highlight CursorLine cterm=underline ctermfg=NONE ctermbg=NONE
" カレント行にアンダーラインを引く(gui)
highlight CursorLine gui=underline guifg=NONE guibg=NONE

↑ 41行目「colorscheme molokai」で設定する。

20160311_02.png

↑ こんな風になる。

admin
カテゴリ:アプリ
2016/03/11 11:26 | コメント (0)
◎この記事へのコメントは 0 件です。コメント欄を表示しますか?
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ