Ubuntu Dropboxに定期的にバックアップする

Ubuntuには便利なバックアップツール (Deja Dup) が標準で装備されている。筆者は、このツールを利用して、毎日Dropboxに諸々バックアップしている。

ただ、Dropboxには容量の制限があり、毎日バックアップしていれば、いずれ上限に達してしまう。そこで、ある程度古くなったバックアップファイル群を、パソコン起動時に自動で削除している。

バックアップツールの設置画面

20160209_05.png

20160209_06.png

20160209_07.png

20160209_08.png

20160209_09.png

古くなったバックアップファイル群の自動削除

2016-2-10 追記:
初回にフルバックアップが行われ、次からは差分がバックアップされるようなしくみ。よって、単純に古いものを削除すると、いずれフルバックアップが削除されることになる。一旦フルバックアップが削除されると、自動ですべてのファイルが削除されて、はじめからのバックアップとなる。
↓ の場合だと、10日に一度 → すべてのファイルが削除されて、初回バックアップと同じことになる。

パソコン起動時に、Dropboxのバックアップ先ディレクトリのファイル群で、直近10日までのファイルを残して、古いファイルをすべて削除している。方法は、以下のとおりである。

Ubuntu 起動時にコマンドを自動実行する方法: Jkun Blog

Ubuntu 標準バックアップツール「Deja Dup」の設定情報の保存場所: Jkun Blog

筆者は、HDDや外部媒体がいつ故障してもいいように、重要なファイルはすべてDropboxに保管している。無償で利用できる容量は限られるが、動画や写真を保存するワケではないので、まったく問題ない。

※2016-2-10 追記:
結局、”rsync”コマンドを自動起動してDropboxにバックアップすることにした。

admin
タグ:Linux dropbox
2016/02/09 13:56 | コメント (0)
◎この記事へのコメントは 0 件です。コメント欄を表示しますか?
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ