ドコモ都合の悪いことは隠したがる!?同意した覚えがない位置情報が第三者へ・・・

ドコモの有料アプリ「地図ナビ」の利用者230万人のうち、”自動的にGPS情報を発信する”に設定している50万人分の情報(アプリを利用していない間でも5分ごとに詳細な緯度・経度を収集)が、地図会社ゼンリンデータコムに無償で提供されていると云う。

知らぬ間「同意」?ドコモ「位置提供」第三者へ : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ドコモは「蓄積情報をゼンリンデータコムに提供することがある」と記載しているが、記載はA4判11枚にわたる利用規則の8枚目に出てくるだけ。ドコモはこれで利用者の同意を得ていると考えているようだ。同意に関する利用者の意志を尊重しているとは思えないワケであり、都合の悪いことを行っていると思われても文句は云えまい。大企業であっても信用してはならない時代であることは確かである。とは云いつつ、筆者もドコモユーザーである。

admin
カテゴリ:トピックス
タグ:キャリア
2013/11/19 15:13 | コメント (0)
◎この記事へのコメントは 0 件です。コメント欄を表示しますか?
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ