ウィルコムへの乗り換えを断念した理由(まとめ)

ドコモからウィルコムに乗り換えようか?と考えていたが、断念することにした。以下、断念に至る経緯をまとめた。

ウィルコムへの乗り換えを考えた理由

  • 「だれとでも定額980円」に入れば、他社携帯や固定電話への通話が無料になる。(10分以内月500回まで)また、ウィルコムへの通話は実質制限なしで無料。
  • 画像添付があってもメールの送受信が無料になる。
  • ストレートタイプの機種がある。LIBERIO / WX03K
  • キャンペーン適用で2年間は、「だれとでも定額980円」が実質無料になる。

これらのことを考慮して、乗り換えを考えるようになった。しかし、色々調査をしてみると問題も出てきたワケだ。

ウィルコムへの乗り換えを断念した理由

  • 筆者の自宅は地方都市でありウィルコムの基地局がまばらであり、ウィルコムが推奨する基地局の位置(500m以内に複数の基地局があること)に問題がある。
    1 - 172.5m
    2 - 293.0m
    3 - 469.9m
    4 - 526.3m
    1 - 基地局方向にマンションがある。
    2 - 基地局方向に大きな病院がある。
    3 - 基地局方向にマンションがある。
    WILLCOM CS MAPで基地局を確認)※撤去されている基地局もある?
  • ウィルコムのインフラがソフトバンクになってから基地局が大幅に間引かれている。実際、契約以降に電波が入らなくなったと云うユーザーの声が見受けられる。この場合、当然ではあるがホームアンテナ(有料)の設置では対応できない。筆者の場合、基地局が見通せない状況であり、更に基地局の撤去があれば致命的となる。
  • 事前にテスト機を借りて自分で確認する必要がある。(電波確認端末レンタル|ウィルコム(WILLCOM) オンラインショップ)但し、所謂仮契約が必要で、更に往路の宅配料金はユーザー負担となる。(近所にショップがあればレンタルできるかもしれない?)また、PHSは天候にも左右されるようなので、借用期間(3日)に雨天時のテストが行えるか心配。
  • 電波に問題がなくても、現存する基地局が撤去されないと云う保証がどこにもない。
  • 現状では、通話もメールも年に数回程度であり、運用形態を変更しなければ現状のドコモとの契約(タイプSSバリュー+iモードメール)で問題ない。

つまり、自宅で電波が入らないかもしれないと云う心配が尽きないワケであり、実際問題として電波が入らなくなった場合は、契約を解除するしかないので、端末代金はぱーとなり更に契約解除による違約金が発生することになる。(不要な基地局を選定し2014年夏までに作業をすべて完了

これらのことを考慮すると、とてもじゃないがウィルコムに乗り換えるのは無理だなと云う結論に至った。ウィルコム(PHS)を有効に活用できるのは大都市圏でしかないと云うことだ。

admin
カテゴリ:トピックス
タグ:キャリア
2013/06/24 09:01 | コメント (0)
◎この記事へのコメントは 0 件です。コメント欄を表示しますか?
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ