Chromium派生 Linux版 Vivaldi 右クリック問題が解決されている

Linux版のChromium派生ブラウザには、昔から右クリック問題が存在する。Chromeに代表されるブラウザはどれも同じである。右クリック、厳密に云うと押し込んだと時に、コンテキストメニューが出てしまう。本来ならば、押し込んで離した時に、コンテキストメニューが出なければならない。

この問題があり、マウスジェスチャ拡張機能では、通常のコンテキストメニューを右ダブルクリックに置き換えるなど、苦肉の策で対応しているのが現状である。

ところが、Chromium派生ブラウザである・・・

Vivaldi - A new browser for our friends

16151463743_5be8d3a01e_o.png

では、この問題が解決されている。本来の右クリックの挙動になっている。このことは、Vivaldiが内部的にマウスジェスチャを実現するために、不具合の解決に取り組んだことを示している。Vivaldiでは昔のOperaユーザーを強く意識しているので、おそらく現在実現されているマウスジェスチャは、近い将来強力にカスタマイズできるようになるだろう。よって、マウスジェスチャ関連の拡張機能はVivaldiでは機能しない。

いずれにしても、筆者はVivaldiに関心を寄せている。現状では、ツールバーに拡張機能のアイコンが出ないなど使い勝手はイマイチではあるが、しばらく常用して様子を見ることにしている。

admin
カテゴリ:ブラウザ
タグ:VIVALDI
2015/03/10 04:03 | コメント (0)
◎この記事へのコメントは 0 件です。コメント欄を表示しますか?
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ