筆者の手配書? 1億円だと!?

今から30年以上前 (1987-8-29)、同僚とパソコン関連のイベントに出向いた際に、カメラで顔を撮影して、それを布地に印刷すると云ったデモをやっていた。その印刷物が、以下の 手配書 と云うワケだ。押し入れの中から出てきた。

IMG_20171123_073337.jpg

IMG_20171122_161102.jpg

死んでいても生きたままでも
$ 1000000 の報酬
この男は武装して危険だと思われます。
身長
6フィート5インチ
体重
160ポンド

身長・体重は、いい加減な感じがするが、計測したのか申告したのか、はたまた単なる推測か?記憶にない。いずれにしても、最初で最後の自分の手配書である。大切にしよう。

今なら自宅のパソコンとプリンターで簡単にできる。IT関連技術の進歩は凄まじいものがある。

admin
カテゴリ:日記
2017/11/23 08:18 | コメント (0)

エクセルからAndroidアプリ「家計簿マネーフォワード」へ

収支の管理には、エクセルでチマチマ入力していた。クレジット決済でも、リアルタイムで入力して支出を把握していた。何故ならカード会社にデータが反映されるまでには、どうしてもタイムラグが生じるからである。よく利用するサークルK・サンクスだと、1~2周間以上のタイムラグが発生する。これでは、リアルタイムとはいかないので、エクセル入力に頼っていた。

しかしながら、スマホがあるなら、レシート等をカメラで撮影して入力すれば、簡単で入力ミスもない。と云うことで、いろいろ試してみて、最終的には以下のアプリを導入することにした。

範囲を選択_004.jpg

家計簿マネーフォワード 銀行・クレカ対応が人気の無料アプリ - Google Play の Android アプリ

各銀行などの金融機関向けのバージョンもあり、信頼度においては納得のアプリだろう。クラウドでデータ管理が行え、各金融機関やカード会社ともオンラインで情報のやり取りができるようになっている。

※筆者は連携は一切やっていない。アプリを信用していないからではなく、利用方法の関係で意味がないからである。意味がなければリスクは避けたい。

レシートのカメラ撮影入力は、制度が高くミスは殆どない。パソコンでも管理できる (家計簿アプリ 資産管理 「マネーフォワード」) ので、スマホでレシートを撮影して・・・あとはパソコンで管理すると云った運用方法をとっている。基本的にスマホをチマチマ操作するのは筆者は好きではないので。

結構便利だ。今月はいくら使ったか?リアルタイムでわかる。他にも紹介しきれないほどの機能盛りだくさん。試してみる価値はあるだろう。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:android
2017/11/12 18:35 | コメント (0)

不要クッキーを自動削除するChrome/Firefox拡張機能「Cookie AutoDelete」

不要クッキーを自動削除する拡張機能は様々あるが、使いやすさはピカイチである。

Cookie AutoDelete - Chrome ウェブストア

Cookie AutoDelete – Add-ons for Firefox

今回は、Chromeで説明するので、ご承知おきください。おそらく、Firefoxでも同等と考えて問題はないだろう。

1_001.jpg

↑ クッキーが削除対象であれば、アイコンは赤くなる。削除対象か?保護か?は該当するドメインに対して、指定することになる。

1_002.jpg

↑ クッキーが保護されていれば、アイコンは青くなる。削除対象か?保護か?は該当するドメインに対して、指定することになる。

範囲を選択_001.jpg

↑ オプション画面の設定内容を簡単に説明する。

  • □Enable Automatic Cleaning? Delay Before Cleaning: 1 Minute(s)?
    自動削除を許可するか?タブが閉じられたら何分で自動削除するか指定する。
  • □Log Total Number Of Cookies Deleted?
    削除されたCookieの数を追跡する。これは、オプションの [Welcome] 画面にのみ表示される。
  • □Show Number of Cookies for that Domain?
    ツールバーアイコンに、そのドメインが保持するCookieの数を表示する。
  • □Show Notification After Cookie Cleanup?
    削除されたCookieの情報を通知する。デスクトップ右下に数秒現れる。
  • □Clean Cookies from Open Tabs on Startup?
    起動時に長く維持されるタブのCookieを削除する。固定されたタブに役立つ。例:Googleカレンダーは固定されていて開かれている。このとき、このオプションが有効になっていない限り、他のgoogle.com Cookieは削除されない。

範囲を選択_003.jpg

↑ 設定情報のインポート/エクスポートが簡単に行える。

これまで様々な同様の拡張機能を紹介してきたが、この拡張機能が一番使いやすい。おすすめである。

admin
タグ:Firefox chrome
2017/11/11 15:33 | コメント (0)

YouTubeで過去の自分のコメントを削除・編集する方法

YouTubeで過去の自分のコメントを削除・編集する方法を紹介する。

履歴 - YouTube

範囲を選択_001.jpg

  • [履歴] をクリックする。
  • コメントにチェックを入れる。
  • 削除・編集したい動画をマウスオーバーする。 (↑ のURLをクリックすればココから)
  • 現れる [縦の3点] をクリックする。
  • 削除・編集のボタンが現れる。

以上、簡単に紹介まで。

admin
カテゴリ:ウェブサービス
タグ:youtube
2017/11/10 19:03 | コメント (0)

台所のパイプがつまったので針金で作った器具で対応する

台所のパイプがつまったので、針金で作った器具で対応した。・・・と云うお話。

今朝、台所のパイプがつまっていることに気づく。なぜだ?理由は分からず、適当に棒で突っついたりするがダメ。パイプ洗浄剤の投入もダメ。大量の水を一気に流すがダメ。台所の下のパイプの繋ぎ目を分解したりと・・・ダメ。

お昼近くに当事者が現れて、昨晩掃除の際に金タワシを落としたかもと・・・。なら、棒で突っついたのは逆効果だった。アマゾンで専用の器具を購入することも検討したが、それで成功する保証はないワケであり・・・どうしたものかと。

どこにつまっているかも分からず、下のような形状の器具を針金で作ってみた。金タワシの写真は取れた実物である。右回転で金タワシが引っかかるように工夫した。

IMG_20171110_145749.jpg

IMG_20171110_150653.jpg

IMG_20171110_150704.jpg

一回目で金タワシの破片が取れた。これはイケるかも?回転回転回転・・・引っ張ってみると、なかなか出てこない。何かに引っかかったか?更に引っ張ってみると、出てきました。「おぉ〜〜〜〜〜」と大歓声が湧き上がる。ヤッタゼよ!!

様々な方法で対応した最後の賭けだった。

admin
カテゴリ:日記
2017/11/10 15:50 | コメント (0)

さくらのブログがAMP対応になったが・・・

さくらのブログがAMP対応になった。たまたま、お知らせを見たら・・・

・AMP対応(2017年9月21日提供開始済み)
モバイルに最適化され高速に表示できるフレームワーク
■対応開始日
2017年10月26日(木)
■該当サービスのウェブサイト
・さくらのブログ
http://www.sakura.ne.jp/blog/
■補足事項
AMP対応に関するご注意
AMP非対応の広告が表示されなくなります。
また、AMP用のHTMLは、通常のブログ記事とは異なり、比較的厳密なHTML文法の遵守が要求されます。ブログの表示は可能であったとしてもAMP用のHTMLとしては十分ではない場合アラートが通達される場合があります。
これらのアラートおよびその対応に関してのサポートは行っておりませんので予めご了承ください。
広告の対応及びAMPの詳細につきましては各ベンダーサイトで情報をご確認下さい。
さくらのブログ機能拡張のお知らせ(2017年10月): お知らせ

いったい何が変わったのか?さっぱりだったので、少し調べてみた。

簡単に云えば、モバイル端末で爆速表示になると云うことらしい。但し、導入することによるデメリットも大きいようだ。詳しいことは、検索で多くの記事がヒットする。
amp対応とは

筆者のブログ (さくらのブログ) が対応したことは、お知らせのとおりであるが・・・アドセンスコードを改変したり、HTMLの厳密な検証が必要だったりと、かなりの労力を必要とすることが分かった。とりあえず、スマホで表示してみたが、問題なく表示されている。となれば、どこかに設定があるはずだ。

範囲を選択_001.jpg

設定> 詳細設定> ブログ設定 にあった。

この機能を [ON] にする勇気は、全くないのが現状である。

admin
カテゴリ:ブログサービス
2017/11/10 10:25 | コメント (0)

さくらのブログで「復元しますか?」と表示される・・・

最近、さくらのブログで新規記事を書いていると、投稿をやめた前の記事を「復元しますか?」と表示される。

範囲を選択_001.jpg

前は、ブラウザが落ちたりして散々なことがあったので、今では定番の拡張機能でバックアップをしている。しかしながら「さくらのブログ」に復元機能が導入されたとなれば不要になる。そこで、”お知らせ” を調べてみると・・・以下のようなアナウンスがあった。

2017年10月23日
平素よりさくらインターネットに格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
弊社では、「さくらのブログ」の以下の機能拡張を2017年10月26日に実施いたします。
・自動一時保存機能
新規記事作成時、記事内容の一時的な保存を自動で行う機能

たぶん、この機能だろう。この機能が完璧なら、今導入している拡張機能は不要になる。しばらくテストをしてみて、不都合のないことが確認できたら、拡張機能は削除する予定だ。

ついでに・・・さくらのブログに要望だ。筆者としては、アクセスが多い記事を一覧で表示する機能を提供して欲しいと思っている。同一エンジンのSeesaaブログの今では、基本機能のひとつである。これを実現すると、さくらのブログは益々多くのユーザーを獲得するだろう。

admin
カテゴリ:ブログサービス
2017/11/09 17:44 | コメント (0)

最近「空き巣」が多いと自宅訪問

最近「空き巣」が多いと、警察署の署員の方の自宅訪問があった。前にも、自宅訪問があったのを思い出した。

署員の方からは、「防犯診断チェック表」をもらい、「チェックが多いほど防犯対策ができているので・・・一度確認してみてください。」とのことだった。

IMG_20171108_165352.jpg

筆者の場合、家には誰か常にいるので、おそらく狙われる可能性は低いと思われる。しかしながら、”自分は大丈夫” と云う考えはしないほうがよいだろう。「まさか・・・」と云う言葉が出ないようにしたいものだ。

admin
カテゴリ:日記
2017/11/08 17:13 | コメント (0)

「サークルK」でTポイントを使う場合はクレジット決済はダメ!

「サークルK・サンクス」で ”Tポイント” が使えるようになったのは便利ではあるが、本日とんだトラブルに巻き込まれた。

実は、少しばかりの ”Tポイント” を持っていても仕方がないので、この際 ”Tポイント” を使ってしまおうと思い、精算時に ”Tポイント” が使えるか? 聞いてみた。当然使える。そして、決済は iD と云うことで・・・

まずは、 ”Tポイントカード” を所謂 ”POSシステム” に通して、更に iD で決済しようとしたら・・・
店員が「ん? Tポイントを使う場合は iD は使えないようだ! 通常のクレジット決済ならOKです。」と言い出す。
「では、iD ではなく通常のクレジット決済で結構です。」と言うと・・・
「あれ? クレジット決済もダメみたいです。」と・・・

これは困ったぞ、いつものことだからカードしか持ってこなかった。結局 ”擦った揉んだ” の末に、返金処理 (実際はTポイントの返却処理) をして、再度 iD で決済することに。このとき ”Tポイントカード” を再度通すことを忘れたので、今回はポイント無しとなる。後で気がついたが、まぁ仕方がない。

IMG_20171105_122420.jpg

はじめから言ってくれれば、こんな面倒なことにはならなかった。「あーでもない、こーでもない」と時間ばかり食ってしまった。昼時近くではあったが、日曜日と云うこともあり混雑は避けられた。他のお客さんに迷惑がかからなかったのは幸いだ。

近所の買い物は、すべてクレジット決済することにしているので、現金は基本的に持ち歩かない。しかしながら、こう云う困った事態に遭遇することもあるんだなと・・・。

admin
カテゴリ:日記
タグ:サークルK
2017/11/05 13:21 | コメント (0)
カテゴリ
PR
最近のコメント
2017-10-25 管理人
翻訳URL Google と Bing
2017-10-25 石川通隆
翻訳URL Google と Bing
2017-10-15 管理人
人参の ”おじや”
2017-10-15 石川通隆
人参の ”おじや”
※ご質問等、管理人の返信が必要な場合は、その旨お書きください。
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
筆者プロフィール