Chromeの「chrome://plugins」が廃止される

Chrome (57.0.2987.110) で「chrome://plugins」を確認してみると・・・

2017-03-31_07h32_52.jpg

アクセスできなくなっている。

調べてみると・・・「chrome://settings/content」に吸収されたようだ。

PDFファイルを自動でダウンロードして、ローカル側のビューワーで自動で開くには、デフォルトのPDFプラグインの設定を変更する必要があったのだ。

2017-03-31_07h29_06.jpg

設定場所が分かれば問題はない。Flashプラグインも同様である。

admin
カテゴリ:ブラウザ
タグ:chrome
2017/03/31 07:45 | コメント (0)

MacTypeと同じ効果Chrome拡張機能「Font Rendering Enhancer」

Windows Chrome でフォントをきれいに表示したい。実は、拡張機能で実現することができる。有名ドコロの所謂”MacType”と同様の効果が得られるのだ。

Font Rendering Enhancer - Chrome ウェブストア

↓ 導入前

2017-03-29_17h38_21.jpg

↓ 導入後

2017-03-29_17h38_45.jpg

↓ オプション画面でフォントの太さを調整する。

2017-03-29_17h39_38.jpg

クッキリフォントで表示されるようになるはずだ。是非お試しください。

同じ機能を有する拡張機能はもうひとつある。
有効/無効の切り替えや、リセットに対応しているので、筆者はこちらの拡張機能を導入している。

Chrome Font Rendering Enhancer - Chrome ウェブストア

2017-03-29_19h22_00.jpg

実質的な効果はどちらも同じである。

admin
2017/03/29 17:52 | コメント (0)

強力なカスタマイズが提供されている翻訳Firefoxアドオン「S3.Google Translator」

Firefoxの数ある翻訳アドオンの中で、強力なカスタマイズが提供されているアドオンの決定版と云えば・・・

S3.Google Translator :: Add-ons for Firefox

であろう。

とにかくカスタマイズ項目が多岐にわたり、ユーザーが思いつく必要とする機能はすべて網羅されていると云っても過言ではない。

ページ翻訳、選択テキスト翻訳、オーバーレイボタンによる翻訳、ホットキーによる翻訳、ツールバーボンタからの翻訳、コンテキストメニューからの翻訳、自動翻訳、その他諸々の痒いところに手が届く様々な機能が提供されている。

2017-03-29_15h07_26.jpg

2017-03-29_15h06_35.jpg

2017-03-29_15h22_22.jpg

2017-03-29_15h08_14.jpg

2017-03-29_15h09_25.jpg

2017-03-29_15h09_34.jpg

2017-03-29_15h10_34.jpg

2017-03-29_15h10_42.jpg

2017-03-29_15h10_49.jpg

カスタマイズ項目が多いので、まずはデフォルトで使用して、気になる点をカスタマイズすればよいだろう。

admin
タグ:Firefox
2017/03/29 15:31 | コメント (0)

あらゆるメニューをカスタマイズFirefoxアドオン「Menu Wizard」

Firefoxのあらゆるメニューのカスタマイズが行えるアドオンの紹介。

任意のメニュー項目の編集・移動、およびホットキーの編集が簡単な操作で実現できる。

  • メニューバーの編集
  • タブコンテキストメニューの編集
  • メインコンテキストメニューの編集
  • ブックマークツールバーコンテキストメニューの編集
  • ホットキーの編集

Menu Wizard :: Add-ons for Firefox

2017-03-29_08h16_56.jpg

2017-03-29_08h17_15.jpg

2017-03-29_08h17_25.jpg

自分の好みに合わせたメニューに編集することで、作業効率のアップが期待できる。

admin
2017/03/29 08:45 | コメント (0)

Firefox派生高速ブラウザ「Cyberfox」を常用する

ずいぶん前に、Firefox派生ブラウザ「Cyberfox」を導入してみた: Jkun Blog と云う記事を書いたが、今回常用ブラウザとして使用することにした。

Cyberfox ≫ Home of cyberfox web browser

昔と違い、現バージョンでは、予め日本語ロケールに対応している。「about:config」で日本語設定するだけで日本語環境になる。

Cyberfox独自機能としては、レイアウトをカスタマイズする機能が提供されているが、これは タブバー・ツールバー・ブックマークバーをカスタマイズするFirefoxアドオン「Classic Theme Restorer」: Jkun Blog を内部に組み込んで改変したものである。筆者のようにノートパソコンを利用しているユーザーであれば、コンテンツ領域を最大限に引き出すことが可能となる。

2017-03-27_07h27_25.jpg

2017-03-27_07h24_35.jpg

さて、このブラウザの特徴は、何と云っても Intel製/AMD製それぞれのプロセッサーに最適化されたバージョンが用意されている点である。筆者のパソコンはAMDであるが、実際にFirefoxと同じ環境で比較してみると、スピードは明らかにCyberfoxに軍配があがる。

同期機能は、Firefoxアカウントがそのまま利用できるので、Firefoxからの移行は簡単に行える。

admin
カテゴリ:ブラウザ
タグ:Firefox
2017/03/27 07:53 | コメント (3)

Firefox Beta のダウンロードはこちら

先般、「Windows 10 Insider Preview」を導入する: Jkun Blog と云う記事を書いたように、Windows 10 ではリリース前のバージョンを利用することにした。そこで、現在常用ブラウザとしてる Firefox もと云うことで、Mozilla Firefox Beta を利用することに。インストール済みの正式リリースバージョンに上書きして常用する。

2017-03-26_12h57_38.jpg

新しい機能を早く試したいワケではなく、脆弱性などの対策を早めるためである。正式リリース一歩手前と云うことで動作は安定している。

admin
タグ:Firefox
2017/03/26 13:13 | コメント (0)

ロック画面のON/OFF切り替えAndroidアプリ「No Lock」

通常、端末の画面をロックするか?しないか?は設定画面で指定するが、このアプリは端末の設定を変更せず一時的にロックの有効/無効を切り替えることができる。

No Lock - Google Play の Android アプリ

Screenshot_2017-03-26-08-24-13.jpg Screenshot_2017-03-26-08-24-28.jpg

ウィジェットから手軽に操作できるので重宝する。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:android
2017/03/26 09:04 | コメント (0)

Firefoxで文字をきれいに表示する方法

久しぶりにFirefoxを使ってみる。環境は、Windows 10 + Firefox 52.0.1 (64 ビット) である。ところが・・・ウェブページのフォントがギザギザになっている。 ↓

2017-03-25_09h12_15.png

そこで、レンダリングモード「gfx.font_rendering.cleartype_params.rendering_mode」を調整してみる。アドレス欄に「about:config」と入れてエンターキー押下、「gfx.font ...」を検索して同項目をダブルクリック、既定値の「-1」を「5」に変更する。 ↓

2017-03-25_09h11_06.png

すると、ギザギザがなくなりきれいに表示されるようになった。 ↓

2017-03-25_09h11_45.png

上記レンダリングモードの他にも、フォントの描画に関する下記設定があるが、デフォルト (-1) から変更する必要はないと思われる。但し、好みもあるので試行錯誤してもよいだろう。

  • ClearTypeレベル
    gfx.font_rendering.cleartype_params.cleartype_level
  • ガンマ
    gfx.font_rendering.cleartype_params.gamma
  • コントラスト
    gfx.font_rendering.cleartype_params.enhanced_contrast

もし、Firefoxで文字がイマイチだったら、お試しください。

admin
カテゴリ:ブラウザ
2017/03/25 09:39 | コメント (0)

「Windows 10 Insider Preview」を導入する

「Windows 10」の ”Insider Preview” 版は、正式リリース前の所謂開発中のバージョンである。筆者は、「Windows 10」が正式にリリース (2015年7月29日) される前に、試しに導入していた時期はあるものの、最終的には正式バージョンを導入していた。

2017-03-24_11h52_19.png

しかしながら、今回「Windows 10 Insider Preview」Build 15058 を導入することにした。当然ながらバグがあるかもしれない。極端に云えば、とんでもない不具合に遭遇してしまう可能性もあるだろう。しかしながら、それは運が悪かったと云うことにして、最悪再セットアップすればよいだけの話である。筆者は、常用パソコンのOSは様々入れ替えることが多々あるので、OSのインストールには全く抵抗がないのである。

いち早く新しい機能を利用したいと云う願望があるワケではなく、単に致命的な脆弱性の回避を早くしたいと云うだけである。

admin
タグ:Windows
2017/03/24 12:10 | コメント (0)

スッキリくっきりトレンドなフォント「Rounded M+」

先般、スッキリくっきりトレンドなフォント「Kazesawa」と「Source Code Pro」: Jkun Blog と云う記事を書いたが、2つのフォントで対応するのも少しばかりの抵抗があり、やはり1つのフォントで視認性を確保できないか探してみた。実は、「Kazesawa」は数字の”0”と英字の”O”との明確な判別が難しい状況にあった。このような状況を回避するために、探し当てたフォントが・・・

自家製 Rounded M+ とは | 自家製フォント工房

である。

「m」系のフォントを使用すれば、数字の”0”と英字の”O”との明確な判別が可能となる。

2017-03-22_15h08_28.png

↑ Windows 10 環境下での Chrome で当ブログを表示、拡張機能で表示フォントを「Rounded M+ 1m」に変更した事例である。 (Linux 環境下であればもっと劇的にきれいに表示される。)

とりあえず、Windows 10 のシステムフォントとしても利用することに、当面は不都合がないか様子を見る。

※更に進化した、Rounded Mgen+ (ラウンデッド ムゲンプラス) | 自家製フォント工房 もお見逃しなく。

admin
カテゴリ:資料
2017/03/22 15:17 | コメント (0)
カテゴリ
最近のコメント
2017-10-25 管理人
翻訳URL Google と Bing
2017-10-25 石川通隆
翻訳URL Google と Bing
2017-10-15 管理人
人参の ”おじや”
2017-10-15 石川通隆
人参の ”おじや”
※ご質問等、管理人の返信が必要な場合は、その旨お書きください。
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
筆者プロフィール