小便器の尿石除去

小便器の水の流れが悪くなったので、こびり付いた尿石を除去することにした。匂いも少し気になるし。

29084797184_799814394d_z.jpg 29600076592_59a4a6754e_z.jpg 29674540156_7210166d2a_z.jpg

使用した薬剤は、サンポール (塩酸9.5% / 10%超で劇薬指定) と云う製品である。スーパーやドラッグストアで購入できる。勿論、ネットでも購入できるが、価格が安いので送料が負担になるかもしれない。500MLあたり150円~200円程度である。

まず、灯油用の手動ポンプ (百円ショップ) で、排水口に溜まっている水を吸い出す。これにより、サンポールの原液の効果が最大限に引き出せる。黄ばみや黒ずみの側面は、サンポールの原液をかけてから、トイレットペーパーを貼り付ける。そして、更に上から原液をかける。最後に、水抜きした排水口を原液で浸す。溜まる最大の位置まで浸すことが重要。

そして、待つこと2時間。水を流してみると、分解された尿石が浮き上がり一気に排出される。排水口はピカピカだ。とりあえず、渦を巻いて流れるようになったのでOKだとは思うが・・・念を入れてもう一回同じことを。今度は3時間。

もし、効果が出ない場合は、この作業を繰り返す。一晩放置しておけば、更なる効果が期待できるかもしれない。業者に依頼する前に、まずはご自身で対応してみるとよいだろう。但し、「混ぜるな危険!」を忘れずに。

admin
カテゴリ:日記
2016/09/16 14:09 | コメント (0)

Ubuntu 16.04 日本語 Remix 導入メモ

半年少し前に、Ubuntu 15.10 日本語 Remix 導入メモ: Jkun Blog と云う記事を書いたが、その後様々なディストリビューションを試していた。途中、Windows 10 にしてみたり・・・。そして、本日「Ubuntu 16.04」を導入するに至った。

a13a.png

導入手順は、「Ubuntu 15.10」とほとんど同じである。特筆すべきこともない。

ただ、少し気がついたことが・・・Ubuntu では「su」で認証エラーになる。他のディストリビューションでは問題なかったのだが、調べてみる「sudo -i」とすれば、「su」と同等に扱えるとのこと。

話は変わるが、実を言うと筆者は「Unity」はあまり好みではない。しかしながら、折角なのでこのまま少し使い続けようかと考えている。

※2016-9-14:
カスタマイズが完了して、何度かパソコンを再起動すると、画面が真っ暗。例の現象か?ただ、プロプライエタリドライバに変更済、明らかにおかしい。リカバリモードでは再現しないので、ドライバ関連の問題なのは間違いない。Ubuntu 15.10・純粋なDebian・SolydX (Debian派生ディストリビューション) ・Linux Mint では、問題は発生しなかったので困惑するばかりだ。最終的には、Ubuntu 16.04 は放棄して、再度 Linux Mint - Cinnamon を導入するに至った。半日、無駄にしてしまった。

admin
タグ:Linux
2016/09/13 20:15 | コメント (0)

まとめ:Debian系 Linuxディストリビューション で無線LANの通信速度が遅くなるので対応したみた

K0000348559.jpg

対象となるパソコンは、「lenovo IdeaPad Z575 129996J」であり、内蔵無線LANは「Ralink corp. RT3090 Wireless 802.11n 1T/1R PCIe」である。純粋なDebianでドライバ (firmware-ralink) をインストールしたにも関わらず、安定しない現象に悩まされていた。その後、”SolydX” → ”Linux Mint - Cinnamon” と乗り換えたが、ドライバ自体が完全には対応していない? (実際使用されているドライバ rt2800pci が rt3090 も網羅している) ようで使いものにならない。ここで、Debianから配布されているドライバをインストールしても、ドライバ自体は以前のDebianの時にインストールした環境と同じになるだけで安定化は期待できない。WindowsドライバをUbuntu用に取り込む方法もあるようだが、そこまでして対応する気はない。

結局のところ、USB無線LAN子機を使用して対応することにしたワケだ。それでも、パワーマネジメント機能をOFFにする対応が必要だったりと、様々な苦労を余儀なくされたのである。

いずれにしても、このような問題があるのであれば、プロプライエタリドライバとして対応を望むところではあるが、もともと”Windows 7 64bit”搭載のパソコンなので、そうも云ってられない。

この手のトラブルに関しての情報は、ネット上に山ほどあるが、最終的には、”Linux Mint - Cinnamon”+「Ralink RT3090」の環境では対応できなかった。残念ではあるが仕方のないことである。

同日追記:
Debian 8「jessie」のドライバ (firmware-ralink) がパッケージとして公開されているのを見つけた。Debian -- パッケージのダウンロードに関する選択 -- firmware-ralink_0.43_all.deb からパッケージをダウンロードして、”Linux Mint - 18 Cinnamon” にてインストールした。すると、不安定だった内蔵無線LAN「Ralink corp. RT3090 Wireless 802.11n 1T/1R PCIe」が問題なく動作するようになった。とりあえず、これでしばらく様子見。今後、特にこの記事に言及がなければ、問題なしと思ってください。
→ すぐに通信速度が著しく低下する。パッケージ自体、エラーを吐いてインストールNGとなっていた。

2016-9-9 追記:

rt3090
rt3090 を使っているデバイスには rt2800pci ドライバを使うことができますが、うまく動作しないことがあります (例えば、時々 2Mb/s 以上の速度が出なくなります)。
AUR から rt3090-dkmsAUR ドライバを使うのが最適です。rt2800pci モジュールをブラックリスト化して、起動時に rt3090sta モジュールをロードするように設定します。

ノート:このドライバは rt3062 チップセットでも動作します。また、rt3090AUR パッケージは最新のカーネルではサポートされなくなったので代わりに rt3090-dkmsAUR を使って下さい。

ワイヤレス設定 - ArchWiki

↑ 正に記載と同じ現象である。しかしながら、” rt3090-dkms”のリンク先はリンク切れ。検索しまくるも有用な情報は見つからず。

admin
2016/09/08 06:54 | コメント (0)

Linux Mint 18 - Cinnamon 導入メモ

前に、Linux Mint 17.1 - Cinnamon 導入メモ: Jkun Blog と云う記事を書いたが、今回「Linux Mint 18 - Cinnamon」の導入にあたり少なからず変更があったので、その備忘録としてここに置いておく。

0ade.png

以下、インストール後のカスタマイズ一覧。

mozc (日本語変換)

sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 fcitx-ui-classic fcitx-config-gtk mozc-utils-gui

dropbox (オンラインストレージ)

sudo apt-get install dropbox

google chrome (ブラウザ)
パソコン版 Chrome からダウンロードして、”GDebiパッケージインストーラー”でインストールする。

Chromium (ブラウザ)
Linux Mint 18 + Chromium + Flash Player を構築する: Jkun Blog

gedit (テキストエディタ)

sudo apt-get install gedit gedit-plugins

redshift (ブルーライトカット・輝度調整)
Linux - redshift 導入方法: Jkun Blog

glipper (クリップボード管理)
Linux - clipboard管理 glipper: Jkun Blog

shutter (画面キャプチャ&編集)

sudo apt-get install shutter

Linux Mint ホットキーにShutterのアクションを割り当てる: Jkun Blog
※スタートアップ時にインジケーターにアイコンが出ない場合は、起動タイミングを遅延させる。

91c1.png

qpdfview (Chrome連携用PDFビューア)
Ubuntu 使い勝手のよいPDFビューワー「qpdfview」: Jkun Blog

ntp (時刻サーバー:プリインストール済?)

sudo apt-get install ntp

TeamViewer (リモートアシスタント)
Linux版TeamViewerのダウンロード からダウンロードして、”GDebiパッケージインストーラー”でインストールする。

ファイアウォール設定

sudo ufw enable
sudo ufw default DENY
sudo ufw status

その他設定

”SolydX”を使用していたが、”Linux Mint - Cinnamon”に戻ってきた。

admin
タグ:Linux
2016/09/07 09:01 | コメント (0)

ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その3

先般、GALAXY NEXUS SC-04D に Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod を導入 (GALAXY NEXUS SC-04D 「Android 6 Marshmallow」カスタムROMを焼く: Jkun Blog) したので、この機会にベンチマークの測定を行った。結果は以下のとおり。

Screenshot_20160906-083459.png Screenshot_20160906-084453.png Screenshot_20160906-084703.png Screenshot_20160906-084720.png Screenshot_20160906-085218.png

使用したアプリは、Geekbench 4 - Google Play の Android アプリ である。スコアは、Single-Core Score「420」・Multi-Core Score「688」。

測定にはかなり時間がかかるが、詳細なリポートを確認することができる。 (スクリーンショットはそのごく一部)

ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その1: Jkun Blog
ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その2: Jkun Blog
ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その3: Jkun Blog

admin
2016/09/06 09:06 | コメント (0)

ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その2

先般、GALAXY NEXUS SC-04D に Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod を導入 (GALAXY NEXUS SC-04D 「Android 6 Marshmallow」カスタムROMを焼く: Jkun Blog) したので、この機会にベンチマークの測定を行った。結果は以下のとおり。

Screenshot_20160906-071525.png

使用したアプリは、Quadrant Standard Edition - Google Play の Android アプリ である。スコアは、Total「3045」・CPU「9421」・MEM「2260」・IO「1171」・2D「251」・3D「2124」。

他のサイトでの測定結果、GALAXY NEXUS SC-04D Android 4 と比較すると、かなり成績がよいことが分かる。Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod が優秀であることが理解できる。

ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その1: Jkun Blog
ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その2: Jkun Blog
ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その3: Jkun Blog

admin
2016/09/06 07:28 | コメント (0)

ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その1

先般、GALAXY NEXUS SC-04D に Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod を導入 (GALAXY NEXUS SC-04D 「Android 6 Marshmallow」カスタムROMを焼く: Jkun Blog) したので、この機会にベンチマークの測定を行った。結果は以下のとおり。

Screenshot_20160905-195031.png

使用したアプリは、Antutu Benchmark - Google Play の Android アプリ である。スコアは、「20005」。

他のサイトでの測定結果、GALAXY NEXUS SC-04D Android 4 と比較すると、かなり成績がよいことが分かる。Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod が優秀であることが理解できる。

ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その1: Jkun Blog
ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その2: Jkun Blog
ベンチマーク GALAXY NEXUS SC-04D (Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod) その3: Jkun Blog

admin
2016/09/05 20:01 | コメント (0)

Linux ddコマンド isoイメージをUSBメモリに書き込む

Linux環境、今回はSolydX (Debian派生ディストリビューション) であるが、ddコマンドでisoイメージをUSBメモリに書き込む方法の備忘録。

ダウンロードしたisoイメージがあるディレクトリにカレントを移動させて、ddコマンドを実行する。

su
ls
cd ダウンロード
ls
dd if=solydx_8_64_201606_ja.iso of=/dev/sdb oflag=direct bs=1048576

※/dev/sdb : sdb1 のようなパーティションを指定することはできないので要注意。

2016090516:04:23_001.png

SolydX では、「USB Creator」と云うソフトが標準で備わっているが、それと同等の機能を有する。

admin
タグ:Linux
2016/09/05 18:00 | コメント (0)

Android 6.0.1 Marshmallow 唯一痛かったこと

GALAXY NEXUS SC-04D に Android 6.0.1 Marshmallow CyanogenMod カスタムROM を導入して、その使い勝手のよさに満足していた筆者ではあるが、唯一痛かったことがある。それは、パソコンとUSB接続して、スマホの所謂 ”sdcard領域” にアクセスする場合・・・

[設定] → [既発者向けオプション] → [USB設定の選択] で [MTP] を選択する

必要があることだ。これは、USB接続する度に必要な操作であり、頻繁にスクリーンショットをパソコンにコピーする筆者にとっては、極めて面倒な作業なのである。

Screenshot_20160904-170327.png

Android 4.4.4 KitKat Shiny カスタムROM、Android 5.1.1 Lollipop Euphoria-OS カスタムROM では、このような面倒な作業は不要であったので、これはかなり痛い。まぁ、これはこれとして、受け入れるしかない。

※2016-9-16: Ubuntu - Android bluetooth でファイル共有: Jkun Blog

admin
2016/09/04 17:18 | コメント (0)

アプリのバックアップと復元 Androidアプリ「Titanium Backup ★ root」

カスタムROMを何度も導入していると、その度にアプリの設定をやり直す必要があった。ただ、そんなに時間がかかるワケでもないので、毎回対応していた。しかしながら、無駄な時間には違いないと云うことで、「Titanium Backup ★ root」でアプリのバックアップを取ることにした。かなり以前から導入していたアプリではあるが、強制アンインストールでしか使用していなかった。

Titanium Backup ★ root - Google Play の Android アプリ

とりあえず、ユーザーアプリだけバックアップできればよいので、その方法をメモしておく。

Screenshot_20160904-160055.png Screenshot_20160904-160113.png Screenshot_20160904-160139.png

↑ 一括バックアップは、[メニュー] → [一括処理] → [バックアップ:全ユーザーアプリ] → [右上緑色のチェック] で実行。

Screenshot_20160904-160055.png Screenshot_20160904-160150.png Screenshot_20160904-160201.png

↑ 一括復元は、[メニュー] → [一括処理] → [復元:全ユーザーアプリ] → [右上緑色のチェック] で実行。

アプリの設定情報も含めた丸ごとバックアップなのでかなり重宝する。

注)このアプリは、所謂root化とSuperSUに代表される権限管理アプリの導入が必須となる。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:android
2016/09/04 16:25 | コメント (0)
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ