ブラウザの不要フィルを削除してユーザー情報をバックアップするバッチファイル

Windows環境における、ブラウザの不要フィルを削除してユーザー情報をバックアップするバッチファイル。今回は、ChromeとFirefoxのバッチファイルを作成したので、その備忘録としてメモしておく。

Chrome

@echo off
 
rem カレントをユーザーデフォルトフォルダに変更する。
cd C:\Users\%username%

:kill

rem Chromeに終了シグナルを送る。
Taskkill /IM chrome.exe

rem エラーになるまで (完全にChromeが終了して ”not found” になるまで) 繰り返す。
if not "%ERRORLEVEL%"  == "0" (
    echo 戻りコード = %ERRORLEVEL%
    echo 異常終了しました
    goto next1
) else (
    echo 戻りコード = %ERRORLEVEL%
    echo 正常終了しました
    timeout 10
    goto kill
)

:next1

timeout 2

rem CCleanerで不要ファイルを削除する。
"C:\Program Files\CCleaner\CCleaner64.exe" /AUTO
timeout 10
 
:backup

rem robocopyコマンドでプロファイルをOneDriveにバックアップする。
rem ※バックアップ先のフォルダは事前に作成しておく。
robocopy "C:\Users\%username%\AppData\Local\Google\Chrome" "C:\Users\%username%\OneDrive\Chrome-Data" /mir
 
rem もし、エラーになれば、再度バックアップする。
if not "%ERRORLEVEL%"  == "0" (
    echo 戻りコード = %ERRORLEVEL%
    echo 異常終了しました
    timeout 10
    goto backup
) else (
    echo 戻りコード = %ERRORLEVEL%
    echo 正常終了しました
)
 
timeout 2

exit

Firefox

@echo off
 
rem カレントをユーザーデフォルトフォルダに変更する。
cd C:\Users\%username%

:kill

rem Firefoxに終了シグナルを送る。
Taskkill /IM firefox.exe /T

rem エラーになるまで (完全にFirefoxが終了して ”not found” になるまで) 繰り返す。
if not "%ERRORLEVEL%"  == "0" (
    echo 戻りコード = %ERRORLEVEL%
    echo 異常終了しました
    goto next1
) else (
    echo 戻りコード = %ERRORLEVEL%
    echo 正常終了しました
    timeout 10
    goto kill
)

:next1

timeout 2

rem CCleanerで不要ファイルを削除する。
"C:\Program Files\CCleaner\CCleaner64.exe" /AUTO
timeout 10
 
:backup

rem robocopyコマンドでプロファイルをOneDriveにバックアップする。
rem ※バックアップ先のフォルダは事前に作成しておく。
robocopy "C:\Users\%username%\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles" "C:\Users\%username%\OneDrive\Firefox-Data" /mir
 
rem もし、エラーになれば、再度バックアップする。
if not "%ERRORLEVEL%"  == "0" (
    echo 戻りコード = %ERRORLEVEL%
    echo 異常終了しました
    timeout 10
    goto backup
) else (
    echo 戻りコード = %ERRORLEVEL%
    echo 正常終了しました
)
 
timeout 2

exit
  • ブラウザに終了シグナルを送る。エラーになるまで (完全にブラウザが終了して ”not found” になるまで) 繰り返す。
  • フリーソフト ”CCleaner” でブラウザの履歴を削除する。削除する履歴は、”CCleaner” で設定しておく。
  • robocopyコマンドでプロファイルをOneDriveにバックアップする。もし、エラーになれば、再度バックアップする。 (バックアップ先のフォルダは事前に作成しておく。)

※このバッチファイルをサブルーチンのように呼び出す場合は、最後の [exit] は削除しておく。

↓ 筆者は、Windows終了バッチファイルを作成して、中からこの ↑ バッチファイルを呼び出している。

call "C:\Users\%username%\OneDrive\Windows_10\BackUp.bat"
shutdown /s /t 5
exit

Windows 10 コマンド シャットダウン・再起動 など: Jkun Blog

↓ ブラウザ (ex. Chrome) の再起動バッチファイルとして利用するなら、こんな感じ。

call "C:\Users\%username%\OneDrive\Windows_10\BackUp.bat"
start chrome.exe
exit

ブラウザを再インストールしたときに、拡張機能などの設定情報を含めて完全に復元できるメリットは大きい。

Windows 10 Chrome / Firefox のユーザー情報を一括でバックアップするコマンド: Jkun Blog
Windows 10 BATファイルをスタート画面にピン留めする方法: Jkun Blog

admin
2016/09/29 04:40 | Comment(0)

Windows 10 「このアプリを開けません ビルトイン Administrator アカウントを使って、… を開けません。別のアカウントでサインインしてやり直してください。」

このアプリを開けません
ビルトイン Administrator アカウントを使って、… を開けません。別のアカウントでサインインしてやり直してください。」

2016-09-28_18h01_53.png

Windows 10 環境において、Windows 10 のアプリを起動しようとすると、↑ のメッセージが出現して起動できない。

対策は以下のとおり。

[スタートボタン] を右クリック → [コントロールパネル] → 右上の検索欄から [ユーザー] で検索して・・・

2016-09-28_18h31_58.png

↑ [ユーザー アカウント制御設定の変更] を選択する。

2016-09-28_18h13_01.png

↑ すると、本来上から2番目にある通知設定が一番下になっている。

2016-09-28_18h13_13.png

↑ 本来あるべき、上から2番目に通知設定を戻して [OK] → システムを再起動すれば問題は解消する。

そう云えば、この [ユーザー アカウント制御設定 (UACレベル)] が、とあるソフトにより変更されたような記憶がある。そうか、そのときに放置したのがNGだったワケね。

admin
タグ:Windows
2016/09/28 18:46 | Comment(0)

カテゴリ別おすすめFirefox拡張機能 2016年版

アドオンは入れるほどに重くなるのは誰しも知るところである。そこで、今回は筆者が利用している必要最低限のアドオンを紹介する。なお、インストールのページが分からない場合は、Add-ons for Firefox からアドオンの名前で検索すればよい。

重くなるアドオンは例え超便利だとしても除外して、ほかのアドオンで代用するよう努めている。

アプリケーション: Firefox 49.0.1 (20160922113459)
OS: WINNT (x86_64-msvc)

カテゴリ別おすすめFirefoxアドオンまとめ: Jkun Blog

admin
タグ:Firefox まとめ
2016/09/27 18:10 | Comment(0)

ブックマークバーを非表示にしてマウスオーバーで出現させるFirefoxアドオン「Hide BookmarksBar」

ノートパソコンでは表示領域は限られているので、少しでも表示領域を広げてブラウジングしたいと思うのは当然である。そこで、利用したいのが、Firefoxアドオン「Hide BookmarksBar」である。ツールバーの境界辺りをマウスが通過すると、ブックマークバーが出現すると云うアドオンである。これで表示領域が拡大されることになる。

Hide BookmarksBar :: Add-ons for Firefox

設定により、出現条件はカスタマイズできる。新しいタブを開いたときに出現すると云った挙動も可能である。 ↓ は設定画面である。マウスオーバーで出現する挙動の設定になる。

2016-09-27_16h23_39.png

少しでも表示領域を広げたい方は、是非どうぞ・・・。

admin
タグ:Firefox
2016/09/27 16:39 | Comment(0)

Windows 10 コマンド シャットダウン・再起動 など

Windows 10 環境に於ける、コマンドプロンプト画面から、システムのシャットダウンや再起動を行うためのコマンド「shutdown」のオプション一覧。

C:\Users\jkun>shutdown -?
使用法: shutdown [/i | /l | /s | /r | /g | /a | /p | /h | /e | /o] [/hybrid] [/soft] [/fw] [/f]
    [/m \\コンピューター][/t xxx][/d [p|u:]xx:yy [/c "コメント"]]

    引数なし   ヘルプを表示します。「/?」と入力するのと同じです。
    /?         ヘルプを表示します。オプションを入力しないのと同じです。
    /i         グラフィック ユーザー インターフェイス (GUI) を表示します
               このオプションは最初に指定する必要があります。
    /l         ログオフします。/m または /d オプションとは併用できません。
    /s         コンピューターをシャットダウンします。
    /r         コンピューターを完全にシャットダウンして再起動します。
    /g         コンピューターを完全にシャットダウンして再起動します。システムの
               再起動後に、登録したアプリケーションを再起動してください。
    /a         システムのシャットダウンを中止します。
               これは、タイムアウト期間にのみ使用できます。
               /fw と共に使用して、保留されているファームウェアでの起動をすべてクリアします。
    /p         タイムアウトまたは警告なしでローカル コンピューターの電源を
               切ります。
               /d および /f オプションと併用できます。
    /h         ローカル コンピューターを休止状態にします。
               /f オプションと併用できます。
    /hybrid    コンピューターのシャットダウンを実行し、高速スタートアップの準備をします。
               /s オプションと併用してください。
    /fw        シャットダウン オプションと共に使用し、次回は以下で起動します
               ファームウェアのユーザー インターフェイス。
    /e         コンピューターの予期しないシャットダウンの理由を記録します。
    /o       詳細ブート オプション メニューに移動し、コンピューターを再起動します。
               /r オプションと共に使用する必要があります。
    /m \\コンピューター 対象となるコンピューターを指定します。
    /t xxx     シャットダウンまでのタイムアウト期間を xxx 秒に設定します。
               有効範囲は 0 から 315360000 (10 年) までで、既定値は 30 です。
               タイムアウト期間が 0 より大きい場合、/f パラメーターが
               暗黙的に指定されます。
    /c "コメント" 再起動またはシャットダウンの理由にコメントを付けます。
               最大 512 文字まで入力できます。
    /f         ユーザーに警告せずに実行中のアプリケーションを強制終了します。
               /t パラメーターに 0 より大きい値が指定された場合、
               /f パラメーターも暗黙的に指定されます。
    /d [p|u:]xx:yy  再起動またはシャットダウンの理由を指定します。
               p は再起動またはシャットダウンが計画されていることを示します。
               u は理由がユーザーにより定義されることを示します。
               p と u のどちらも指定されていない場合は、再起動または
               シャットダウンは計画されていません。
               xx は主因の番号です (256 未満の正の整数)。
               yy は副因の番号です (65536 未満の正の整数)。

事例その1: 10秒後にシャットダウンshutdown /s /t 10
事例その2: 10秒後に再起動shutdown /r /t 10

バッチファイルを作成して、スタート画面にピン留めしておくと便利である。

Windows 10 BATファイルをスタート画面にピン留めする方法: Jkun Blog
admin
2016/09/27 11:55 | Comment(0)

シンプルなデジタル時計ウィジェット Androidアプリ

シンプルなデジタル時計ウィジェット Androidアプリ の紹介。

シンプルなデジタル時計ウィジェット - Google Play の Android アプリ

Screenshot_20160927-084722.png Screenshot_20160927-092339.png

ウィジェットのサイズは、2x1 / 4x1 / 4x2 から選択。フォーマット・フォント・色などのカスタマイズに対応している。とにかくシンプルで導入が簡単である。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:android
2016/09/27 09:32 | Comment(0)

Windows 10 Chrome / Firefox のユーザー情報を一括でバックアップするコマンド

Windows 10 環境における、Chrome / Firefox のユーザー情報を一括でバックアップするコマンドの覚書。

バックアップには、同期コマンド「Robocopy」を使用する

robocopy "C:\Users\%username%\AppData\Local\Google\Chrome" "C:\Users\%username%\OneDrive\Chrome-Data" /mir
robocopy "C:\Users\%username%\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles" "C:\Users\%username%\OneDrive\Firefox-Data" /mir

コピー先のフォルダは事前に作成しておく。

2016-09-25_06h50_55.png

2016-09-25_06h51_11.png

バッチファイルにすれば、簡単に起動できる。

↓ バッチファイルの事例:FirefoxのプロファイルをOneDriveにバックアップする。
Firefoxを強制終了させてバックアップする。バックアップが正常に終了しない場合は、再度トライする。正常に終了したら、Firefoxを再起動する。

@echo off

cd C:\Users\%username%
timeout 2

Taskkill /IM firefox.exe /T
timeout 10

:backup
robocopy "C:\Users\%username%\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles" "C:\Users\%username%\OneDrive\Firefox-Data" /mir

if not "%ERRORLEVEL%"  == "0" (
    echo 戻りコード = %ERRORLEVEL%
    echo 異常終了しました
    timeout 10
    goto backup
) else (
    echo 戻りコード = %ERRORLEVEL%
    echo 正常終了しました
)

timeout 5
start firefox.exe
exit

Windows 10 BATファイルをスタート画面にピン留めする方法: Jkun Blog
ブラウザの不要フィルを削除してユーザー情報をバックアップするバッチファイル: Jkun Blog

admin
2016/09/25 06:59 | Comment(0)

Windows 10 BATファイルをスタート画面にピン留めする方法

Windows 10 環境で、作成したBAT (バッチ) ファイルをスタート画面にピン留めする方法の覚書。

2016-09-25_06h11_40.png

↑ BATファイルのショートカットを [C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs] に作成する。事前にショートカット作成をしてから、コピーしたほうが簡単かもしれない。ショートカットの拡張子は削除して適当な名前に変更すれば、それがスタートメニューでの名前になる。

2016-09-25_06h14_46.png

↑ スタート画面のアプリ一覧に作成したショートカットがあるので、右クリックして [スタート画面にピン留めする] を選択すればよい。

よく利用するBATファイルなら、スタート画面にピン留めしておきたいものである。

admin
2016/09/25 06:30 | Comment(0)

IME入力モードをカーソル横やタスクトレイに表示するフリーソフト「ImeTray64」

IME日本語入力中に「ひらがな」なのか「半角英数」なのか分からないので非常に使い辛い。タスクバーは自動で隠れるようにしているし、そもそもタスクバーなんてイチイチ見ていられない。できたら、カーソル付近に入力モードを表示してくれたら便利なのに・・・と探してみたら発見。

Windows 10 対応 ImeTray64 IMEの変換モードをマウスカーソルの横やタスクトレイに表示して状態を判りやすく(64bitに完全対応!) (邪魔な IMEツールバーをタスクトレイに入れる。(ATOK、Google日本語入力対応))

2016-09-24_15h32_34.png

↑ 入力モードが変わったときに、入力モードがキャレット位置に一瞬表示される。この挙動は設定でカスタマイズ可能。

2016-09-24_15h33_05.png

↑ 設定画面。

いつも、文字入力してから・・・「あっ!半角英数だ。」とやり直したりしていた。これで、少しは捗るだろう。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:Windows
2016/09/24 16:03 | Comment(0)

Google製のクリーンアップツールで不正ソフトウェアを削除する

Google製のクリーンアップツールの紹介。Chrome クリーンアップ ツールを使うと、すべてのブラウザに対して、迷惑プログラムを削除する効果がある。不正なソフトウェアがパソコンに潜んでいる場合、そのソフトウェアは使用するどのブラウザにも出現する。クリーンアップ ツールを使用すると Firefox、Edge、Internet Explorer などに影響を及ぼす可能性のあるプログラムを削除することができる。

2016-09-24_09h01_19.png

詳細については、以下参照。

Chrome クリーンアップ ツールを使って Windows パソコンをスキャンする

Chrome クリーンアップ ツールは、Windows パソコンで不審なプログラムや迷惑プログラムを検出して削除するときに使用できるツールです。Firefox や Edge を含む、あらゆるブラウザに対して有効です。
メッセージが表示される理由: Chrome で通常とは異なる動作(クラッシュ、新しいツールバー、想定外の広告など)が検出された場合、迷惑ソフトウェアの削除に役立つ Chrome クリーンアップ ツールのダウンロードが促されることがあります。

Chrome クリーンアップ ツールを使って Windows パソコンをスキャンする - Chrome ヘルプ

ブラウザの調子が悪い時には、一度実行するとよいかも。

admin
カテゴリ:アプリ
2016/09/24 09:06 | Comment(0)