ウインドウの境界をマウスで簡単に捉える SolydX

SolydX (Debian派生ディストリビューション) を使い始めて、ウインドウの境界をマウスで捉えて大きさを変更することがよくあるが、捉えるのに苦労する場合がある。

もっと簡単に操作できないか?調べてみると、 [Alt+F8] でウインドウの右下の境界をマウスで捉えられることが分かった。ウインドウマネージャー (キーボード) でカスタマイズも可能である。

2016032011:03:54_001.png

よく利用する場合は、キーの割当を変更したほうがよいかもしれない。

admin
タグ:Linux
2016/03/20 11:22 | コメント (0)

「SolydX:solydx_ee_9_64_201602_ja」で使えるUSBイメージライタを探す

SolydX (Debian派生ディストリビューション) には、不思議とisoイメージをUSBメモリに書き出すソフトが入っていない。所謂”USBイメージライタ”である。ソフトウェアの管理から探すも、まともに動作するものがない。 (solydx_ee_9_64_201602_ja)

探しまくって、試行錯誤した結果・・・ようやく「gnome-multi-writer」が正常に動作することを確認できた。

インストールは、↓ Synapticsパケージマネージャから行った。ソフトウェアの管理や端末からでもインストール可能。

2016032010:38:45_001.png

↓ 正常に動作することを確認した。

2016031922:31:33_001.png

SolydXインストール直後では、パーティション編集ソフト (parted) も入っていなかった。まぁ、必要に応じてインストールすればよいだけの話ではあるが・・・。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:Linux
2016/03/20 10:56 | コメント (0)

SolydX サーバー上のファイルにファイルマネージャーでアクセス

前に、Ubuntu サーバー上のファイルにファイルマネージャーでアクセス: Jkun Blog と云う記事を書いたが、SolydX (Debian派生ディストリビューション) では少し勝手が違うのでメモとして残しておくことに。以下、SAKURAサーバーを例にとって解説する。

ファイルマネージャーを起動して、アドレス欄に・・・

ftp://jkun@jkunblog.com/home/jkun/

と打ち込む。 [jkun] はユーザー名、 [jkunblog.com] はホスト名である。するとパスワードを聞いてくるので、パスワードを入力すれば接続が完了する。

2016032008:16:14_001.png

↑ [www] を右クリックして”送る”→”サイドペイン (ショートカットの作成)”とすれば、以降のアクセスは簡単になる。FTPクライアントソフト不要で、簡単にアクセスできるので便利である。

admin
2016/03/20 08:40 | コメント (0)

Debian派生Linuxディストリビューション「SolydX:solydx_ee_9_64_201602_ja」導入メモ

Debian派生Linuxディストリビューション「SolydX」と云うものがあるのを知った。UbuntuもベースはDebianだから、気になる存在である。最近、「Ubuntu 15.10」から「Linux Mint - MATE」に変更したばかりではあるが、思い切って「SolydX」をインストールすることにした。デスクトップ環境はXfceだから、”超”サクサク動作が期待できる。もともと”Windows 7 64bit”が入っていたノートパソコンだから、ここまで追求する必要はないが、やはり試してみたくなるのが相変わらずの悪い癖である。

SolydX・SolydK 日本語情報サイト - SolydXKjp

今回インストールしたのは、リリース SolydX 日本語 ISO 201602 (201601 ベース) - SolydXK / 日本語 ISO - OSDN にある”solydx_ee_9_64_201602_ja.iso”である。

インストールは日本語で案内されるので問題はないだろう。ただ、インストール先の媒体の状況によっては、パーティションを自分で切らないといけないかもしれない。筆者はbootを書き込むのを忘れてしまい、ちょっと焦ってしまった。

2016031919:50:01_001.png

想像以上にサクサクである。以下に、備忘録として導入メモを残しておく。

筆者の環境・・・

プロセッサ: AMD A8-3520M APU with Radeon(tm) HD Graphics × 4
グラフィック: AMD Radeon HD 6620G

だと、Ubuntu 15.xx ベースのディストリビューションを入れると、インストール後再起動で画面が真っ黒になる現象が発生していた。当然、Linux Mint も同様であった。対処として、リカバリモードで立ち上げて、プロプライエタリドライバに入れ替える必要あり面倒であった。

この問題が、SolydX では発生しなかったので、少しばかり嬉しい気持ちになったワケである。ただ、導入には様々な問題が発生したので、諸々インストールメモと合わせて対処方法も残しておくことにした。

諸々インストール

sudo apt install xxxxxx でインストール
dropbox: Dropbox (ソフトウェアの管理からインストールしたほうが無難)
redshift redshift-gtk (or gtk-redshift): ブルーライトカット & 輝度調整 / Linux - redshift 導入方法: Jkun Blog
shutter: スクリーンショット撮影 & 編集
gparted: パーティション編集
qpdfview: PDFビューワー (ブラウザ連携用)
gedit gedit-plugins: テキストエディタ
tomboy: メモ (自動起動設定)
gnome-multi-writer: USBイメージライター (他に正常に動作するアプリがない)

サイトからパッケージをダウンロードしてインストール
Google Chrome : Chrome ブラウザ
TeamViewer : Linux版TeamViewerの無料ダウンロード

問題点対処

日本語入力やその他挙動がおかしい
インストール直後は、挙動が少しおかしいかもしれない。ただ、アップデートマネージャーで最新の状態にすれば、すべて解決される。

音量調整できない
アップデートで問題は解消されるが、パネルに”PulseAudio Plugin”を追加する必要あり。
ショートカットキーに音量調整コマンドを割りつけるなら・・・
音量ダウン: amixer sset Master 5%-
音量アップ: amixer sset Master 5%+
音量ミュート: amixer sset Master 100%-

デフォルトクリップボード管理のclipmanの履歴呼び出しの設定
ショートカットキーに以下のコマンドを割りつけて対応する。
xfce4-popup-clipman

ハングルが文字化けする
ソフトウェアの管理で「fonts-unfonts-kore」をインストールする。
他にも文字化けがあれば、必要に応じてフォントをインストールすればよい。

ざーとこんな感じで使えるようになった。なかなかgoodである。このまま使い続けようと思っている。

2016-3-24: 「testing ベース Enthusiast’s Editions」ということもあり、不具合が散見される。致命的ではないが、やはり安定版を入れたほうが無難だと考える。 → Debian派生Linuxディストリビューション「SolydX:solydx_8_64_201602_ja」導入メモ: Jkun Blog

admin
タグ:Linux
2016/03/19 21:20 | コメント (0)

正規表現可能なエディタ「Kate」を Linux Mint - MATE にインストール

Linux Mint - MATE の標準エディタは、「pluma」であるが、どうも評判があまりよくない。と云うことで、「kate」と入れ替えることにした。正規表現の検索・置換機能が標準で搭載されており、エディタとしては高機能の分類に入る。

2016031911:11:14_001.png

「kate」は、"KDE advanced text editor" の略であることから、KDEのエディタであることが分かる。インストールは、端末から以下のコマンドを叩けばよい。

sudo apt install kate language-pack-kde-ja

日本語化のため”language-pack-kde-ja”もインストールする必要があるが、KDE全般の日本語化のようなので、インストールには少々時間がかかる。

admin
カテゴリ:アプリ
2016/03/19 07:35 | コメント (0)

「タイトル+URL」を様々な形式でワンクリックで取得できるChrome拡張機能「TabCopy」

「タイトル+URL」を様々な形式でワンクリックで取得 (クリップボードに自動コピー) できるChrome拡張機能「TabCopy」の紹介。

TabCopy - Chrome ウェブストア

↓ オプション画面で、取得する形式を選択する。様々な形式・・・

  • Condensed
  • Expanded
  • URL
  • Markdown
  • BB code
  • JSON
  • HTML
  • HTML table
  • Custom

が用意されており、選択すればどのような形式で取得できるか”例”が示される。また、取得形式をカスタマイズできる”Custom”も用意されている。

2016031812:46:57_001.png

2016031812:52:36_001.png

2016031812:47:59_001.png

更には、ツールバーのアイコンを・・・
シングルクリック → 現在表示中のページ
ダブルクリック → 現在のウィンドウ内で開かれているすべてのページ
トリプルクリック → すべてのウィンドウ内で開かれているすべてのページ
の「タイトル+URL」が取得できる。

強力なカスタマイズと使い勝手のよさでは、同様の拡張機能の中では一番である。

admin
タグ:chrome
2016/03/18 13:27 | コメント (0)

Linux Mint - MATE 17.3 導入メモ

しばらくの間「Ubuntu 15.10 日本語 Remix」を使用していたが、「Linux Mint - MATE」に乗り換えた。

ホームページ | Linux Mint Japan

2016031711:28:47_001.png

以下に、備忘録として導入メモを置いておく。

インストール後再起動で画面が真っ黒になる

プロセッサ: AMD A8-3520M APU with Radeon(tm) HD Graphics × 4
グラフィック: AMD Radeon HD 6620G

この環境だと、インストール後の再起動で画面が真っ黒になる。この現象は、今に始まったことではない。[Esc] を押しながらのリカバリモードで立ち上げて、「コントロールセンター」→「ドライバマネージャ」で”推奨ドライバ”から”プロプライエタリドライバ”に変更すればよい。 ↓

2016031621:20:48_001.png

関連記事: Linux Mint 17.1 → 17.2 アップデート: Jkun Blog

ファイアウォールを有効にする

sudo ufw enable
sudo ufw default DENY
sudo ufw status

諸々インストール

sudo apt install xxxxxx でインストール
fcitx fcitx-mozc fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 fcitx-ui-classic fcitx-config-gtk mozc-utils-gui: 日本語変換 mozc
dropbox: Dropbox (ソフトウェアマネージャからインストールしたほうが無難)
glipper: クリップボード管理 (自動起動は手動で設定)
redshift redshift-gtk: ブルーライトカット & 輝度調整 / Linux - redshift 導入方法: Jkun Blog
shutter: スクリーンショット撮影 & 編集 / Linux - shutter 編集機能の追加: Jkun Blog
ntp: 時刻サーバー
vim vim-gnome: CUIテキストエディタ
qpdfview: PDFビューワー (ブラウザ連携用)
kate language-pack-kde-ja: GUIテキストエディタ (plumaと置換え)
skype: スカイプ

サイトからパッケージをダウンロードしてインストール
Google Chrome : Chrome ブラウザ
TeamViewer : Linux版TeamViewerの無料ダウンロード

Google Chrome を起動すると「ログインキーリングのパスワードを入力してください」と出る ↓ のを回避する。

2016031620:46:54_001.png

↓ 「パスワードと鍵」をインストールする。 (なぜかプリインストールされていない。)

sudo apt install seahorse

↓ 「パスワードと鍵」を起動する。

2016031621:04:21_001.png

”ログイン”を右クリック → ”パスワードの変更”で、新しいパスワードを”なし”に設定すれば、以降パスワードを聞いてくることはない。

admin
タグ:Linux
2016/03/16 22:06 | コメント (0)

Ubuntu ホームディレクトリの中の標準ディレクトリの名前を英語にする

Ubuntu日本語をインストールすると、ホームディレクトリの中の標準ディレクトリの名前は”日本語”になっている。これを英語にする方法の覚書。

2016031514:20:54_001.png

端末から ↓ のコマンドを叩く。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

すると、↓ のようなダイアログが出るので、”再表示しない”にチェックを入れて、”名前のアップデート”で変更できる。

2016031514:18:48_001.png

変更直後のアイコンは、普通のアイコンであるが、Ubuntu再起動で標準のアイコンになっていることを確認できる。

なお、日本語ディレクトリにファイルが存在すると、その日本語ディレクトリは残骸として残る。また、アプリなどが、日本語ディレクトリにアクセスしても、日本語ディレクトリが復活してしまう。

このような場合は、日本語ディレクトリの必要なファイルを英語ディレクトリに手動で移動して、日本語ディレクトリを空にする。また、日本語ディレクトリにアクセスするアプリの設定を変更する。そして、再度英語にすれば日本語ディレクトリは消える。

ただし、”再表示しない”に設定してあるので、それをキャンセルしないとダイアログは現れない。キャンセルは、端末から ↓ のコマンドを叩く。

xdg-user-dirs-update --force

これで、再度英語にするダイアログが現れる。

admin
タグ:Linux
2016/03/15 14:41 | コメント (0)

Ubuntu vimカスタマイズ「.vimrc」

vimのカスタマイズも概ねこんな感じかなと云うレベルまできたので、覚書として残しておく。

サンプル画面と「.vimrc」の内容は、以下のとおり。

↓ サンプル1 ↓

2016031509:04:42_001.png

↓ サンプル2 ↓

2016031422:34:34_001.png

↓ 「.vimrc」 ↓

" viとの互換性をとらない
set nocompatible
" 文字コード
set encoding=utf-8
" ファイルエンコード
set fileencodings=iso-2022-jp,sjis
" 自動認識させる改行コード
set fileformats=unix,dos
" バックアップをとる
set backup
" バックアップディレクトリ
set backupdir=~/backup
" 検索履歴を50個残す
set history=50
" 検索時に大文字小文字を区別せず
set ignorecase
" 検索語に大文字を混ぜると検索時に大文字を区別
set smartcase
" 検索語にマッチした単語をハイライト
set hlsearch
" インクリメンタルサーチを使う
set incsearch
" 行番号を表示
set number
" 背景色
set background=dark
" 不可視文字を可視化する
set list
" タブ・行末に続くスペース・改行・右はみ出し省略記号・左はみ出し省略記号・ 
set listchars=tab:≫-,trail:-,eol:↲,extends:≫,precedes:≪,nbsp:%
" 括弧入力時に対応する括弧を強調表示
set showmatch
" 構文ごとに色分け表示
syntax on
" カラースキーム
colorscheme molokai
" ウィンドウ幅で行を折り返す
set wrap
" カレント行ハイライト
set cursorline
" カレント行にアンダーラインを引く(color terminal)
highlight CursorLine cterm=underline ctermfg=NONE ctermbg=NONE
" カレント行にアンダーラインを引く(gui)
highlight CursorLine gui=underline guifg=NONE guibg=NONE
" コメントの色を変更
hi Comment ctermfg=gray
" クリップボード連携
set clipboard=unnamedplus
" フォントの設定
set guifont=Monospace\ 13
" 全角空白可視化
function! ZenkakuSpace()
    highlight ZenkakuSpace cterm=reverse ctermfg=DarkMagenta gui=reverse guifg=DarkMagenta
endfunction
if has('syntax')
    augroup ZenkakuSpace
        autocmd!
        autocmd ColorScheme       * call ZenkakuSpace()
        autocmd VimEnter,WinEnter * match ZenkakuSpace / /
    augroup END
    call ZenkakuSpace()
endif
admin
カテゴリ:アプリ
2016/03/14 22:49 | コメント (0)
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ