AdSenseの「関連コンテンツ機能」を導入してみた

今朝メールを確認してみると・・・「[再送] AdSense の関連コンテンツ機能でサイトを成長させましょう」と云うメールが届いていた。見てみると、アドセンスが所謂 ”関連する記事” を表示してくれると云った内容だった。 (確認したら既に同様のメールを受け取っていた。)

関連コンテンツ機能について - AdSense ヘルプ

簡単に説明すると・・・ 関連コンテンツには広告を含めることができる。広告の有無は選択できる。また、1ページあたりのアドセンスの設置個数の制限には関係がない。つまり無制限に設置できる。

ところが、 [歯車アイコン] → [設定] → [アカウント] にある [サイト管理] をクリックすると・・・ ↓ 当ブログのサブドメインは ”利用できません” となっている。トップドメインは ”準備完了” となっているが、トップレベルドメインにはコンテンツは存在しない。

2016033109:46:15_001.png

どうしたものか・・・と思いながらも設置してみたら問題なく表示された。 (※設置コードを生成して15分程度は関連コンテンツは表示されず広告のみ表示される。)

2016-4-3: アカウント内のサイトのリストを管理する - AdSense ヘルプ によれば、トップレベルドメインを指定すればサブドメインも含まれるので、問題はないようである。

パソコンでは以下のようになる。 ↓

2016033109:43:24_001.png

スマホでは以下のようになる。 ↓

Screenshot_2016-03-31-09-48-09.png

パソコン・スマホ、いずれもレスポンシブ対応で設置したので、表示エリアのサイズに応じてレイアウトは変化する。

広告を含めなければ、アドセンスと云うよりも ”関連する記事” のブログパーツと云う感じで利用できるが、当然ながら訪問者が ”広告をブロック” していると表示されない。このへんは頭に入れておいたほうがよいだろう。

admin
カテゴリ:ブログサービス
2016/03/31 10:27 | コメント (0)

Debian GNU/Linux 8.3 (jessie) 導入メモ ~ Cinnamon ~

Debian GNU/Linux 8.3 (jessie) 導入メモ ~ MATE ~: Jkun Blog と云う記事を書いた直後ではあるが、すぐに「 Cinnamon」に入れ替えることにした。

2016033014:23:54_001.png

前と同じような内容になるが、違いも多少あるので備忘録としてメモを残しておくことにした。

インストール対象ノートパソコン
lenovo IdeaPad Z575 129996J / 64bit メモリ8GB
プロセッサ: AMD A8-3520M APU with Radeon(tm) HD Graphics × 4
グラフィック: AMD Radeon HD 6620G

「contrib non-free」リポジトリを使えるようにする

「/etc/apt/sources.list」を編集する。

su
gedit /etc/apt/sources.list
# deb cdrom:[Debian GNU/Linux 8.3.0 _Jessie_ - Official Multi-architecture amd64/i386 NETINST #1 20160123-22:16]/ jessie main

#deb cdrom:[Debian GNU/Linux 8.3.0 _Jessie_ - Official Multi-architecture amd64/i386 NETINST #1 20160123-22:16]/ jessie main

deb http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ jessie main contrib non-free
deb-src http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ jessie main contrib non-free

deb http://security.debian.org/ jessie/updates main contrib non-free
deb-src http://security.debian.org/ jessie/updates main contrib non-free

# jessie-updates, previously known as 'volatile'
deb http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ jessie-updates main contrib non-free
deb-src http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ jessie-updates main contrib non-free

「contrib non-free」を後ろに追加する。

ドライバのインストール

実装ハードウェア調査コマンド「lshw」をインストールする。このコマンドが吐き出す情報を頼りに、インストールするドライバを調査する。

su
apt-get install lshw

無線LAN Ralink wireless cards ドライバをインストールする。

su
apt-get install firmware-ralink

ディスプレイ ATI/AMD RadeonHD display ドライバをインストールする。

su
apt-get install fglrx-driver
aticonfig --initial

ファイアウォール設定

su
apt-get install ufw

ufw enable
ufw default DENY
ufw status

TeamViewerのインストール

パッケージをダウンロードして・・・

cd ダウンロードディレクトリ
su
dpkg --add-architecture i386
apt-get update
dpkg -i --force-depends teamviewer_xx.x.xxxxx_i386.deb

fcitx-mozc 日本語変換インストール

不要なパッケージはアンインストールする。

apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 fcitx-ui-classic fcitx-config-gtk mozc-utils-gui

諸々インストールする

Chrome: ブラウザ
nautilus-dropbox: Dropbox
ntp: 時計サーバー
redshift gtk-redshift: ブルーライトカット & 輝度調整 (自動起動は手動設定で [redshift-gtk] )
shutter: スクリーンショット撮影 & 編集
gparted: パーティション編集 (追加あり?)
qpdfview: PDFビューワー (デフォルトにする)
glipper: クリップボード管理
rsync: 同期
seahorse: パスワードと鍵

その他

自動ログインを有効にするには、 [/etc/lightdm/lightdm.conf] を 編集する。

su
gedit /etc/lightdm/lightdm.conf
[SeatDefaults]
autologin-user=ユーザ名
autologin-user-timeout=0

[SeatDefaults] を検索して、上の2行を追加する。

概ねこんな感じで環境が整った。やはり、「MATE」より洗練された環境である。当面この「Cinnamon」をメインにするつもりだ。

admin
タグ:Linux
2016/03/30 14:37 | コメント (0)

Debian GNU/Linux 8.3 (jessie) 導入メモ ~ MATE ~

今まで、UbuntuやUbuntu派生ディストリビューション、或いはSolydXなどDebian派生ディストリビューションを利用してきたが、そもそも大本はUbuntuを含めてすべてDebianである。そこで、今回本家大本のDebianをインストールすることにした。

2016033006:48:01_001.png

今回インストールしたDebianのディスクトップ環境は、「MATE」である。実は、この前に「Xfce」をインストールしてみたが、インジケーターのボリュームミキサーの認識がどうしてもNG (音は出る) と云うことで諦めた経緯がある。

とりあえず、「MATE」での環境整備が終わったので、以下備忘録としてメモを残しておくことにした。

インストール対象ノートパソコン
lenovo IdeaPad Z575 129996J / 64bit メモリ8GB
プロセッサ: AMD A8-3520M APU with Radeon(tm) HD Graphics × 4
グラフィック: AMD Radeon HD 6620G

「contrib non-free」リポジトリを使えるようにする

ファイル編集に「gedit」を利用したいので事前にインストールしておく。

su
apt-get install gedit

「/etc/apt/sources.list」を編集する。

su
gedit /etc/apt/sources.list
# deb cdrom:[Debian GNU/Linux 8.3.0 _Jessie_ - Official Multi-architecture amd64/i386 NETINST #1 20160123-22:16]/ jessie main

#deb cdrom:[Debian GNU/Linux 8.3.0 _Jessie_ - Official Multi-architecture amd64/i386 NETINST #1 20160123-22:16]/ jessie main

deb http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ jessie main contrib non-free
deb-src http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ jessie main contrib non-free

deb http://security.debian.org/ jessie/updates main contrib non-free
deb-src http://security.debian.org/ jessie/updates main contrib non-free

# jessie-updates, previously known as 'volatile'
deb http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ jessie-updates main contrib non-free
deb-src http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ jessie-updates main contrib non-free

「contrib non-free」を後ろに追加する。

ドライバのインストール

実装ハードウェア調査コマンド「lshw」をインストールする。このコマンドが吐き出す情報を頼りに、インストールするドライバを調査する。

su
apt-get install lshw

無線LAN Ralink wireless cards ドライバをインストールする。

su
apt-get install firmware-ralink

ディスプレイ ATI/AMD RadeonHD display ドライバをインストールする。

su
apt-get install fglrx-driver
aticonfig --initial

ファイアウォール設定

su
apt-get install ufw

ufw enable
ufw default DENY
ufw status

Dropboxのインストール

今回は、Synapticパッケージマネージャからインストール。

Chromeのインストール

パッケージをダウンロードして・・・

cd ダウンロードディレクトリ
su
dpkg -i --force-depends google-chrome-stable_current_amd64.deb

TeamViewerのインストール

パッケージをダウンロードして・・・

cd ダウンロードディレクトリ
su
dpkg --add-architecture i386
apt-get update
dpkg -i --force-depends teamviewer_xx.x.xxxxx_i386.deb

fcitx-mozc 日本語変換インストール

不要なパッケージはアンインストールする。

apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 fcitx-ui-classic fcitx-config-gtk mozc-utils-gui

諸々インストールする

ntp: 時計サーバー
gedit: エディタ
redshift gtk-redshift: ブルーライトカット & 輝度調整 (自動起動は手動設定で [redshift-gtk] )
shutter: スクリーンショット撮影 & 編集
gparted: パーティション編集
qpdfview: PDFビューワー (デフォルトにする)
glipper: クリップボード管理 (自動起動は手動設定で [glipper] )
gnome-system-monitor: システムモニタ
dconf-editor: カスタマイズ
rsync: 同期

その他

デスクトップのアイコンを削除するには、 [dconf-editor] をインストール・起動して → 左項目で org - mate - caja - desktop の順に選択し、右項目の visible を含む項目のチェックを外す。

自動ログインを有効にするには、 [/etc/lightdm/lightdm.conf] を 編集する。

su
gedit /etc/lightdm/lightdm.conf
[SeatDefaults]
autologin-user=ユーザ名
autologin-user-timeout=0

[SeatDefaults] を検索して、上の2行を追加する。

概ねこんな感じで環境が整った。インストール直後は、無線LANが認識しない、画面解像度が1024x768以外選択できない、などの問題があり、ドライバ回りの設定にかなりの時間を要した。ドライバパッケージをいかに的確に見つけるかである。

Debian GNU/Linux 8.3 (jessie) 導入メモ ~ Cinnamon ~: Jkun Blog

admin
タグ:Linux
2016/03/30 09:33 | コメント (0)

Dailymotion で動画が見れない場合の対処方法

最近、Dailymotion で再生できたり、できなかったり、不安定なので原因を試行錯誤して調べてみた。どうも・・・広告除去の拡張機能が影響しているようである。

↓ 再生できない。ロード中のままダンマリになる。

2016032716:56:31_001.png

↓ Adblock系の拡張機能を無効にして、更新ボタンを押せば・・・再生される。

2016032716:57:04_001.png

今回は、Chromeで検証を試みたが、他のブラウザでも同様ではないかと思われる。

↑ なお、Adblock系の拡張機能を無効にしても、Disconnect - Chrome ウェブストア で不要な通信を遮断しているので、広告は非表示となる。

※2016-11-25: Dailymotion で広告を除去するChrome/Firefox拡張機能は?: Jkun Blog

admin
2016/03/27 17:10 | コメント (0)

SolydX に「Miguフォント」をインストール

SolydX (Debian派生ディストリビューション) に、きれいなフォントの定番である M+とIPAの合成フォント の中にある、Miguフォント : M+とIPAの合成フォント をインストールしてみた。

既存のフォントでも十分きれいであるが、カスタマイズの意味合いも込めて導入したワケである。以下、実際に表示した事例である。クリックすれば、原寸サイズで表示。

Migu 1C
2016032620:49:10_001.png

Migu 1M
2016032620:49:41_001.png

Migu 1P
2016032620:50:12_001.png

Migu 2M
2016032620:50:37_001.png

導入方法は非常に簡単で、ダウンロードしたファイルを階層構造を保持したまま解凍して、 [~/.fonts/] にコピーするだけである。 ↓
フォントファイル以外は無視されるので、そのままコピーしても問題はない。

2016032621:23:15_001.png

最後に、フォントのキャッシュを更新するために、端末から・・・

fc-cache -f -v

と叩けば利用可能になる。

admin
2016/03/26 21:31 | コメント (0)

Debian派生Linuxディストリビューション「SolydX:solydx_8_64_201602_ja」導入メモ

先日、Debian派生Linuxディストリビューション「SolydX:solydx_ee_9_64_201602_ja」導入メモ: Jkun Blog と云う記事を書いたが、「testing ベース Enthusiast’s Editions」ということもあり、不具合が散見される。致命的ではないが、やはり安定版を入れたほうが無難だと考え、「solydx_8_64_201602_ja.iso」に入れ替えることにした。

リリース SolydX 日本語 ISO 201602 (201601 ベース) - SolydXK / 日本語 ISO - OSDN

2016032423:00:10_001.png

以下に、備忘録として導入メモを残しておく。

インストール対象ノートパソコン仕様

プロセッサ: AMD A8-3520M APU with Radeon(tm) HD Graphics × 4
グラフィック: AMD Radeon HD 6620G

諸々インストール

sudo apt install xxxxxx でインストール
dropbox: Dropbox (ソフトウェアの管理からインストールしたほうが無難)
redshift gtk-redshift: ブルーライトカット & 輝度調整 / Linux - redshift 導入方法: Jkun Blog
※2016-9-1: 自動起動は手動で設定する必要あり。 [redshift-gtk] を起動する。
shutter: スクリーンショット撮影 & 編集
gparted: パーティション編集
qpdfview: PDFビューワー (ブラウザ連携用)
medit: テキストエディタ

サイトからパッケージをダウンロードしてインストール
Google Chrome : Chrome ブラウザ
TeamViewer : Linux版TeamViewerの無料ダウンロード

問題点対処

音量調整できない
パネルの音量インジケーターを [右クリック] → [プロパティ] で設定を色々変更して調整する必要あり。
ショートカットキーに音量調整コマンドを割りつけるなら・・・
音量ダウン: amixer sset Master 5%-
音量アップ: amixer sset Master 5%+
音量ミュート: amixer sset Master 100%-

デフォルトクリップボード管理のclipmanの履歴呼び出しの設定
ショートカットキーに以下のコマンドを割りつけて対応する。
xfce4-popup-clipman

ハングルが文字化けする
ソフトウェアの管理で「fonts-unfonts-kore」をインストールする。
他にも文字化けがあれば、必要に応じてフォントをインストールすればよい。

「solydx_ee_9_64_201602_ja」 → 「solydx_8_64_201602_ja」
「Software & Updates」が動作しない。 → 正常に動作する。
まともに動作する「USBイメージライタ」がない。 → 正常に動作する「USB Creator」がインストールされている。

やはり安定版のほうが安心して使える。

※2016-9-2: Debian派生Linuxディストリビューション「SolydX:solydx_8_64_201606_ja」導入メモ: Jkun Blog

admin
タグ:Linux
2016/03/24 23:36 | コメント (0)

不要クッキーを自動削除するChrome拡張機能「Vanilla Cookie Manager」

ブラウザのクッキーには、ログイン情報が格納されているので、すべて削除と云う分けにはいかない。頻繁にアクセスするサイトのクッキーを削除すると、再ログインの必要が出てくる。ただ、不要なクッキーは残しておきたくないと考えるユーザーも多いはずだ。そんな要求に応えるのが、今回紹介する拡張機能である。

Vanilla Cookie Manager - Chrome ウェブストア

この拡張機能は、ホワイトリストに削除したくないクッキーを登録しておいて、Chrome起動時か経過時間でクッキーを自動削除するものである。なお、ホワイトリストに登録するサイトのドメインは、ワイルドカードが使用できる。

↓ オプション画面 抜粋: ホワイトリスに登録する。 (※ツールバーのアイコンから登録したほうが確実 ⇓)

2016032409:26:57_001.png

↓ オプション画面 抜粋: 30分間使用しないクッキーは自動削除する。

2016032320:14:09_001.png

↓ ツールバーのアイコンをクリックすれば、見ているサイトのホワイトリストへの登録や、時間経過に関係なく不要クッキーの削除が行える。

2016032408:46:24_001.png

特にユーザーがアクションを起こす必要がないので、利便性は最高である。

admin
タグ:chrome
2016/03/23 20:38 | コメント (0)

すべてのタブを一発で閉じるChrome拡張機能「Close All & Clean」

ボタン一発ワンクリック! 設定した条件で「すべてのタブを閉じて」「様々な履歴を削除」するChrome拡張機能の紹介。

Close All & Clean

↓ ツールバーのアイコンをクリックして実行する。

2016032317:18:22_001.png

↓ 強力なカスタマイズが提供されている。

2016032317:17:11_001.png

見ているページを含めて、すべてのタブを閉じる。そして、新しいタブを開く。

新しいタブから素早くアクセスChrome拡張機能「Speed Dial 2」: Jkun Blog

↑ の拡張機能を導入すると、どうしても実現したくなるので探してみた。タブがいっぱい開いた状態で、スピードダイヤルだけ開いて、あとはすべて閉じたい・・・と云うことである。

この拡張機能は、すべてのタブを閉じる際に条件が設定できる。「すべてのタブを閉じる」「ピン留めタブは除外してすべてのタブを閉じる」そして「見ているページは閉じない」「Chromeは終了しない、つまり新しいタブを開く」「確認を求める」の選択が可能。

タブを閉じたあとには、「キャッシュの削除」「クッキーの削除」など様々な項目の削除が行える。更には、削除対象期間の指定も可能。

カスタマイズは強力であり、ボタン一発で自分が設定した初期状態にできる。これは使える。

admin
タグ:chrome
2016/03/23 17:49 | コメント (0)

新しいタブから素早くアクセスChrome拡張機能「Speed Dial 2」

Operaブラウザにはじめて搭載された?所謂スピードダイヤルであるが、今やその必要性が浸透して様々なブラウザに採用されている。特に、ノートパソコンなど表示エリアが狭い場合、ブックマークバーを非表示にするなどの対策を講じるが、その場合に役立つのがスピードダイヤルである。

今回は、数多あるスピードダイヤル拡張機能の中でも「使い勝手がシンプル」で「強力なカスタマイズを備える」拡張機能を紹介する。

Speed Dial 2 - Chrome ウェブストア

↓ 新しいタブを開くとスピードダイヤルが現れる。ブックマークをグループ分けして管理できる。

2016032311:26:05_001.png

↓ 右サイドバーから [アプリ] [ブックマーク (Chrome標準の)] [最近閉じたタブ] に簡単にアクセスできる。

2016032311:26:26_001.png

↓ オプションでは強力なカスタマイズを備える。

2016032308:31:31_001.png

↓ 登録は、ツールバーのアイコンをクリックして、登録したいグループを選択する。

2016032311:44:33_001.png

↓ ツールバーのアイコンを右クリックすれば、更に「開いているすべてのタブページ (Add all opened pages)」を登録することも可能。

2016032313:55:53_001.png

↓ また、右クリック (コンテキストメニュー) から「見ているページ」か「開いているすべてのタブページ」を選択して登録することも可能。

2016032308:47:39_001.png

↓ 統計情報では、閲覧回数の多いウェブサイトが円グラフで確認できる。

2016032316:59:45_001.png

↓ サムネイル画像を好みの画像に置き換えれば更に見やすくなるだろう。

2016032409:36:45_001.png

クラウドを利用した同期機能は有償となるが、エクスポート/インポート機能があるので復元は簡単に行える。

admin
タグ:chrome
2016/03/23 09:04 | コメント (0)

新しいタブをメモ帳にするChrome拡張機能「Papier」

新しいタブをメモ帳にするChrome拡張機能「Papier」の紹介。

Papier - Chrome ウェブストア

とにかくシンプル。新しいタブを開いて書くだけ。超シンプルなメモ帳と云ったところだ。

2016032219:05:06_001.png

クリップボードの内容の貼り付け、そして簡単な文字装飾も可能。

  • [Ctrl] + [b] → 太字
  • [Ctrl] + [u] → 下線
  • [Ctrl] + [i] → 斜め
  • [Ctrl] + [Shift] + [s] → 打ち消し

※上記装飾の組み合わせも可能。例えば、”太字”+”下線”とか・・・。
上記キー押下で以降その装飾が有効。再押下で取り消し。範囲選択にも対応している。

admin
タグ:chrome
2016/03/22 19:28 | コメント (0)
カテゴリ
PR
最近のコメント
2017-10-25 管理人
翻訳URL Google と Bing
2017-10-25 石川通隆
翻訳URL Google と Bing
2017-10-15 管理人
人参の ”おじや”
2017-10-15 石川通隆
人参の ”おじや”
※ご質問等、管理人の返信が必要な場合は、その旨お書きください。
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
筆者プロフィール