Facebookの意地悪!?

次のような記事を見つけた。

Facebookが特定の文字列「tsu.co」を、MessengerやInstagramを含む自社のプラットフォームで投稿できないようにしていることが判明しました。米メディアCNNが報じています。

Tsūは広告収入のうち45%をユーザーに還元する仕組みとなっており、記事を投稿するだけで稼げることから、Facebook上でTsūへの勧誘を行う投稿が雨後の筍のように広がり、複数のユーザーからスパムだとの報告が運営に寄せられたという経緯があります。

Facebookで決して投稿できない文字列がある - iPhone Mania

筆者も実際にFacebookで試してみた。

122520847719_703d3162f0_o.png

なるほど、確かにブロックされている。

しかしながら、文言がいけない。「セキュリティシステムが、シェアしようとしているコンテンツに安全ではないリンクが含まれていることを検知しました。」とあるが、セキュリティに問題があるサイトと云うワケではなく、多くのユーザーが収益のために誘導しているだけのことである。意味もなくリンクを貼れば、そのユーザーは信頼を失うだけのことであり、Facebookがわざわざブロックするほどのことか?と思いたくもなる。

いずれにしても、”他のSNSの収益確保にFacebookが利用されている”と、Facebook自身が思っていて、それが嫌でたまらないのであろう。Facebookの意地悪と考えるユーザーも多いのではないか!?

因みに、この記事もFacebookにブロックされてしまった。 ↓

222495204017_90aa5c6a3c_o.png

メッセージ内容が意味不明なのが笑える。完全に誤魔化している。

admin
カテゴリ:ウェブサービス
タグ:Facebook
2015/11/10 14:36 | コメント (0)

Windows 10 スタートメニューの「おすすめ」を非表示にする方法

Windows 10 のスタートメニューに「おすすめ」が表示 ↓ され、鬱陶しいと感じるユーザーも多いだろう。

122515319729_e29bbcfe4d_o.png

この「おすすめ」を非表示にしたい場合は、表示されたアプリを右クリックする。

222894026212_5ce8976299_o.png

すると・・・ ↑

  • このおすすめを表示しない
  • すべてのおすすめを無効にする

という選択肢が現れるので、どちらか一方を選択する。筆者の場合は、「おすすめ」は”大きなお世話”と考えているので、「すべてのおすすめを無効にする」を選択した。続いて、 ↓ のようなパーソナル設定画面に遷移するので・・・

322515479779_3c7e84683a_o.png

「□ときどきスタート画面におすすめを表示する」をオフにすればよい。

この「おすすめ」・・・おすすめではなく、単なる広告の類ではないかと思われるのだが・・・。

admin
タグ:Windows
2015/11/10 08:44 | コメント (0)

対処方法「重大なエラー スタートメニューとcortanaが動作していません。次回サインインに修復を試みます。」

知り合いの方から、SOSが入って対応したので、その覚書。

Windows 8 → Windows 10 アップグレード (デスクトップパソコン) した環境で、サインインした後に以下のアラートが出現して、タスクバーが正常に動作しなくなった。当然、スタートメニューも動作NG。

重大なエラー スタートメニューとcortanaが動作していません。次回サインインに修復を試みます。

22477293798_ed2aab2221_o.jpg

電源長押しでパソコンを強制終了。 → 同じ現象が発生。
電源長押しでパソコンを強制終了、更に電源コードを一旦引っこ抜く。 → 正常に起動。

※ノートパソコンの場合は、電源コードを引っこ抜いた状態で、更にバッテリーを一旦取外す必要があると思われる。

Windows 10 にて同様の現象でお困りの方は試してみる価値はあるかと・・・。

2016-2-19: 追記
同じ知り合いから、現象再発の連絡あり。LINE会話で対応。

今回は、先に紹介した方法では解決できず。そこで、”旧Windows時代”にお世話になった、”セーフモード”で立ち上げることにした。電源投入時に [F2] キーを押しながら立ち上げれば、様々な立ち上げモードの選択が行える。今回は、”セーフモード”と云う文言は表示されなかったようだが、”ドライバ云々・・・アプリ云々・・・”と云う選択肢があったので、それを選択して画面の指示に従って立ち上げを試みてもらった。かなり時間はかかったが、正常に立ち上がるようになったとのこと。

admin
2015/11/09 21:44 | コメント (0)

Firefox Windows向け64bit版 正式リリース

2015年11月3日に公開されたFirefox 42.0では、Windows向けの64bit版が提供されている。64bit版は42.0以前でもビルドされていたが、ベータバージョンまでの公開だった。なお、公式サーバーで公開されているものの、64bit版は正式にはアナウンスされていない。

今後 (バージョン 42.0 以降) は、正式にリリースされるものと思われる。 (Windows版のみ)

Directory Listing: /pub/firefox/releases/42.0/

22213556383_59437a0cd4_o.png

「https://archive.mozilla.org/pub/firefox/releases/42.0/」

各バージョンは、アドレスバーのバージョンの部分を変更してアクセスすればよい。

2015-12-16 追記
Firefox 43 より正式に64bit版がリリースされた。
Web ブラウザ Mozilla Firefox − 各国語版の Firefox をダウンロード − Mozilla

2016-10-19 追記
64bit版 Firefox & Chrome のダウンロードの案内: Jkun Blog

admin
カテゴリ:ブラウザ
タグ:Windows Firefox
2015/11/07 07:28 | コメント (0)

テキスト選択でコピー・ホイールクリックで貼り付け「AutoClipX」

”コピー&ペースト”作業を効率化できるフリーソフトの紹介。マウスのドラッグ操作で文字列を選択するだけで、クリップボードへ選択文字列をコピーしてくれる。初期状態では、マウスのミドルボタン (ホイール) のクリックで任意の位置にペーストできるようになっている。

AutoClipX | 12Bytes.org

Vector 新着ソフトレビュー 「AutoClipX」 - マウスドラッグで選択するだけで、文字列をクリップボードにコピーできる

インストール後の初回起動で ↓ のようなアラートが出現する場合は、インストールフォルダに手動で”config”と云うフォルダを作成する。

122198672453_ab9ffe82dd_o.png

Windows起動時に、自動起動するように設定するには、設定画面の・・・

222830999021_9d3dac5f9c_o.png

□Start AutoClipX when Windows start

にチェックを入れる。その他、設定画面にあるように、強力なカスタマイズが用意されている。

筆者の環境は、Windows 10 であるが、正常に動作することを確認した。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:Windows
2015/11/06 15:55 | コメント (6)

Googleはやはり現代の○○「Smart Reply」に少し物申す

Googleは、メールサービス「Inbox」に機械学習による返信文提示機能「Smart Reply」を搭載 (2015-11-5 時点では英語版のみ) すると発表した。今週中にもスマホに提供を開始するようだ。受信メールの内容を解析して返信候補を提示するらしい。

22424072469_c1db067faa_o.png

筆者はすぐに思った。機械的にメール内容を解析するのは合法的なのかと云うことである。これまでいろいろ議論はあったが、法的に問題を指摘されたようなことはない?つまり、Googleの確立した広告業が、個人情報保護の法の穴を付いたワケである。

筆者は、Google依存は少し考えたほうがいいかもしれないと考え、一時期Googleサービスをすべて他のサービスに置き換えたことがある。 (GoogleからZohoへ乗り換え: Jkun Blog) しかしながら・・・何度もGoogle脱却を試みたが、過去すべて撃沈。Googleはやはり現代の○○であった。

admin
カテゴリ:トピックス
タグ:WEBメール
2015/11/05 18:39 | コメント (0)

OneDrive 実質30GBから5GBに縮小(無料プラン)

OneDrive (マイクロソフトのサービス) の容量、無料プランは実質30GBから5GBに縮小される。

既に使用容量が5GBを超過しているユーザーには通知がある。通知から90日を経過しても使用容量を超過している場合は、ダウンロード専用となる。アクセスできるのは9か月間。9か月を経過するとアカウントがロックされ、ユーザーからのコンタクトがなければ1年後にデータが削除される。

22583588730_baa4133dcc_o.png

筆者は、Windows 10 アップグレード時に、 Dropbox から OneDrive へ乗り換え Windows 10: Jkun Blog と云う記事を書いたが、現在ではDropboxに戻っている。無料容量は多くないものの、Linux環境でも簡単に利用できるのは筆者にとってのメリットは大きい。実際バックアップしている容量も100MB以下なので何ら問題はない。

いずれにしても、OneDrive利用ユーザーは注意する必要がありそうだ。

admin
カテゴリ:ウェブサービス
2015/11/04 16:13 | コメント (0)

Vivaldi 正式に拡張機能が利用できるベータバージョンをリリース

拡張機能が正式に利用可能になった「Vivaldi 1.0.303.52 (Beta)」がリリースされた。

友人たちのための新しいブラウザ – Vivaldi

122143507104_40bd4120f0_o.png

222778442361_aa2c0a002c_o.png

以前から拡張機能の利用はできたが、ツールバーにアイコンが表示されないため、その利用は限定的であった。今回、リリースされたベータバージョンでは、ツールバーに拡張機能のアイコンが表示される。よって、何ら不都合なく拡張機能が利用できるようになった。しかしながら、アイコンの並び順序の変更はできない。

拡張機能が利用できるようになったことから、常用ブラウザとしても利用可能なレベルではないかと。ただ、細かい不具合も見受けられるため、今後の正式リリースに期待したい。

admin
カテゴリ:ブラウザ
タグ:VIVALDI
2015/11/04 11:58 | コメント (0)

Firefoxで閲覧ページだけにfont-familyを強制的に反映する方法

Firefoxにおいて閲覧ページだけにfont-familyを強制的に反映する方法について解説する。

Firefoxにはユーザースタイルシートを設定する便利なアドオン Stylish :: Add-ons for Firefox がある。通常、閲覧ページすべてにfont-familyを強制的に反映する場合は、以下のように設定する。

* {
  font-family: xxxxxxxx !important;
}

しかしながら、この設定では、ツールバーのフォントにも影響が及び、機種依存文字を利用しているアドオンでは文字化けする場合がある。これを回避するためには、「*」部分を「html, body」とかにすればよいが、これでは設定したfont-familyが反映されないサイトが多々出てくる。

そこで、以下のようにユーザースタイルシートを設定する。http / https の2とおり。 ( ↓ 指定font-familyなどは単なる例である。)

122693442625_f224a1a8c9_o.png

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document url-prefix("http://") {
* {
  font-family: "Yu Gothic UI" !important;
  font-weight: bold !important;
}
}

222704670381_e06c0998aa_o.png

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document url-prefix("https://") {
* {
  font-family: "Yu Gothic UI" !important;
  font-weight: bold !important;
}
}

これにより、ツールバーのフォントに影響を与えずに、閲覧ページすべてにfont-familyを強制的に反映することができる。

admin
2015/11/02 10:39 | コメント (0)

Stylishデータを自動同期するFirefoxアドオン「Stylish Sync」

Firefoxでユーザースタイルシートを使用するなら、定番アドオンは Stylish :: Add-ons for Firefox だろう。しかしながら、何故かこのアドオンには、設定したスタイルシートのバックアップ/リストア (エクスポート/インポート) 機能が用意されていない。手動でバックアップを取っても大した作業ではないが、できるなら簡単に行いたいものである。

これを実現するのが、 Stylish Sync :: Add-ons for Firefox である。

22688543455_de8e8241ba_o.png

手動でのバックアップ/リストアはもちろんのこと、設定で次の機能もサポートしている。

  • 複数のFirefox間でStylishのデータを更新したら”すぐに”同期するか
  • Stylishの設定を同期するか
  • Stylishのデータをプロファイルフォルダにある”stylishsync”フォルダ内に自動でバックアップするか

などを指定できる。

参考ページ:stylishsync - README.wiki

自動でバックアップや同期が可能なので、重宝するアドオン間違いなしである。

admin
タグ:Firefox
2015/11/02 07:51 | コメント (0)
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ