Firefoxアドオンの設定画面を素早く呼び出すアドオン「Extension Options Menu」

Firefoxアドオンの設定画面を素早く呼び出すアドオン「Extension Options Menu」の紹介。

Extension Options Menu :: Add-ons for Firefox

119476333772_4c79145660_o.png

ツールバーのアイコンをクリックすると、アドオン一覧 ↑ が表示される。設定画面を呼び出したいアドオンをクリックすれば、 ↓ のように設定画面 (ex. Extension Options Menu) が表示される。

219295116168_b8b26baa49_o.png

カスタマイズが一段落すればあまり必要としないかもしれないが、設定画面の呼び出しが簡単に行えるのは便利である。

admin
タグ:Firefox
2015/07/07 11:16 | コメント (0)

Windowsリカバリ 失敗談 その2

先日、「Windows 10 Insider Preview」をWindows 7 からアップグレードする形態で試してみた。何故なら、7月29日の正式リリース後も、正式のWindows 10 として認められるからだ。当初は、isoファイルで空きのパーティションにインストールしたが、それだと正式なWindows 10 でなくなる。

このWindows 7 からのアップグレードで、Windows 7 へ戻す可能性は大いにあり得るので、以下のフリーソフトを使ってWindows 7 のシステムドライブのバックアップを取っておいた。

EaseUS Todo Backup Free - 完璧な無料データバックアップソフト

18839508394_76a000b7e5_o.png

そして、案の定・・・Windows 7 に戻すハメになったワケであるが、ここで大問題が発生する。なんと!リストアができない。アラートの内容から、どうも前のOSが入っていないパーティションに復元しようとしているのでダメだと云うことらしい。よく考えるともっともな話である。OSを関係ない場所に復元できてしまえば、無限にOSの複製が可能になってしまう。所謂海賊版の横行である。

それはそうとして、復元できないためにWindows 7 を工場出荷時の状態に戻すハメに。無駄な時間を費やしてしまった。特に、Windows Update は長時間を要するので、非常に悩ましいところである。

Windowsリカバリ 失敗談 その1: Jkun Blog
Windowsリカバリ 失敗談 その2: Jkun Blog

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:Windows
2015/07/06 18:59 | コメント (0)

SAKURAサーバーのWWWなしリダイレクトと独自ドメインリダイレクト

SAKURAサーバーでは、”WWWあり”と”WWWなし”の両方が混在するマルチドメインが一般的である。これを”WWWあり”から”WWWなし”へリダイレクトさせる。

また、初期ドメインを独自ドメインへリダイレクトさせる。

利用するのは、”.htaccess”である。テキストエディタで、以下の内容のテキストファイルを作成して、”.htaccess”と名前をつけて保存する。そして、サーバー側の”WWW”ディレクトリ (通常、index.html が置かれている) へ転送する。

”.htaccess” の内容

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.jkunblog\.com)(:80)?
RewriteRule (.*) http://jkunblog.com/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.)?jkun\.sakura\.ne\.jp$ [NC]
RewriteRule .* http://jkunblog.com%{REQUEST_URI} [R=301,L]

上記の例では・・・
http://www.jkunblog.comhttp://jkunblog.com へリダイレクト
http://jkun.sakura.ne.jphttp://jkunblog.com へリダイレクト
する。

admin
カテゴリ:SEO
2015/07/04 19:57 | コメント (0)

さくらのブログ (Seesaaブログ) にアドセンスを設置する方法

さくらのブログ (Seesaaブログ) にアドセンスを設置する方法に関するメモ。

基本的には、”デザイン> PC> コンテンツ”でアドセンスを設置したい場所に、”自由形式コンテンツ”を追加してアドセンスのコードを貼り付けるだけでよい。

ただ、記事下のように、”自由形式コンテンツ”では指定できないレイアウトの場合は、HTML編集をしなければならない。

PC 記事下 (記事直下) に設置する

”デザイン> PC> コンテンツ”の”記事コンテンツ”を編集する。

118775237494_031f48c4ba_o.png

”記事コンテンツ”をクリックすると、ポップアップ画面が表示される。更に、右上の”コンテンツHTML編集”をクリックすると記事部分のHTMLコードが表示されるので、以下のように編集する。

<div class="blog">

<!--
<rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
         xmlns:Trackback="http://madskills.com/public/xml/rss/module/Trackback/"
         xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
<rdf:Description
    rdf:about="<% article.page_url | xml %>"
    trackback:ping="<% article.tb_url | xml %>"
    dc:title="<% article.subject | remove_emoji | nl2br | tag_strip | xml | inside_comment %>"
    dc:identifier="<% article.page_url | xml %>"
    dc:description="<% article.get_excerpt | nl2br | tag_strip | xml | inside_comment | text_summary(240) %>"
    dc:creator="<% article.nickname | nl2br | tag_strip | xml | inside_comment %>"
    dc:subject="<% article_category.name | nl2br | tag_strip | xml | inside_comment %>"
    dc:date="<% article.createstamp | date_format("%Y-%m-%dT%H:%M:%S+09:00") %>"
/>
</rdf:RDF>
-->
<% if:with_date %><h2 class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></h2><% /if %>
<div class="blogbody">
<h3 class="title"><a href="<% article.page_url %>" class="title"><% article.subject %></a></h3>
<% if:page_name eq 'article' -%>
<div class="text"><% if:diet_log %><% include:article_diet_file %><% /if %><% article.entire_body | bodyfilter(article_info,blog) %>


<!-- アドセンス記事下 -->
<div style="clear: both;padding-bottom:20px;"></div>

<div style='margin:0;padding:20px 0 20px 0;border-top:dotted 1px #333;border-bottom:dotted 1px #333;'>

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- レクタングル中05 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
     data-ad-client="ca-pub-4276491656474968"
     data-ad-slot="1279016184"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

</div>


<% if:list_tag %><div class="tag-word">タグ:<% loop:list_tag %><a href="<% blog.tag_url(tag) %>"><% tag.word %></a> <% /loop %></div><% /if %>
<% else -%>
<div class="text"><% if:diet_log %><% include:article_diet_file %><% /if %><% article.first_body | bodyfilter(article_info,blog) %><% if:list_tag %><div class="tag-word">タグ:<% loop:list_tag %><a href="<% blog.tag_url(tag) %>"><% tag.word %></a> <% /loop %></div><% /if %>
<% /if -%>

↑の先頭の「<div class="blog">」は、ブラウザの検索機能を利用すればすぐに見つかるだろう。細かい体裁はお好みでどうぞ。

今回は、個別記事の記事内容の直下 (タグ表示の上) に表示する。

「<% if:page_name eq 'article' -%>」この部分が個別記事か?と云うコードなので、この if文 の下のタグ表示部分の直前にアドセンスコードを挿入する。

スマホ 記事下に設置する

スマホの場合は、”記事コンテンツ”のHTML編集はできない。

219372062966_551d905530_o.png

そこで、”記事コンテンツ”をクリックして・・・

318777618623_11bfa9fd90_o.png

”挿入テキスト(下部)”にアドセンスコードを貼り付ける。

当然ではあるが、記事部分のコンテンツの下に表示される。個別記事以外でも表示されるが、記事のタイトル一覧が表示された下に表示される。

個別記事以外 (トップ etc)

419402563491_d845986edd_o.png

個別記事

519210973120_f8b84f040e_o.png

スマホの場合のカスタマイズは限られているが、設置場所としては無難なところだ。

2015-7-15
コンテンツのないページにアドセンスを設置することは許可されていない。よって、スマホの場合のアドセンスも同様の処置をする必要がある。具体的には、アドセンスコードを「自由形式コンテンツ」に書いて、 ↓ の記事 (さくらのブログでアドセンスの注意事項=>PCレイアウト用の記事ではあるがスマホでも同様) を参考に個別記事のみ (”記事”以外のチェックをすべて外す) アドセンスを表示するよう設定変更すればよい。

さくらのブログでアドセンスの注意事項: Jkun Blog

admin
カテゴリ:ブログサービス
2015/07/04 14:29 | コメント (0)

「Windows Live Writer」で さくらのブログ (Seesaaブログ) に投稿する

さくらのブログ (Seesaaブログ) をウェブから投稿・編集するのは、記事が長くなると使い辛い。そこで、マイクロソフトが無償で提供しているお馴染みのブログエディタ「Windows Live Writer」を使用して投稿・編集することにした。

19375945485_cd48059a19_o.png

Windows Live Writer の設定

ブログアカウントの追加
どのブログサービスを使いますか : その他のサービス
ブログアカウントの追加 :
ブログのWebアドレス - http://jkun.sblo.jp/
ユーザー名 - jkun.sakura.ne.jp
パスワード -  ここで 設定したパスワード を入力する
ブログ種類の選択 :
使用するブログの種類 - Movable Type API
ブログのリモート投稿用のWebアドレス - http://blog.sakura.ne.jp/rpc/

注意事項
カテゴリーの指定は可能だが、タグの指定場所が存在しない。よって、投稿後さくらのブログ側で指定する。

さくらのブログ の設定

設定> 詳細設定> 記事設定
改行HTMLタグ変換 →  「改行をタグに変換しない」に設定する。この設定は記事単位に設定可能なので、過去の記事には影響しない。

その他

過去記事と同期して編集・投稿することも可能。なお、さくらのブログ側で指定したタグは、後で再投稿しても消えることはなく、そのまま引き継がれる。

admin
カテゴリ:アプリ
2015/07/03 18:47 | コメント (0)

さくらのブログ (Seesaaブログ) に「記事編集ボタン」をつける

さくらのブログ (Seesaaブログ) には、記事表示のところに所謂「記事編集ボタン」がついていない。今まで、様々なブログサービスを利用してきたが、記事を見た際にすぐに編集画面へ飛びたくなることがある。そこで、「記事編集ボタン」をつけることにした。但し、ボタンは常時表示されてしまうので、目立たないように「.」と表示することにした。

18726866043_21d111bd9e_o.png

当然ではあるが、第三者がクリックしてもログインしなければ編集はできない。

設置方法

デザイン> PC> コンテンツ
219341281772_06a316fdfa_o.png

「記事」をクリックして、ポップアップ画面の右上「コンテンツHTML編集」をクリックする。

319159726680_c2fddec566_o.png

ブラウザの検索を利用して「posted」を検索して、「posted by」の直前に以下のコードを貼り付ける。

<a href="http://blog.sakura.ne.jp/cms/home/switch?blog_id=<% blog.id %>&goto=/cms/article/edit/input?id=<% article.id %>" target="_blank">.</a>
&nbsp;

※&nbsp; : 半角空白

最後に保存すれば完了。

※2015-7-21 編集ボタンは「edit」としてタグ欄左へ移動。

admin
カテゴリ:ブログサービス
2015/07/02 17:59 | コメント (0)

お名前.com取得ドメインをSAKURAサーバーとさくらのブログに割り当てる

さくらブログを始めるにあたり「お名前.com」から取得したドメイン「jkunblog.com」をSAKURAサーバーに、サブドメイン「s.jkunblog.com」をさくらのブログに割り当てることにした。以下、手順を簡単に説明する。

SAKURA側の設定

  • コントロールパネルを開く。
  • 左メニューの「ドメイン設定」の「ドメイン設定」をクリックする。
  • 「新しいドメインの追加」ボタンをクリックする。
  • 「5. 他社で取得したドメインを移管せずに使う・属性型JPドメインを使う(さくら管理も含む)」の「 >> ドメインの追加へ進む」をクリックする。

 ドメインをサーバーに割り当てる場合
「他社で取得した独自ドメインの追加・属性型JPドメインの追加(さくら管理も含む)」の欄でドメイン名に”jkunblog.com”を入れて「送信する」をクリックする。

 サブドメインをさくらのブログに割り当てる場合
「他社で取得された独自ドメインのサブドメインを追加」の欄でドメイン名に”s".”jkunblog.com”を入れて「送信する」をクリックする。

お名前.com側の設定

ドメインを割り当てる
 ネームサーバーの変更

  • 対象ドメインにチェックを入れて「登録情報は正しいので、手続きを進める」をクリックする。
  • 「他のネームサーバーを利用」にチェックを入れて
    1プライマリネームサーバー(必須):ns1.dns.ne.jp
    2セカンダリネームサーバー(必須):ns2.dns.ne.jp
    とし、「確認画面へ進む」をクリックして手続きを完了させる。

サブドメインを割り当てる
DNS関連機能設定−ドメイン一覧

  • 対象ドメインにチェックを入れて「次へ進む」をクリックする。
  • 「NSレコード設定を利用する」の「設定する」ボタンをクリックする。
  • 入力欄で
    TYPE:NS
    ホスト名:s (.jkunblog.com)
    VALUE:ns1.dns.ne.jp
    同様に
    VALUE:ns2.dns.ne.jp
    として、2つのレコードを追加する。「確認画面へ進む」をクリックして手続きを完了させる。

確認

DNS情報 (nslookup) - ドメイン検索 でDNS情報を確認する。

 ドメイン - jkunblog.com
19339890362_527fbf6ca2_o.png

 サブドメイン - s.jkunblog.com
219345972345_395041750e_o.png

最後に反映される時間であるが、サブドメインは数十分程度で反映された。ドメインに関しては少し時間がかかり、1?2日程度かかった。

admin
カテゴリ:SEO
2015/07/02 16:35 | コメント (0)

ファビコン作成と設置コード自動生成サービス「Faviconist」

ウェブ上でファビコンの作成が行えるサービス。 Faviconist - Make a beautiful favicon in seconds この手のサービスは様々あるが、このサービスは作成したファビコンのダウンロードの他、設置するHTMLコードを自動生成してくれる。

19324656491_9e1fe14109_o.png

ファビコンを作成して「Save Favicon」をクリックするだけ。すると、以下のようなコードが自動生成される。

<link rel="shortcut icon" href="http://faviconist.com/icons/959f3f3e24d50f0adfe16bc4f1ae3d28/favicon.ico" />

ファビコンの設置スペース不要で、生成されたHTMLコードを貼るだけ。HTML編集が可能なサイトであれば、ファビコンの設置が簡単に行える。 是非、利用されたし。

admin
カテゴリ:ウェブサービス
2015/07/01 19:29 | コメント (0)

さくらのブログ「SyntaxHighlighter」でコードをハイライト表示する

さくらのブログは、所謂Seesaaブログの広告なしバージョンなので、設置方法は基本的に同じである。よって、Seesaaブログユーザーにも参考になるかもしれない。

SyntaxHighlighterのダウンロード

119130994829_8cf92ae560_o.png 

SyntaxHighlighter からzipファイルをダウンロードして、適当な場所に解凍しておく。 syntaxhighlighter_3.0.83
     |- scripts
     |- styles
ディレクトリ構造を保ったまま解凍すれば、上記のような構造になっている。なお、上記2つの”scripts”と”styles”以外は不要なので除外しておく。

SyntaxHighlighterのアップロード

さくらのブログを運用しているユーザーなら、サーバーも契約しているはずなので、”syntaxhighlighter_3.0.83”のディレクトリを丸ごとアップロードする。FTPクライアントソフトを利用すれば簡単だ。

さくらのブログのHTML編集

219317397895_b3ec4c4186_o.png 

HTML一覧リスト から利用中のHTMLをクリックして以下のように編集する。

<!--SyntaxHighlighter-->
<link href="http://jkun.sakura.ne.jp/syntaxhighlighter_3.0.83/styles/shCore.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
<link href="http://jkun.sakura.ne.jp/syntaxhighlighter_3.0.83/styles/shThemeMidnight.css" rel="stylesheet" type="text/css" />
<script src="http://jkun.sakura.ne.jp/syntaxhighlighter_3.0.83/scripts/shCore.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://jkun.sakura.ne.jp/syntaxhighlighter_3.0.83/scripts/shBrushXml.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://jkun.sakura.ne.jp/syntaxhighlighter_3.0.83/scripts/shBrushCss.js" type="text/javascript"></script>

<script type="text/javascript">
SyntaxHighlighter.config.tagName = "pre";
SyntaxHighlighter.config.bloggerMode = true;
SyntaxHighlighter.all()
</script>
<!--/SyntaxHighlighter-->

</head>

※</head>の直前に設置すればよい。

記載方法

<pre class="brush: html"> 
・・・コード・・・ 
・・・コード・・・
</pre> 

テーマの種類:SyntaxHighlighter - Themes
コードの種類:SyntaxHighlighter - Bundled Brushes

ここでは、以下のテーマファイルとコードファイルをロードしている。

Midnight - shThemeMidnight.css
xml, xhtml, xslt, html, xhtml - shBrushXml.js
css - shBrushCss.js

※さくらのブログでは、コードによってはエスケープする必要がある。 Escape HTML Entities ← このウェブサービスを利用すれば簡単にエスケープできる。

admin
カテゴリ:ブログサービス
2015/07/01 17:24 | コメント (0)
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
プロフィール
カテゴリ
ブログ内検索
Powered by さくらのブログ