「f.lux」画面の色温度を調整してブルーライトをカット

パソコン画面のブルーライトをカットするPCメガネが売れていると云う話をよくきく。ただ、わざわざメガネを購入しなくても、画面自体のブルーライトをカットするフリーソフトが話題になっているのをご存知だろうか?しくみは簡単で、画面の色温度を調整して青色の成分をカットするだけだ。目がチカチカする、目がショボショボする、と云った悩みのある方は試してみてはどうだろうか?

f.lux: software to make your life better

9864419023_293315a5c5_o.png

Windows/Mac/Linux で利用できるフリーソフトであり簡単に導入できる。
設定は、「Change Settings」で・・・

  • 日中と夜の色温度
  • 場所(Googleマップで選択)
  • 変化のスピード(速い・遅い)

場所の情報で日中/夜を判断している模様。

色温度は、筆者の場合”3000K”にしている。数値は好みであるが、低くし過ぎると画面が赤みを帯びたようになる。ただ、時間が経過するに連れ慣れてしまう。実際に慣れてから、”1時間だけ機能をオフにする”にチェックを入れると、画面が非常に眩しく感じられる。このことからも、効果はかなりあると云うことが理解できる。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:Windows
2013/09/22 10:07 | コメント (0)

NCSOFTを装うフィッシング詐欺メールを受信した

「NCSOFT 認証キー発行のご案内」と云うタイトルのメールを受信した。メールの内容は以下のとおり。

NCSOFT
1:14 (6時間前)

To 自分
NCSOFT認証キーが発行されました。

こんにちは。 NCSOFTサービスチームです。
このメールは、NCSOFT会員でNCSOFTの主要サービス(個人情報変更時、各種決済時など)のお手続きを行われているお客様へお送りしております。
本人確認に、認証キーの入力が必要です。
情報変更手続きページで下の認証キーを入力してください。
■認証キー : 13516
※認証キーの有効期間 : 2013/09/20 01:44:06
■情報変更のお手続きにお心あたりのない場合
お客様ご本人確認は本メールの認証キーを入力しない限り、完了いたしません。
情報変更にお心当たりのない場合、アカウントとパスワードがハッキングされた可能性があります。
お手数ですが、NCSOFT公式サイトにアクセスしお早めにパスワードを変更を行ってください。
■何かご不明な点がある場合は、こちらのメールに折り返しご連絡ください。

9826817323_2a07e104e4_o.png

本文にURLが記載されていないためか?Gmailではフィッシング詐欺メールと判断できなかったようだ。いろいろ調べてみると、本家サポートで注意を呼びかけている。多くはフィッシング用の偽装サイトに誘導するためのURLが記載されているようだが、筆者に届いたメールにはURLの記載はない。

おそらく、今回のメールはアカウントを詐取するために仕掛けられたフィッシング詐欺メールであろう。「何かご不明な点がある場合は、アカウントを記載の上こちらのメールに折り返しご連絡ください。」とあるので間違いない。

このサイトは利用した覚えがないので、何かおかしいと思い調べてみたのだが・・・今後は、実際に利用しているサイトからのメールであっても、少しでも不審な点があれば十分注意する必要がありそうだ。

筆者の場合はメールアドレスをあえてブログで公開しているので、受信したメールについてはじっくり確認するようにしている。

admin
カテゴリ:日記
タグ:詐欺
2013/09/20 08:11 | コメント (0)

地デジテレビの電源が切れなくなった

地デジテレビ(REGZA 32R1)の電源が切れなくなった。録画しておいた番組を見た後に削除しようとしたが画面が固まった。リモコンからの電源オフは勿論のこと、リモコンの操作は一切受け付けず。本体の電源スイッチを押しても反応なし。

9735841410_b53877c977_o.png

おそらく、本体内部のファームウェアが暴走したのだろう。とりあえず、録画媒体の外付けHDDを引っこ抜くが、それでも電源が切れないので、最終的には電源プラグを抜いてテレビ本体の電源を強制的に落とす。これで何とか復旧する。購入してからずいぶん経つが、このような現象は初めてである。

電化製品は今やマイコンが制御するのは当たり前、マイコンが暴走すれば電源プラグを引っこ抜いて電源をオフ→オンするしかない。昔ではあり得ないことではあるが、これも時代の流れであろう。

admin
カテゴリ:日記
2013/09/13 10:40 | コメント (0)

サイト名変更をウェブマスターツールで検索エンジンに通知する

サイト名を変更した場合は、SEOの観点から検索エンジンにその旨通知して、再インデックス化を要請するのが一般である。手っ取り早いのは、ウェブマスターツールを利用する方法だ。

9691860186_e7737806b8_o.png

ウェブマスターツールでサイトマップを再送信すれば、再インデックス化が行われる。当サイトに於いても、「とのばしブログ」→「tonobashi.net」に変更したワケであるが、即日順次再インデックス化が行われているのを確認している。

但し、変更されるのは個々のページ(ページタイトル名+サイト名)だけで、サイトのホームについては、何故かサイト名が変更されない。

いずれにしても、まだ1日しか経過していないので、しばらく様子を見ることにする。変化があれば、この記事に加筆したい。

※もっと素早く反映させる場合は、ウェブマスターツールの「Fetch as Google」で個別に再インデックス化を要請することもできる。但し、個々のURLを通知する必要があり面倒な作業になる。

※サイトのホームについては、ウェブマスターツールの「Fetch as Google」で個別に再インデックス化を要請している。

9691998566_b49bb87efa_o.png

サイト名が「tonobashi.net」だと、検索結果が・・・

”ページタイトル名+tonobashi.net+旧サイト名”

になる場合がある。ただ、これは一時的なものだろう。

2013-9-22:
サイトのホームの検索結果については、旧サイト名での被リンクが多いことが原因であろう。よって、”はてぶ”と”zenbackキーワーズ”の影響があると推測し対処した。

admin
カテゴリ:SEO
タグ:Search_Console
2013/09/08 17:51 | コメント (0)
カテゴリ
最近のコメント
2017-10-25 管理人
翻訳URL Google と Bing
2017-10-25 石川通隆
翻訳URL Google と Bing
2017-10-15 管理人
人参の ”おじや”
2017-10-15 石川通隆
人参の ”おじや”
※ご質問等、管理人の返信が必要な場合は、その旨お書きください。
このブログについて
jkun-400x400.jpg インターネット, パソコン, スマホ, Windows, Linux, Android, 各種アプリ, ブラウザ, ブラウザ拡張機能, 携帯電話, 社会情勢, 韓ドラ, K-POP 関連の話題を取り上げます。ジャンルとしては幅広く、特定のカテゴリに特化したブログではありません。お時間がありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ。
筆者プロフィール