「Windows 10 Insider Preview」を導入する

「Windows 10」の ”Insider Preview” 版は、正式リリース前の所謂開発中のバージョンである。筆者は、「Windows 10」が正式にリリース (2015年7月29日) される前に、試しに導入していた時期はあるものの、最終的には正式バージョンを導入していた。

2017-03-24_11h52_19.png

しかしながら、今回「Windows 10 Insider Preview」Build 15058 を導入することにした。当然ながらバグがあるかもしれない。極端に云えば、とんでもない不具合に遭遇してしまう可能性もあるだろう。しかしながら、それは運が悪かったと云うことにして、最悪再セットアップすればよいだけの話である。筆者は、常用パソコンのOSは様々入れ替えることが多々あるので、OSのインストールには全く抵抗がないのである。

いち早く新しい機能を利用したいと云う願望があるワケではなく、単に致命的な脆弱性の回避を早くしたいと云うだけである。

admin
タグ:Windows
2017/03/24 12:10 | Comment(0)

スッキリくっきりトレンドなフォント「Rounded M+」

先般、スッキリくっきりトレンドなフォント「Kazesawa」と「Source Code Pro」: Jkun Blog と云う記事を書いたが、2つのフォントで対応するのも少しばかりの抵抗があり、やはり1つのフォントで視認性を確保できないか探してみた。実は、「Kazesawa」は数字の”0”と英字の”O”との明確な判別が難しい状況にあった。このような状況を回避するために、探し当てたフォントが・・・

自家製 Rounded M+ とは | 自家製フォント工房

である。

「m」系のフォントを使用すれば、数字の”0”と英字の”O”との明確な判別が可能となる。

2017-03-22_15h08_28.png

↑ Windows 10 環境下での Chrome で当ブログを表示、拡張機能で表示フォントを「Rounded M+ 1m」に変更した事例である。 (Linux 環境下であればもっと劇的にきれいに表示される。)

とりあえず、Windows 10 のシステムフォントとしても利用することに、当面は不都合がないか様子を見る。

※更に進化した、Rounded Mgen+ (ラウンデッド ムゲンプラス) | 自家製フォント工房 もお見逃しなく。

admin
カテゴリ:資料
2017/03/22 15:17 | Comment(0)

スッキリくっきりトレンドなフォント「Kazesawa」と「Source Code Pro」

Windowsのフォントは汚い!と云うのは誰しも思うところである。少しでも、綺麗なフォントはないだろうか?と探しまわるユーザーも多いと推察する。

筆者は最近になって、スッキリくっきりトレンドなフォント「Kazesawa」と「Source Code Pro」を導入している。日本語フォントは、「Kazesawa」。コード表記用、所謂半角英数字は、「Source Code Pro」である。

↓ Linux Mint - Cinnamon 環境下の Chrome での当ブログの表示である。表示フォントは、「Source Code Pro」→「Kazesawa」と優先されるように拡張機能で設定してある。
[ ↓ クリックで原寸表示 ↓ ]

001.png

↓ Windows 10 環境下の Chrome での当ブログの表示はこちら。
[ ↓ クリックで原寸表示 ↓ ]

2017-03-20_06h27_58.png

やはり視認性に優れていることが伺える。Windows環境だと、線がほっそりして効果は少なからず薄れるが、それでも何もしないよりは、かなり綺麗に表示される。このへんはユーザーの好みかもしれない。

フォントのインストールに関しては、Ubuntu系Linuxディストリビューションであれば、SolydX に「Miguフォント」をインストール: Jkun Blog が参考になる。Windowsであれば、Windows 10 に「Noto Sans CJK」をインストールしてきれいな文字で・・・: Jkun Blog が参考になる。

フォントに関しては、これまで様々な記事を書いている (フォント: Jkun Blog) ので、参考になればと・・・。

admin
カテゴリ:資料
2017/03/19 09:22 | Comment(0)

Windows 10 に「gdipp」を入れると大変なことになるかも!?

Windows環境でフォントを綺麗に表示するツールには、「MacType」と「gdipp」が有名ドコロであるが、「MacType」は過去に散々試した (MacType: Jkun Blog) ので、今回は「gdipp」を試してみた。

001.png

本来、Windows 10 はサポート外であるが、「MacType」でも動作したことだし・・・と軽い気持ちでインストールして再起動・・・ん!?正常に立ち上がらない。スタートアップで失敗しているようである。

セーフモードで立ち上げて、アンインストールしようと手を尽くすが、どうにもいけない。「Linux Mint - Cinnamon」とマルチブートだったので、Linux側からWindowsのスタートアップに細工をしようと思ったが、Windows 10 の領域をマウントできなくなっている。

時間をかけて調査しても仕方がないので、「Linux Mint - Cinnamon」専用端末として再構築することにした。軽い気持ちで Windows 10 環境に「gdipp」を入れないほうが賢明だったと後悔するのであった。

admin
2017/03/18 16:24 | Comment(0)

バーで見えるバッテリー残量Androidアプリ「スカイババァ」

バッテリーの残量を ”細いバー” (残量に応じて長さと色が変化する) で表示するAndroidアプリの紹介。

バッテリーの残量を確認するためのアプリは様々あるが、今まで使用したアプリの中ではピカイチである。

スカイババァ - Google Play の Android アプリ

Screenshot_2017-03-14-07-48-34.png Screenshot_2017-03-14-08-05-01.png Screenshot_2017-03-14-07-37-13.png

カスタマイズで、バーの位置 (上/下 横/縦) や ”%表示” の有無の設定が可能。バーの色は残量や充電の有無により以下の色になる。
80%〜100%:青
60%〜80%:緑
40%〜60%:黄
20%〜40%:橙
0%〜20%:赤
充電中:ピンク

ロック画面でも表示されるので、視認性は抜群である。これこそ、是非とも導入したい逸品である。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:android
2017/03/14 08:15 | Comment(0)