「CloudReady」shellコマンド環境を起動する

先般、「Chromium OS」導入メモ - CloudReady: Jkun Blog と云う記事を書いたが、これがなかなか使えるので常用している。しかしながら、どうしても ”shellコマンド” が使えないと、不便に感じることが多々ある。そこで、「CloudReady」で ”shellコマンド” 環境を起動する方法を調べてみた。

方法は2つある。


方法その1。

IMG_20170524_101301-2.jpg

[ Ctrl + Alt + F2 ] で起動する。

localhost login: chronos
Password: chrome

なお、元の画面に戻すには、[ Ctrl + Alt + F1 ] でOKだ。


方法その2。

Screenshot 2017-05-24 at 12.15.10.png

[ Ctrl + Alt + T ] で ”crosh” を起動する。

crosh> shell

こちらはブラウザのタブ上で実現される。


因みに、root権限は・・・上記、どちらの場合でも同じ。

Screenshot 2017-05-24 at 17.24.16.png

chronos@localhost / $ sudo su
Password: chrome

これで実現できる。

admin
タグ:Chromium_OS
2017/05/24 10:36 | Comment(0)

Chromeリモートデスクトップは使える

Chromeリモートデスクトップを試してみた。

TeamViewerが定番ではあったが、Chromium OS の導入で利用することが難しくなった。筆者は、オンラインでサポートすることがあるので、リモート環境は必須である。

Screenshot 2017-05-22 at 13.40.55.png

代替としてChromeのリモートデスクトップを試してみたが、素晴らしい・・・。Chromeブラウザがあれば、機種やOSは問わない。なかなかである。

今回実際に試してみた環境は、[相手側:Windows 10 Chrome] ← [筆者:Chromium OS] であるが、全く問題なく接続できた。

Chrome リモート デスクトップを使って他のパソコンにアクセスする - パソコン - Google Chrome ヘルプ

今後はプラットフォームに依存しないことを考慮して、様々に対応したいと思う。

admin
カテゴリ:アプリ
2017/05/21 10:16 | Comment(2)

「Chromium OS」導入メモ - CloudReady

常用しているノートパソコン (Lenovo IdeaPad Z575 129996J : AMD Quad-Core A8-3520M / MEM 8GB / HDD 500GB) に「Chromium OS」を導入してみた。所謂、chromebookモドキの実現である。純粋な「Chromium OS」ではなく、誰でも簡単に導入できるように「Chromium OS」をビルドした 「CloudReady」 を今回使用したワケである。

今回は、導入にあたり、少々気がついた点をメモしておくことにする。なお、インストール用のUSB媒体の作成方法については、多くの方がネット上で 公開 しているので、ここでは割愛する。一言で云えば、サイトからダウンロードしたインストールファイルを、Chromeアプリ「リカバリユーティリティ」でUSB媒体に焼くだけである。なお、リカバリユーティリティ」は、LinuxのChromeでは動作しないので要注意である。

インストールでは、Windowsとのマルチブートも可能ではあるが、筆者の環境ではNGであった。そこで、所謂、クリアインストールを断行した。

起動時間は、電源ボタンONから完全に立ち上がるまでに約1分程度かかった。これでも、他のOSと比較すれば、高速起動と云えるだろう。実質的には数十秒程度・・・。

Screenshot 2017-05-18 at 00.10.56.png

さて、ここから、実際に使用してみて少々気になったことを羅列したいと思う。

  1. 日本語入力
    問題なく入力できる。勿論、ユーザー辞書の登録も可能である。WindowsのGoogle日本語変換やLinuxのmozcでエクスポートしたユーザー辞書のインポートも可能である。
  2. スクリーンショットと編集
    Awesome Screenshot: キャプチャーと注釈 - Chrome ウェブストア を導入して対応。ウェブ以外の領域は、デフォルトの 全体:[Ctrl+F5] と 選択範囲:[Ctrl+Shift+F5] でキャプチャして、拡張機能で編集する。
  3. クリップボード管理
    Clipboard History 2 - Chrome ウェブストア を導入して対応。
  4. ファイラー
    「ファイル」と云うアプリがデフォルトで入っている。これにより、GoogleドライブとHDD・USB・その他周辺機器媒体へのアクセスが可能。また、他のクラウドストレージやサーバーにもアクセスすることができる。
  5. 自動スリープ機能 ON/OFF
    Keep Awake - Chrome ウェブストア を導入して対応。デフォルトでは一定時間経過で自動でスリープモードになるが、この機能をON/OFFさせたい場合に有用である。

筆者は、ブラウザがあれば事足りるので、「CloudReady」で十分である。今度ノートパソコンを購入する機会があれば、chromebookをと・・・考えている。chromebookなら瞬時に起動するので快適そのものだろう。 (ただ、コスパがイマイチなのでWindowsノートに+ChromiumOSもありだ。)

※プリンタに関しては、”Google クラウド プリント”対応のプリンタの導入、あるいは他のパソコンに接続したプリンタを”Google クラウド プリント”として設定するかである。筆者は先日格安プリンタ (黒インクだけでも動作する「PIXUS iP2700」安くても魅力を感じる!: Jkun Blog) を購入したが、当然ながら”Google クラウド プリント”には対応していない。よって、他のパソコンにプリンタを接続するか?この パソコンに”Linux Mint - Cinnamon”とかをマルチブートでインストールしてプリンタを接続するか?である。滅多に使用しないプリンタなので、少々面倒でも問題はない。

※2017-5-19: ”Linux Mint - Cinnamon”をマルチブートになるようインストールを試みたが、立ち上げOSの選択画面は出現せず、「CloudReady」が立ち上がってしまう。よって、プリンタに関しては、他のWindowsパソコンに接続して”Google クラウド プリント”として利用することにした。結果的には、こっちのほうが利便性が高い。
admin
タグ:Chromium_OS
2017/05/18 18:36 | Comment(4)

Kubuntu 17.04 で Googleドライブを使用してみる「google-drive-ocamlfuse」

Kubuntu 17.04 で Googleドライブをファイラーで使用してみる。Ubuntu系のディストリビューションであれば、同じ方法で対応できるものと思われる。

↓ [インストール] → [認証] → [ローカル側ディレクトリ作成] → [マウント]

sudo add-apt-repository -y ppa:alessandro-strada/ppa && sudo apt update && sudo apt install -y google-drive-ocamlfuse
google-drive-ocamlfuse
mkdir ~/google-drive
google-drive-ocamlfuse ~/google-drive/

jkun − Dolphin_003.jpg

この方式では、同期型ではなく直接Googleドライブにアクセスする。よって、アクセススピードは、Googleのサーバーや通信環境などに依存することになる。

※毎回、手動でマウントするのは面倒なので、システム起動時に自動でマウントするように設定した。

admin
カテゴリ:アプリ
タグ:Google Linux
2017/05/13 08:57 | Comment(0)

PDF - ビューア・エディタ・アノテーションツールを提供するChrome拡張機能「Xodo PDF Viewer & Editor」

PDFファイルへのリンクをクリックで、ビューア、エディタ、アノテーションツールを提供するChrome拡張機能「Xodo PDF Viewer & Editor」の紹介。

Xodo PDF Viewer & Editor - Chrome ウェブストア

デスクトップ 1_002.jpg

ChromeデフォルトのPDFビューワーはイマイチと云うユーザーは是非お試しください。

admin
タグ:chrome
2017/05/13 07:25 | Comment(0)